サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

2017年04月の記事一覧

阪神百貨店で開催中の「ポートランドフェア」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

世界で一番住みやすい街と形容されるアメリカのオレゴン州ポートランド。全米一自転車にやさしく、知的ですこやかなサスティナブルな暮らしに今、世界のまなざしが集まっています。

アメリカの北西部オレゴン州ポートランドは1980年代から市の中心部から高速道路を撤去するなど計画的に人と自転車にやさしいユニークな都市として知られています。自転車専用レーンが何百キロと整備され、市内の数百か所にシェアサイクルが用意され、街には自転車を使った移動型コーヒーショップが人々に居心地よさを提供しています。

大阪・梅田 阪神百貨店でポートランドの魅力を伝える「ポートランドフェア」が4月26日から開催されているようなので、刺激を求めていってきました。

osaka portland

 

 

まずは阪神名物のイカ焼きを食って、阪神タイガースショップのある8階の催事場へ。
リアルな大阪文化を抜けた先に真逆といってもいい凝縮されたライフスタイル空間が待ち構えていました。

hanshin dep

 

これからの理想的な暮らしのヒントとなるエコな自転車優先交通、オーガニックコーヒー、クラフトビール、サスティナブル社会など魅力にあふれた良質で挑戦的な街づくりは成長に限界を感じているわれわれ先進国の地方都市に豊かなストーリーを届けてくれます。

 

portland bicycle

ポートランド発の自転車用品もいくつか出展されていて、ユーザーと真摯に向き合ったクラフトマン精神が伝わってきます。

 

portland cyclebag

north street bag

ポートランド在住のオーナーのカーチス・ウイリアムスさんが自身の背中の痛みを解消するために作成しているノースストリートバッグ

 

portlanddesignworks

バイクパッキングのアイコンとなっているPDW(ポートランドデザインワークス)の「ビンドルラック」

 

 

used cycletube

cycledog  cycledog portland

自転車の古チューブを再利用して作ったCYCLEDOGのペット用品。
女性オーナーのラネットさんは勤めていたNIKEを退社し、工房で製作した商品をサタデーマーケットを中心に販売している。

 

hanshin portland

ファッションや雑貨類も充実、
「ポートランドフェア」は5月2日まで。期間中、トークショーなどイベントも開催されます。

 


 

4月27日(木)放送の読売テレビの夕方のNEWS「Ten.」の特集ニュースで私がインタビューされています。

news ten 20170427  news ten portland

ten hanshin  ten yomiuri

CATEGORY

新色も追加され、お求めやすい価格になったABUS ブレード錠「BORDO U-GRIP 5700」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2005年に登場した高いセキュリティと携帯性を両立したABUSのブレードロック「BORDO」シリーズは、厳しい破壊テストにクリアした金属製のブレードを連結した確かな品質の自転車錠として欧州を中心に人気を得ています。

abus lock

abus U Grip Bordo 5700       abus U Grip lime

カラフルな樹脂でコーティングされ最大80cmまで広げることができるキータイプの「BORDO U-GRIP 5700」は同シリーズの普及版であり、日本にも輸入されています。
しかしながら、普及版といっても販売価格が9,030円と高額ゆえに販売は苦戦し、なかなか広く普及していない現状がありました。

 

【改訂前】¥9,030  → 【新価格】 ¥5,400

 

ドイツ本社と国内代理店の戦略的な合意で、2017年5月より販売価格が4割ダウンの5,400円に大幅に値下げされる見通しとなりました。

abus Bordo 5700

カラーはブラックとライムに加えて、レッドが追加。
都会的で見た目もスタイリッシュです。

abus bordo

 

大阪の自転車盗難は年間16000台で全国でも最も集中して発生している地域となっています。新車購入時は特に盗難されやすいので、BORDOでしっかり施錠しましょう。

 

CATEGORY

サビに強いチェーンはどれ? 6種類のチェーンを100日間、水に入れた結果

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車には定期的に交換しないといけないパーツがあります。タイヤ・チューブやブレーキシューなどのゴム製品は消耗品であり使用頻度が多かったり、保管状況が悪ければ1年も持たずに交換となります。また、自転車のチェーンも経年劣化や消耗によって伸びたり、さびたりする為、2年に1度程度交換をお願いしています。

交換用としてサイクルショップ203で使用しているチェーンはすべて十分な強度、耐久性を持っていて品質的、構造的には全く問題はありませんが、腐食の状況を調べるため6種類のチェーンを100日間、水に漬けて経過を観察してみました。

cycle chain

日本製の和泉チエンのシングルチェーン1本、完成車でよく使用されているKMC社から4本、そしておなじみシマノの8速用1本。それぞれ「1コマ」ずつカラーの結束バンドをつけ、水にいれました。

 

≪6種類のチェーン≫
黄=和泉チエン シングル用
白=KMC Z410RB
黒=KMC Z410カラー(ブラック)
緑=KMC Z50
赤=KMC Z7
青=シマノ CN-HG71

 

 

bike chain

外気にさらすのではなく水没させるという過酷な状況なので「1週間くらいで錆びてくるだろう」と考えていたのですが、意外と錆びないもんなんですね。

cyclechain

30日が経過したので1度水から出し、腐食具合をチェックしたのですが、目視では外観にほとんど異変はありませんでした。劣化というほどではありませんが、黒のKMC Z410の塗装の一部が剥離しています。

 

bikechain

60日経過、再びチェック。
著しい劣化はありませんが、緑のZ50の内プレートと赤Z7の外プレートの内側にわずかに錆が確認できます。

 

– –

≪結果発表≫

100日経過、観察終了。
それぞれを見てみましょう。

izumichain
6種類のなかで唯一国産の和泉チエンのシングルチェーンです。内プレートにもらい錆びがありますが、手で触れるとサビは簡単に落ちました。ローラーも新品同様に円滑に可動します。

 

kmc z410
500時間の塩水噴霧試験をクリアするラストバスターコーティング採用のKMCのシングルスピード用チェーン「Z410RB」ですが、内外プレートおよびローラーに軽度のサビが見られます。

 

kmc z410bk
KMCの「Z410」のカラーチェーンの黒ですが、「Z410RB」と同様にサビがみられます。塗装も剥離している部分があります。

 

 

kmc z50
6&7速用チェーン「Z50」は今回一番状態が悪く、交換が必要なレベルまで腐食していました。本体価格はZ410RBと同じで最安値(¥1430)ですが、塗装もラストバスターコーティングもされていないためか防錆性は低いようです。

 

kmc z7
6~8速用チェーン「Z7」は外プレートがZ型にシェイプされニッケルメッキ加工がされたチェーンですが、ローラーに軽度のサビがみられ、外プレートの内側ももらい錆びがでていました。

 

shimano cnhg71
シマノの8速チェーン「CN-HG71」は最もポピュラーなチェーンで完成車にも多く使用されています。リンク部分は無傷にみえますが、なぜか内プレート外側にサビがでています。状態としては泉チェンに次いで良好で走行に影響は全くないのではないでしょうか。

 

※ 写真では伝わり辛い部分もありますので、使用した現物はサンプルとして店においておきます。チェーン選びの参考にしてください。

– –

チェーン選びの注意点としては、まず、リア変速の数によって使用するチェーンの厚さが異なりますので7速なら7速用チェーン、シングルならシングル用チェーンといった具合に適合するチェーン使用してください。取り付けにはチェーン切りという工具で長さ調整をして取り付けを行います。ちなみに、サイクルショップ203ではチェーン交換の工賃は1000円です。

また、自転車のチェーンは月に1回程度注油が必要です。注油をしないと円滑な駆動が行われずチェーン寿命が短くなってします。注油は無料です。

CATEGORY

北欧メーカー HAMAX リアベビーシート「Caress」に新色が追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

北欧ならではエレガントなデザインと安全性で日本でも選ばれているhamax(ハマックス)のベビーシート。シンプルで流麗なフォルムのリアベビーシート「Caress(カレス)」に新色のグレーレッドが追加されました。

<新色 グレーレッド>
hamax  caress

<従来色>
hamax babyseat

 

このベビーシートは同社のフラッグシップモデルにあたり、リクライニング機能やブラケット錠など安全性や快適性だけでなくセキュリティにも配慮されたモデルです。

– –

| HAMAXのリアベビーシートのラインナップ

松 – Cress  ¥19,000  ← リクライニング機能付き
竹 – Zenith ¥14,000 ←
フォルムがきれい
梅 – Kiss  ¥11,800 ←
ベーシックタイプ

– –

 

 

また、リビルトパーツや傾斜角度を変更するキャリアバーなども常時日本国内にストックがあるため安心して使用できます。

hamax caress seatpad
▲ カレス用替えパッド (YBC07200) ¥3,500

 

自転車によって取り付けの出来ない車種もありますのでまずはご相談ください。
取り付け料は1620円、販売車は無料で取り付けいたします。

CATEGORY

紳士淑女の英国スタイルのクラブラン「ジェントルマンラン2017」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

例年なら桜も咲き暖かくなってきているシーズンですが、今年はなかなか気温が上がらず気持ちよく自転車に乗るにはまだ肌寒いと感じます。春といってもまだサイクリングシーズンとは言いにくいのですが、4月1日大阪市内で「ジェントルマン ラン」というクラブランがあると聞き、参加者の方にお話を伺ってきました。

gentlemanrun 2017

英国スタイルがドレスコードのこのグループサイクリングは、一昨年までおこなわれていた「ツイードラン」というクラブランの参加者の一部が中心となり開催され、老若男女40人程が各自の自転車で10kmほど大阪市内を走行します。参加証の代わりに「口ひげ」のシールが配られ、朝10時に靭公園をスタート。

「クラブランは4回目、面識はないけど見たことがある顔ぶれ」(30歳代 OL)

 

gentlmanrun osaka

コースは、靭公園→難波→通天閣→中之島→桜宮という勾配のほとんどない道を、軽食を挟んで会話ができるくらいの速度でゆっくり走行。

clubrun osaka

「特にアンティーク自転車が好き、ジェントルマンランは気軽な感じいい」(眼鏡店経営・男性)

筋金入りの自転車マニアもいれば、日ごろから乗り込んでいるロードバイクやミニベロで参加している人もいます。組織されたサイクリングクラブではなく、SNSや口コミで集まった4~5人のグループが4~5個集まった感じで、自転車に乗りながら親睦を深めていきます。残念ながら、桜はまだ咲いていませんでした。

cycleingclub

 


 

■ 英国発祥のグループサイクリング「クラブラン」

英国発祥のクラブランの歴史は長く1860年代にはロンドンを中心にいくつかのクラブが存在し、1888年に空気入りタイヤが発明されると娯楽として自転車が加速度的に普及し、各地に多くのクラブが組織されていきます。レース志向のクラブも存在しましたが、多くは社交的な集まりで、休日などに十数人が集まって会合を行ったり、クラブの歌を作って合唱したりしていました。

当時、自転車は時代の最先端をいく乗り物で、メンバーはおしゃれをして、小ラッパを持ったキャプテンを先頭にクラブ員が集団で走行してで小旅行やパレードなどして親睦を深めたそうです。

最盛期には英国の20人に1人が所属していたといわれているサイクリングクラブも1960年代にはすっかりその姿はなくなってしまったのですが、2005年ロンドン地下鉄テロ以降、英国でも自転車ブームが再び起こり、ツイードジャケットやニッカポッカなどで着飾ったツイードランとよばれるクラブランがロンドンやニューヨークなど世界各地で開催され注目をあびています。

 

tweed run

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月