サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

2018年05月の記事一覧

TOPEAK iPhoneX専用スマートフォンホルダー「Ride Case」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車アクセサリーの最大手TOPEAKからiPhoneX専用のスマホホルダー「Ride Case」が発売されます。

iphone bike

ハンドルバーマウントとステムキャップマウントが両方付属していてほとんどの自転車にスッキリと取り付けが可能です。

topeak ridecase

エンジニアリングプラスチックとラバーの2種類の素材で構成されたボディは耐衝撃性に優れ、専用品ですのでケースにピッタリと収まります。画面上にバンドやキャッチがなく、そのままケースとして使用がでるので非常に便利です。

 

 

topeak ridecase iphone  topeak ridecasefor iphone

 

指かけリングなしでも握りやすい背面は、縦・横置きが可能なフリップスタンドが付属していてワイヤレス充電にも対応しています。重量も32gと軽量で、自転車に使用しない方のためにケース単体の販売もしています。

 

 

topeak ridecase

2018年6月下旬発売予定で
価格はマウントセットで5500円
ケース単体は3500円です。

ライドケースシリーズはiPhone6/iPhone6Plus/iPhone7/iPhone7Plusにそれぞれ専用品がラインアップされています。

CATEGORY

ビンテージ自転車のスワップミート「シクロジャンブル2018・春」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

国内最大級のヴィンテージ自転車やパーツのスワップミート「シクロジャンブル」に行ってきました。

used cycle

大阪北部・豊中市の服部緑地公園で年2回、春と秋に開催される中古自転車と部品のフリーマーケットで2018年春は5月20日(日)に開催されました。

ryokuchikouen 2018

公園内の「古民家集落広場」という多目的広場にて開催され、全国各地から自転車マニアが集まるイベントとなっています。

vintage cycle parts

出店は誰でも可能で自転車パーツコレクターから自転車関係業者など30ブース以上、小銭で購入できるジャンクパーツからマニア垂涎の逸品、珍品、自作品、不用品、なつかしの自転車などまさしくジャンブル(ごちゃまぜ)です。

当日に自転車や自転車部品などの購入をお考えなら、手さげ袋、小銭、メジャー、ノギスなど必要なものは持参した方がいいかもしれません。

 

madgurd

ハンドメイドのサイリングキャップや現在の規格には全く合わなくなってしまったディレーラやハブなどの自転車部品等々、値札がついていない商品も多く、交渉次第ではインターネット通販やリサイクルショップで買うより安く購入することができます。

 

old feather

富士自転車「オールド・フェザー」やコロンバス製チューブのデローザのロード車など時代を物語る旧車や銘品を見ているだけでも楽しくなります。

new cycleing

昭和の自転車愛好家のバイブル「ニュー・サイクリング」誌も大量に販売されています。1962年から発行される月刊誌で、インターネットもない時代の貴重な情報源としてサイクリング文化を啓蒙し続けてきましたが、10年程前から休刊状態のようです。

 

bikes

緑地公園駅から徒歩10分くらいかかるため自転車で来ている人も多く、これがまた各々個性的です。

午前10時から昼頃までという開催時間なのですが、なるべく早く行った方が掘り出しモノに巡り合えると思います。

 

nitto sugino

今回の戦利品
・「SUNTOUR CATALOG」マエダ工業〔1986年?〕
・「自転車センターのあゆみ」関西サイクルスポーツセンター〔2004年〕
・NITTOカタログ 〔1993年〕
・ワンゲルチェーンの店「ARAI-CYCLE」紙袋
・「JEXジャーナル VOL.1」JEXジャーナル編集部〔1975年〕
・「スギノジャーナル 第23号 昭和42年 復刻版」杉野鉄工所 〔1975(昭50)年〕

 

業界紙の「JEXジャーナル」や「スギノジャーナル」はなかなか他では入手できないモノで興味深い内容になっているので、またの機会に紹介したいと思います。なぜ「スギノジャーナル第23号」は8年後に再発行されたんでしょうか…そのあたりの謎にもせまってみたいと思います。

CATEGORY

安全性と放熱性を両立したABUS アーバンヘルメット「Yadd-I」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ドイツの鍵メーカーABUSからスタイルと安全性を両立した放熱に優れたアーバンヘルメット「Yadd-I」(ジェダイ)が発売されます。

abus yadd

安全でフィット感と優れた快適性を高める伸縮性可変調整のシステムソフトチューンシステムで、柔軟な弾性エラスティックファスナーで着用書の頭の形状に自動的に適応します。

付属のバイザー、パッドは取り外して洗濯も可能で衛生的です。

abus yadd-l

小さめのベンチホールはフロントから入った空気が、リヤの大きなダクトから抜ける強制空冷システムテクノロジーで放熱性に優れた構造をしていて使用感も抜群。

abus yadd helmet

カラーはブラック、ブルー、グレーの3色
サイズはM(55-59cm),L(58-61cm)です。

abus helmet

重量はMが280g、Lが310gとなっています。

CATEGORY

押しても引いてもエアが入るロード用ポンプ TOPEAK「Roadie DA」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

台湾の大手自転車パーツメーカーTOPEAKから押しても引いても空気を充填できるデュアルアクションテクノロジーを搭載した携帯型ポンプ「Roadie DA」が発売されます。

topeak roadie

 

topeak dualaction

アルミ製細径シリンダーを採用し120psiの高圧までタイヤの空気を充填できるフレンチバルブ専用の空気入れです。

 

topeak roadie da

ロードバイクに採用されている仏式バルブ専用の口金でママチャリには使用できません。
長さは18.3cmで重量は95g、フレームに装着用のクランプが付属します。

topeak pump

本体価格は2200円
2018年5月発売です。

1回のポンピングでより多く空気が入れられる一回り大きめの「Roadie DAX」も同時に発売されます。

 

同社のロードバイク用携帯ポンプは最大160psiまで加圧できる製品が多くラインナップされていますが、120psiまで入れれば充分です。推奨空気圧はタイヤによって異なり、タイヤサイドに表記されていますので常に推奨圧で走行できるように管理しましょう。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月