サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

2018年03月の記事一覧

コンパクト設計、14リンクのフォールディングロックADEPT「Eddy」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTから使いさすさと強靭さを兼ね備えたフォールディングロック「EDDY 682」が発売されました。

adept eddy682

3.5mm厚の硬化スチールプレートを14枚繋いだ長さ820mmの自転車錠で、他のフォールディングロックよりも多いプレート数で構成されているので、取り回しがしやすくコンパクトになります。

 

adept eddy

専用ブラケットが付属していて、シートポストやダウンチューブに取り付けることができます。
施錠時は、細いポールにも無理なく沿わせることができてケーブルロックのような柔軟な取り扱いが可能です。キーは3本付属しています。

adept eddy lock

重量は755g。
フォールディングロックのベストセラーABUS「BORDO」の同クラスの重量が650~1000gなので、超軽量という訳ではありませんが、折りたたみ時のサイズが120x73x49mmとコンパクトになるため、バックパックのサイドポケットやジーンズの後ろポケットにも入れることができ、携帯性はいいのではないでしょうか。

 

本体価格は3900円
カラーはブラックのみです。

CATEGORY

オススメのバイクパッキング書籍の紹介【2017年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2017年はまさにバイクパッキング元年といっていい年でした。自転車雑誌でも多く特集され、関連製品のリリースも相次ぎました。徐々に暖かくなってきて今年もバイクパッキンングの季節がまたやってきます。その前に昨年出版された書籍を3冊紹介したいと思います。色々な楽しみ方が紹介されていますので是非読んでみてください。

 

bikepackingbook

【書籍名】バイクパッキングBOOK ウルトラライトツーリングの装備&スタイル大全
【著者】北澤 肯   きたざわ・こう
【発行】2017年3月10日
【本体価格】¥1,800

<構成>
Ⅰ バイクパッキングとは何か?
Ⅱ バイクパッキングの道具
Ⅲ バイクパッキングの実践

 

<本著の特徴>
・日本で初めてのバイクパッキンングの書籍で、ルーツから楽しみ方まで分かりやすく書かれた必読書。
・著者はアウトドア好きな英会話学校講師で自転車用品等の輸入販売や自転車イベントなども主催している。
・工業テクノロジーの進化の影響による道具の変革「ウルトラライト化」(軽量化)が、バイクパッキングの進展に拍車をかけたとしている。
・「島バイクパッキング」や「Fish&Bike (バイクパッキング+釣り)」、海外トレイルなど様々な楽しみ方を紹介、読んでいておもしろい。

 

 

 

 

bikepacking roadbike
【書籍名】バイクパッキング入門 自転車ツーリングの新スタイル
【著者】田村 浩   たむら・ひろし
【発行】2017年10月6日
【本体価格】¥1,800

<構成>
Ⅰ バイクパッキングとは?
Ⅱ バイクパッキングのはじめかた
Ⅲ はじめよう!キャンプツーリング
Ⅳ より軽く、より遠くへ
Ⅴ 実践 バイクパッキング

 

<本著の特徴>
・著者は自転車旅経験豊富な元自転車雑誌の編集者でバイクパッキングを「ツーリングにおける革命」としてその魅力を伝えようとしている。
・ロードバイク(グラベルロード)でのバイクパッキングを主眼においている。
・大型サドルバッグ(シートバッグ)、フロントバッグ(ハンドルバーバッグ)、フレームバッグを「三種の神器」として各メーカーの製品の特徴を自転車雑誌の企画のようにわかりやすく比較している。

 

 

 

 

bicycleplus
【書籍名】BICYCLE PLUS vol.20 バイクパッキング大全
【発行所】枻出版
【発行】2017年7月10日
【本体価格】¥1,000

<構成>
Ⅰ バイクパッキング大全
Ⅱ 酷道418号で3県横断
Ⅲ ベストなツアーケージを探せ!
Ⅳ かしこく分けるジップロックパッキング術
Ⅴ TOEIスポルティーフでソロキャンプ
Ⅵ ベストタイヤ forツーリング
Ⅶ ブルーノが応援する世界旅

 

<本著の特徴>
・自転車関連の書籍を数多く発行するエイ出版のツーリング本vol.20
・A4サイズフルカラー 北澤さんはじめ達人がバイクパッキングの楽しさを詳述している
・バッグやキャンプ用品などの基本的なことからサイクリングレポートなど写真が多くわかりやすい
・筧五郎さんの「酷道418号~」はバイクパッキングの楽しさが凝縮した内容になっている

 

CATEGORY

クイックレリースハブの車輪着脱に関する注意

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2018年3月1日、国民生活センターが自転車のクイックレリースに関して以下のような情報を公開しました。

- -

最近の3年間に、クイックレリーズハブに関するテスト依頼を4件受けています。いずれの依頼内容も、走行中に突然、前車輪が脱落したために転倒し、大けがを負ったというもので、いずれもクイックレリーズハブの固定が緩い状態で走行したために前車輪の脱落が生じたと考えられました。また、3件については、購入してから一度も自身でクイックレリーズハブの操作を行ったことがないとのことでした。

 2012年度以降、クイックレリーズハブを使用した自転車で前車輪が脱落したという危害・危険情報が22件寄せられています。走行中に前車輪が脱落した場合、乗員は車両進行方向に向かって投げ出され、重篤な事故に発展する傾向があります。

独立行政法人 国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20180301_2.html

 

- -

クイックレリースとは

クイックレリーズとは車輪の着脱に工具を使用しないで行うことができる機構で、レバーの一動作でハブをフレームから取り外せる装置で、スポーツ自転車に多く採用されています。中空のハブシャフトを使用し、内に細いシャフトを入れ、これをカム式のレバーで動かすことでフォークエンドを左右から締めたり緩めたりすることができる構造です。

adept quickrelease 799C9355-760B-488F-8062-311B3712720E
㊧ クリックレリースハブ
㊨ クイックレリース

正しく使用されていない現状

同センターは今回の実車確認調査にて、52台のクイックレリースハブを調査し、うち31台の自転車が正しく固定できていなかったという報告をあわせて公開しています。カムレバーの固定位置が不適切であったり固定力が弱い自転車が多く、乗車前の確認などが必要となります。

スポーツ自転車店である当店では販売車種のおよそ8割にこのクイックレリースが使用されています。使用方法は難しいという訳ではなく、慣れれば腕時計を手首にはめるように容易に車輪が外せ、収納や修理の際にとても便利です。

使用方法がわからない方はご説明いたしますので自転車をお持ちください。
遠方にお住まいの方は最寄りの日本車両検査協会認定の自転車技士のいる自転車店に相談されるといいと思います。

インターネットで購入した自転車は要注意

近年、インターネットの通信販売等で自転車が販売されるケースが見られます。配送の都合で組み立てや安全点検がおこなわれず車輪を外した状態でエンドユーザーに配送される場合も多く、慣れないユーザーが正しく車輪を装着できないといった報告も受けています。
ご確認をお願いいたします。

CATEGORY

ハンドルバーにつけない砲弾ライト風ライト ADEPT「MUTE 100 FC」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

デザインと使いやすさが好評のADEPTのUSB充電式ライトにフォークセンターに取り付けができる「Mute100FC」が発売されました。

adept mute100fc

 

キャリパーブレーキや前ラックなどを取り付けるため、ほとんどの自転車のフロントフォークにはセンター部に穴が設けられています。「Mute 100FC」はその穴を利用して取り付ける前照灯で、変形ハンドルバーやハンドルバーに取り付けスペースのない自転車にも取り付けができるアイデア商品です。

 

adept light

 

100ルーメンの1灯タイプの白色LEDで、点灯で4時間、点滅で最大18時間使用できます。

 

adept usbadept charge

 

バッテリーはリチウムイオン式でメモリー効果を気にせず継ぎ足し充電が可能、本体を台座から外し付属のUSBケーブルを使用し2時間ほどで充電が可能です。

本体は削り出しのアルミ合金で
カラーはブラックとシルバーの2色です。

 

 

adept mute

 

重量は67gと軽量で従来の電池式の砲弾型のように電池の重みで頭が垂れてくることが少なくなっています。
本体価格は4500円、2018年3月発売です。

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月