サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

2017年12月の記事一覧

フレームのお手入れに拭くだけ簡単、Maruni「ボディークリーナー」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

パンクの修理用品のなどを製造する大阪・生野区のマルニ工業から拭くだけで自転車がキレイになる超極細繊維クロス「ボディークリーナー」が発売されました。

maruni bodycleaner

自転車のフレーム専用の洗浄液を含んだマイクロファイバークロスが拭くだけで汚れが落ち光沢がでてワックスなしできれいになります。シートは12枚入りで、サイズは18x20cmで耐久性も優れています。洗浄液は手にやさしい植物性アルコールを使用し、燃えるゴミとして廃棄できます。

本体価格は12枚入りで600円です。

 

 

 


 

 

 

姉妹品の自転車チェーンの掃除用「チェーンクリーナー」も発売中

maruni chain

12枚入り600円

CATEGORY

革サドルとの相性抜群、クラシックテイストな「TARUGATA」グリップ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

時代に左右されない吟味された自転車パーツを作る徳島県のRINDOWからビンテージスタイルのグリップ「TARUGATA」が発売されました。

rindow classicgrip

ノスタルジックな味わいの樽型形状で握りやすいようにスリットが入った120mmの短めのグリップです。光沢のあるPVCは直射日光に強い素材で、ママチャリやクロスバイクなどのデコレーション最適です。

rindow tarugatagrip

カラーはブラウン,ブラック,グリーン,グレー,アイボリー,ダークブラウン6色展開。
本体価格は1900円(ペア)、取付料もサービス中です。

tarugata grip  rindow grip

rindow classic  agedgrip

 

暖かみのある手書き線画のパッケージのデザインでゆるーい感じが醸し出されていますが、実際は原材料から幾度とテストを重ね、金型を作成を繰り返し、ようやく商品化できたグリップだそうです。

rindow design

 

CATEGORY

新しくなったshimano Claris 「R2000」搭載の自転車まとめ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2017年はシマノのロード用コンポネントClarisが一新され、各メーカーの2018年モデルに次々に投入されています。

shimano claris r2000

ロード用ベーシックコンポネントのSORAのもうワンランク下のグレードClarisが登場したのが2013年のことです。あれから5年目にして初めてのフルモデルチェンジとなり「2400」シリーズから「R2000」と改められます。

価格が安く基本性能が高いため、ロードバイクだけでなくフィットネスバイクやミニベロなど幅広い用途に使用される8速(リア)コンポネントです。

 

– – –

■shimanoのロードコンポーネントのグレード
[高] DURA ACE > ULTEGRA > 105 > Tiagra > SORA > Claris [低]

– – –

 

 

これから発売される「R2000」をまとめてみました。
R2000シリーズをフル装備している自転車はまだまだ多くはありませんが、低価格なのに快適でストレスフリーなライディングをサポートしてくれるロードの入門者向けコンポネントとなります。

 

■ Claris R2000の本体価格 (一部)
・ST-R2000 ディアルコントロールレバー左右セット ¥14,667
・SL-R2000 ラピッドファイヤープラス ¥6,710
・BL-R2000 ブレーキレバー左右セット ¥2,299
・BR-R2000 キャリパーブレーキ 前:¥2,796 /後:¥2,310
・RD-R2000 リアディレーラー ¥2,306
・FD-R2000  フロントディレーラー ¥2,013
・FC-R2000  クランクセット ¥8,085

 

 

 

| シマノ 新型 Claris 搭載の車種 2018

 

giant contend2
【メーカー】giant
【商品名】contend 2
【本体価格】¥80,000
【重量】9.9kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークのロードバイク

 

 

gios siera
【メーカー】gios
【商品名】siera
【本体価格】¥89,800
【重量】9.6kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークのロードバイク。車輪もシマノ製。

 

 

gios fenice
【メーカー】gios
【商品名】fenice
【本体価格】¥88,000
【重量】10.2kg
【カラー】ブルー
【特徴】しなやかな乗り心地のクロモリ製フレーム&フォークのロードバイク

 

miyata freedom r 2018
【メーカー】miyata
【商品名】freedom r
【本体価格】¥69,800
【カラー】ブラック/ブルー/ホワイト
【特徴】クロモリ製ロードバイク

 

 

 

 

fuji ballad r
【メーカー】fuji
【商品名】ballad r
【本体価格】¥92,000
【重量】10.8kg
【カラー】グリーン/ダークナイト/シャンパンゴールド
【特徴】クラシカルなクロモリ製ロードバイク

 

 

tern rip sand silver
【メーカー】tern
【商品名】rip
【本体価格】¥78,000
【重量】10.2kg
【カラー】マットサンドシルバー/マットブラック
【特徴】エアロ型アルミフレームのクロスバイク

 

 

raleigh-rfc
【メーカー】raleigh
【商品名】RFC radford classic
【本体価格】¥83,000
【重量】11.5kg
【カラー】ブルー/ホワイト/クラブグリーン
【特徴】クラシカルなクロモリ製クロスバイク

 

 

 

 

fuji roubaix aura
【メーカー】fuji
【商品名】roubaix aura
【本体価格】¥92,000
【重量】9.2kg
【カラー】マットブラック/ミッドナイトブルー
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークの軽量クロスバイク

 

gios cantare
【メーカー】gios
【商品名】cantare claris
【本体価格】¥72,000
【重量】9.7kg
【カラー】ブルー/ブラック
【特徴】アルミフレーム+フォークの軽量クロスバイク

 

 

gios ampio
【メーカー】gios
【商品名】ampio
【本体価格】¥79,800
【重量】9.7kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】人気のクロモリバイクampioも新クラリス仕様に

 

 

fuji herion r
【メーカー】fuji
【商品名】herion r
【本体価格】¥89,000
【重量】10.2kg
【カラー】シルバー/シャンパンゴールド/ブラック
【特徴】クロモリ製ミニベロ

 

gios antico
【メーカー】gios
【商品名】antico
【本体価格】¥83,000
【重量】10.4kg
【カラー】ブルー/ホワイト
【特徴】クラシックな胴抜きデザインにWレバーシフトのお洒落なミニベロ

 

raleigh RSP 2018
【メーカー】raleigh
【商品名】rsp
【本体価格】¥90,000
【重量】11.4kg
【カラー】ブラック/アイボリー
【特徴】太めのタイヤやドロヨケを装備した実用的なクロモリ製ミニベロ

 

 

tern surge
【メーカー】tern
【商品名】surge
【本体価格】¥89,000
【重量】10kg
【カラー】マットレッド/マットブラック
【特徴】エアロ型アルミフレームのミニベロ

 

louis garneau lgs-s9
【メーカー】louis ganeau
【商品名】lgs-s9
【本体価格】¥75,000
【重量】11.3kg
【カラー】ホワイト/ブラック
【特徴】20インチのアルミ製フレームのミニベロ。リア8ギアと変速機にClaris採用。


 

このページは新しい車種が発表され次第更新されます。(作成日 2017.09.28)
最終更新日 2017.12.23

CATEGORY

日本の自転車パーツメーカーの合同展示会「Japan Makers Tech Summit 2017」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

日本の自転車パーツメーカー8社の合同展示会「Japan Makers Tech Summit」に行ってきました。

japan maker 2017

今回初めて開催されるこのイベントは、大阪市内某所にて一般には非公開で催される展示会で、個人経営の自転車販売店(IBD)や卸業者に向けて、各メーカーが新製品の説明や講習会をしたり、意見交換をしたりする場です。

会場は中型の会議室が2部屋あり、ひと部屋はプロジェクターを使用した講義をタイムテーブルに従い順番におこない、もう一部屋は各社が商品を展示した簡素なブースを出展しています。200人ほどの来場者があり、少しお話をした方は四国からわざわざ来場されていました。

Japan Makers Tech Summit 2017

 

参加企業は
・アズマ産業
・オージーケーカブト
・キャットアイ
・スギノエンジニアリング
・パールイズミ
・パナレーサー
・ホーザン
・三ヶ島製作所

輪界ではおなじみの老舗企業8社で、いずれも国内に工場をかまえ高品質な自転車部品を製造しています。斜陽化を懸念されている日本の製造業ですが、海外メーカーにも負けない日本の自転車パーツメーカーの姿がありました。

 

 

<参加各企業>

 

ostrich
会社名:アズマ産業
ブランド:Ostrich
本社所在:東京・足立区
主な商材:自転車鞄・輪行袋

【沿革】東京都墨田区に創業。
自動車カバー及び自動車の敷物等、自動車用品の製造販売を行う。
1973年「オーストリッチ」のブランド名でサイクル用品の製造に専念。
81年に工場の拡張を図るため足立区本社工場を移転。

ostrich bag

 

 


 

 

ogk hekmet

会社名:オージーケーカブト
ブランド:OGK kabuto
本社所在:東大阪市
主な商材:ヘルメット・グローブ・サングラス

【沿革】1948年「大阪グリップ化工株式会社」創立。82年に大阪グリップ化工株式会社用品事業部から独立
サイクル用ヘルメットの本格的な製造販売開始。ベビーシート製造のオージーケー技研は関連会社。

ogk kabuto

 

 

 


 

cateye
会社名:キャットアイ
ブランド:CATEYE
本社所在:大阪・東住吉区
主な商材:自転車灯・サイクルコンピュータ・反射板

【沿革】1954年大阪・東住吉区に津山金属製作所設立。89年社名をキャットアイに変更。従業員200人以上、自転車用反射板のシェア世界首位。

cateye

 

 


 

 

sugino

会社名:スギノエンジニアリング
ブランド:Sugino
本社所在:奈良市
主な商材:クランク・ギア・ボトムブラケット

【沿革】大阪・東成区にて杉野鉄工所創業。島野工業や前田鉄工所など在阪部品メーカー「JASCAグループ」の一員としてギアの製造、その後「サンツアー」ブランドの一角を担う。世界選手権10連覇の自転車選手・中野浩一さんも使用した。

sugino zen

 

 


 

pearlizumi

会社名:パールイズミ
ブランド:PEARL iZUMi
本社所在:東京・墨田区
主な商材:自転車用ウエア・シューズ・グローブ

【沿革】1950年長野県にて清水釿治商店創業。64年にサイクルウェアの企画・製造販売を開始。日本のナショナルチームはじめ、多くの選手に使用されている。

 

pearlizumi cycle

 

 


 

panaracer

会社名:パナレーサー
ブランド:Panaracer
本社所在:兵庫・丹波市
主な商材:タイヤ・チューブ・ポンプ
・1952年松下電器グループの「ナショナルタイヤ」創業。2015年パナソニックグループから離脱し、社名が「パナレーサー」となる。

panaracer tire

 


 

hozan

会社名:ホーザン
ブランド:HAZAN
本社所在:大阪市浪速区
主な商材:自転車用ケミカル・工具

・1946年大阪市に自転車工具メーカー「寶山工具商会」創業。ピンセットやニッパーなど汎用工具の製造や米 ParkTool社の自転車工具の輸入もおこなう。本社は「なんばHachi」の西隣。

hozan tool

 


 

mikashima

会社名:三ヶ島製作所
ブランド:MKS
本社所在:埼玉・所沢市
主な商材:ペダル・トークリップ

・1943年航空部品の製造を開始、46年自転車ペダルの製造に転換。49年に三ヶ島製作所設立。国内で唯一競輪認定「NJS」を受け、すべての競輪選手が使用している。

mks pedal

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月