サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: ガジェット

発売前のknog 「PWR commuter」のサンプルを入手しました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

8月下旬発売予定のkong「PWR commuter」ライトのサンプルをメーカーからご提供いただきました。
ちゃんとパッケージに入っていて、2017年5月26日生産した最終のサンプルのようです。

knog pwr commuter

 

PWR(パワー)の最大の特徴は充電式の自転車ライトでありながら、モバイルバッテリーとしての機能を合わせ持っているという点です。このような製品は他にはありません。

 

knog commuter

おしゃれなパッケージを開封すると以下のものが入っています。

 

① ライト本体
② USBワイヤー
③ シリコンストラップ
④ 樹脂マウント
⑤ 取り付けネジ
⑥ 工具
⑦ 取り扱い説明書(日本語も対応)

 

CNCアルミ製造の本体は、φ3cmの円筒型で長さは10cmほどあり、重量は88gです。昔の単1電池ライトのようなシルエットですが、もちろん乾電池は不要です。

カラーはつや消しブラックで、下部に黒と赤のスイッチが配置されています。黒いスイッチを長押しすると点灯し、ノックするとモードが切り替わります。赤い突起は、スイッチというよりかは、キャップのロックを外すツメを解除役割をしています。

knog pwr

自転車に取り付ける際は工具不要で、シリコンストラップで簡単にあらゆるサイズのハンドルバーに取り付けることが可能です。360°回転するストラップはしっかりしていて、走行中に外れたり、頭が垂れてくることもありません。

このようなシリコン製台座は増えてきていますが、もともとはknog創業者のヒューゴ氏が、工業デザイナー時代に医療用マスクをデザインした経験をヒントに、「Frog」という自転車ライトを考案したのが最初なのです。

knog pwr

 

明るさは450ルーメンと申し分ない明るさで、遠くまで照らすことができます。照射角は狭く40°くらいでしょうか。5モードの点灯・点滅機能があり、最大で25時間使用できるようです。バッテリー残量は上部のインジケーターに表示され走行しながら残量がわかるようになっています。

 

knog pwr commuter

 

出力は850mAhでスマホやカメラなどのデバイスの充電ができます。「ライドケース」とあわせて使用することで、走行しながらスマホを充電することも可能です。モバイルバッテリーとして物足りなさを感じる方は、大容量バッテリー2200mAhの「PWR rider」という製品も同時発売されます。

 

knog usb

防水性も非常に高く丈夫なのでツーリングだけでなく、アウトドアや災害などで電源を失った際にも活躍しそうです。

価格は5800円で予約受付中です。
サンプルは店に置いてあるので、ご用命ください。

CATEGORY

ポーターバイクのフロント・ラックにピッタリのバッグ ADEPT「FORWARDER」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからショルダーバッグとしても使用できるロールトップ2WAYフロントバッグ「forwarder」が発売されました。

adept

 

ADEPT「トラスポーター」などのポーターラックなどにストラップで簡単に取り付けられ、日常使いからツーリングまで幅広く使用できるナイロン製フロントバッグです。着脱式のショルダーストラップを使用することで普通のショルダーバッグとしても使用できます。

 

adept forwarder

 

大きさはL225xW330xH360mm、最大23ℓ収納可能で内容物に応じてロールアップして縮小が可能です。
カラーはストレートネイビーとブラックの2色。

 

adept forwarder adept frontbag

 

重量は530g

本体価格は6800円で2017年8月発売です。

 

adept

CATEGORY

topeak バイクパッキング用サドルバッグ「backloader」に超大型15ℓ追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

米国北西部オレゴン州を発信源に、広がりつつある新しい自転車ツーリングスタイルバイクパッキング。金属製のキャリアを使用せず軽量化された高機能の大型バッグをドカドカと取り付けたキャンピングスタイルは、冒険家の自転車旅だけにとどまらず、新しい自転車の潮流として同州の中心都市のポートランドのライフスタイルとして定着しつつあります。

2017年5月に発売されたtopeak「バックローダー」は、バイクパッキングの起爆剤となる低価格リアバッグで、6リットルと10リットルの2種類をラインナップしていましたが、好評につき8月に超大容量の15リットルが新しく追加されます。

bagloader 15l

サイズはL670xW280xH180mmと大型で、大きな荷物もカバンごとすっぽり収納できます。

 

topeak backloader

 

<バックローダーの種類>
6リットル (335g) ¥6,600
10リットル(413g) ¥7,700
15リットル(565g) ¥8,800

topeak backpacking

サンプル(10ℓ)をご用意していますので、荷物をバッグを付けた状態で試乗してみてください。

取付には後輪上にある程度のクリアランスが必要になります。取付方法や調整方法など説明させていただきますので、是非自転車でご来店ください。

CATEGORY

新技術ターボ・ブースト・テクノロジーで従来品より40%の効率化、TOPEAK「Joeblow Twin Turbo」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

topeakから驚きの軽さで空気充填がおこなえる最強のポンプ「Joeblow Twin Turbo」がリリースされました。

topeak joeblow

 

ハンドルを引き上げ、太いシリンダーから細いシリンダーに空気を送り圧縮し一気に充填する新技術「ツインターボテクノロジー」採用で、従来品より40%も効率的になり、短時間で空気充填できます。

 

topeak joeblowtwinturbo

 

トップマウントの最大200psiまで測定できる見やすい空気圧メーター付き。
ホースヘッドは米仏切り替えなしでそのまま使用できる「スマートヘッドDX1」採用です。

 

topeak joeblow twinturbo  topeak joeblow turbo

大きさはL210x W280xH720で重量は3.8kgと大型です。
本体価格は17種類あるJoeblowシリーズで最高額の22,000円とかなりお高目となっています!

– –

 

<topeak Joeblow シリーズ 全17種類>

 

Twin Turbo ¥22,000 ← コレ New
② Booster  ¥18,000 ←チューブレスタイヤに最適
③ Dualie   ¥7,000 ←④+⑤の機能性
④ Fat        ¥6,000 ←ファットタイヤ専用
⑤ Mountain  ¥5,500 ←MTB専用
⑥ Ace DX    ¥18,000 ←⑦のアップグレード版 New
⑦ Ace       ¥15,000 ←2本シリンダーボディ
⑧ X.O.        ¥14,000 ←外観をポリッシュ加工
⑨ Pro DX    ¥13,000 ←金属製ヘッド採用 New
⑩ Pro        ¥9,400 ←⑨のプラスチックヘッドの旧型
⑪ Elite        ¥8,000 ←これだけ口金が両ヘッドタイプ(古いタイプ)
⑫ Turbo       ¥7,700 ← 下左写真
⑬ Sport Ⅱ ¥4,800  ←ベストセラーらしい
⑭ Sprint       ¥4,500 ←オススメ(サンプルあります)
⑮ Race         ¥4,200  ←下右写真
⑯ Max HPX    ¥4,200 ← サイクルショップ203で人気No1
⑰ Max HPⅡ ¥3,800 ← 安い

 

 

topeak joeblow    joeblow race
左/ Joeblow Turbo
右/ Joeblow Race

 

– –

topeakはこのシリーズだけでなく、TransformerシリーズやMorphシリーズなど含めて、充実の全55種類(2017月7月時点)の空気入れをラインナップしています。「Joeblow Twin Turbo」は同社最強のポンプとなります。

圧巻のバリエーションですが、topeakはポンプ専業メーカーではなく、ポンプ製造している自転車パーツとアクセサリー総合メーカーで、自転車バッグやサイクリングアプリなども開発しているメーカーです。

 

 

CATEGORY

Vittoria 高い耐摩耗性のタイヤ「Randonneur 」に後継モデル登場

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ピストバイクの後輪など激しく摩耗するシーンでよく使用するユーザーが多いVITTORIA「Randonneur(ランドナー)」タイヤに次世代コンパウンド、グラフェン G+Isotechを採用した後継モデル「Randonneur Tech」が発売されます。

vittoria randonneur

 

G+Isotechは耐摩耗性・低い転がり抵抗・グリップ力が特徴で、同社のロードのトップモデルに採用されてるコンパウンドです。ヴィットリアが従来よりアーバンカテゴリーに採用している2つの耐パンクテクノロジーSolid ShieldingとDouble Shieldingに加えてさらに強度が上がり、雨の日の濡れた路面でもしっかりグリップします。

 

小径車から26インチまでラインナップ

 

サイズも定番の700x28cのほか、より太めの700x32c、700x35c、700x40c、700x48cまでラインナップ。それに加えて小径車用の20x1.50、マウンテンバイク規格の26×1.50もあります。

サイドに反射テープがついていて夜間走行も安心です。
重量は490g(700x28c)、
本体価格は1本4200円

2017年7月中旬発売予定です。

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月