サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: ガジェット

ドロップハンドルにも装着できる小型バスケットADEPT「MODS BASKET」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからハンドルバーに取付けできる小型バスケット「Mods Basket」が発売されます。

cyclebasket

ドロップハンドルにも装着できる630g、24cm幅の小型バスケットで、2本のボルトを使用し取り付ける仕様です。カゴ脚などを使用せず、いままでカゴの装着が難しかった自転車にも取り付けられる便利なアルミバスケットです。

adept modsbasket
▲シルバー

modsbasket
▲ブラック

 

ライトホルダー(別売)を使用すればカゴにライトを取り付けることもできる実用性を考慮されたありそうでなかった新発想のバスケットです。

adept alumibasket

bicyclebasket

 

本体価格は¥7900、
ハンドルバーは規格が複数ありますが、このバスケットは一番太い31.8用で、
それより細い一般的な25.4や22.2サイズなどに使用する際は別売のアダプターが必要となります。

 

handle sim
▲ハンドルバーシム ¥900

 

核家族化,未婚化が進み、通販で買い物をしている人が増加しているせいか、自転車カゴも近年小型化しています。日本の自転車の代名詞ともいえる「前カゴ」もライフスタイルの変化と共に進化しているのかもしれません。

adept modsbasket

ブルムース型などハンドルバーの形状によって使用できない車種がございます。
また、カーボン製のハンドルバーには使用できません。

ご購入を検討されている方は、自転車をお持ち込みの上ご相談ください。

CATEGORY

ボトルホルダーとしても使える、便利なTIOGA「ADV Stem Bag」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TIOGAから1リットルサイズのステムバッグ「ADV Stem Bag」が発売されました。
2300円とお求めやすい価格で、ストラップの付け替えで左右どちらにも取り付けができる仕様になっています。

 

tioga adv stem bag

 

ステムバッグとは、ハンドルやヘッドチューブにストラップを使用し取り付けるバッグで、フレームバッグなどとあわせてツーリングや長距離サイクリングなどに使用します。

このタイプのバッグの登場は比較的最近で、バイクパッキングが日本に紹介されだした2017年頃からです。

リアバッグやフレームバッグと比べ地味で、選択肢もまだまだ少ない現状ですが、水筒やカメラなどの小物の収納に適し、名脇役的な存在で非常に便利です。

 

tioga stembag

tioga stembag

 

重量は100g、
カラーはブラックのみです。
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

本来の目的からは外れますが、ミニベロやピストバイクなどボトル台座のない自転車のボトルホルダー替わりとしても使えます。

先月の当ブログで、トップチューブバッグがママチャリの前カゴ感覚で使用できて日本人向きである、といった主旨の投稿をしましたが、ステムバッグも同じように活用できるはずです。

従来から使用されているカップホルダーやボトルケージは着脱に工具が必要で、それ自体が空間を占拠して邪魔になってしまいます。手元のデッドスペースを活用できるステムバッグはありそうでなかった新感覚で、今後もいろいろなブランドからリリースされていくのではないでしょうか。

 

キャンプ道具やバッグ素材の進化で可能になった「バイクパッキング」は、従来の自転車キャリアを使用した自転車ツーリングを大きく変えました。こうした流れは世界的で、最近は毎月のように新しい自転車バッグが登場しています。

ミシンひとつで簡単に参入できるこの新市場は参入企業も多く、注目のカテゴリーだと思います。

 

 

 

CATEGORY

ツーリングに最適な秋、topeakのミニポンプ ランキング

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

台湾最大の自転車パーツメーカーTOPEAKは、当ブログでも何度も紹介していますが、今回は国内での携帯ミニポンプの販売ランキングを紹介したいと思います。

TOPEAKといえばボトルホルダー「MODULA CAGEⅡ」や携帯ホルダー「RIDECASE」などのアクセサリーやバッグ類、多種多様な工具がおなじみです。
ポンプ類も多くラインナップされ2019年時点で、64種94タイプをそろえています。種類としては携帯できるポンプが多く39種類、フロア型21種類あり、多すぎて逆に何を買っていいのか迷ってしまいます。

メーカーより国内の携帯型ミニポンプのランキングが公開されました。
ツーリングに最適な秋、購入の参考にしてみて下さい。
ツーリングに最適なTOPEAKのミニポンプランキング

 

【第1位】

topeak raceroket hp
【商品名】RACE ROCKET HP
【本体価格】¥3,800
【長さ】180mm
【特徴】仏・米式を切り替えのできるスレッドロックスマートヘッド採用のホース式ミニポンプ
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

 

 

【第2位】 
topeak minimorph

【商品名】MINI MORPH
【本体価格】¥3,800
【長さ】260mm
【特徴】人気のMORPHシリーズの小型版。地面に立ててポンピングが可能

 

 

 

【第3位】
topeak pocket rocket
【商品名】POCKET ROCKET
【本体価格】¥2,100
【長さ】222mm
【特徴】お手軽な価格のロード用定番モデル。新色のブラックが追加されました。

 

 

 

 

【第4位】
topeak micro rocket al
【商品名】MICRO ROCKET AL MasterBlaster
【本体価格】¥2,800
【長さ】160mm
【特徴】アルミ合金シリンダー/ハンドルのスタイリッシュな超小型仏式専用ポンプ

 

 

 

 

 

【第5位】
topeak rooadie da
【商品名】ROADIE DA
【本体価格】¥2,200
【長さ】183mm
【特徴】ハンドルを引いた際に空気を圧縮し一気に空気を充填するデュアルアクションの新シリーズ
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 


 

 

※ミニポンプは携帯型の中でも、携帯性を重視した小型のポンプです。ミニポンプでは、なかなか高圧ははいりません。パンクなどの緊急時に使用するようなイメージです。
日常の空気圧管理はフロアポンプが必須となります。

CATEGORY

自転車バッグの新トレンド、トップチューブバッグ 6選

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

スポーツ自転車用バッグというえばサドル下取り付けるサドルバッグが多く使用されていますが、バイクパッキングブームで、いろいろな場所にバッグをを取り付ける試みがされ高機能化している昨今、 トップチューブ上部に取り付ける小型バッグのトップチューブバッグの人気が高まっています。

スマホや補給食が、サドルに座った状態でもすぐに取り出せ非常に便利で、ママチャリの前カゴの感覚に近く、日本人向きに向いているともいわれています。

 

あると便利トップチューブバッグ 6選

 

 

giant wp
【メーカー】GIANT
【商品名】TOP TUBE BAG WP(S)
【本体価格】¥2,400
【容量】0.4L
【特徴】完全防水のTPUラミネート素材使用

 

 

 

 

tioga adv

【メーカー】TIOGA
【商品名】ADV top tube bag
【本体価格】¥2,800
【容量】0.5L
【特徴】型崩れしにくく丈夫なPVCコーテッド600デニールナイロン使用
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

 

 

topeak tridry
【メーカー】TOPEAK
【商品名】Tri Dry Bag
【本体価格】¥2,500
【容量】0.6L
【特徴】TOPEAKは同モデル以外にも多数ラインアップがあります

 

 

 

 

fefal z-race-s
【メーカー】Zefal
【商品名】Z RACE S
【本体価格】¥4,000
【容量】0.3L
【特徴】上部が透明窓になってるコンパクトタイプ

 

 

 

 


bbb toptank

【メーカー】BBB
【商品名】TOPTANK
【本体価格】¥4,700
【容量】0.75L
【特徴】7インチまでのスマホが直接使用可能

 

 

 

 

birzman zyklop-navigator
【メーカー】Birzman
【商品名】ZYKTOP NAVIGATOR
【本体価格】¥2,600
【特徴】上部にスマホなどを収納できる透明ポケット付き

 

 

CATEGORY

オーストリアの新素材自転車チューブ「tubolito」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

オーストリアのウイーンで開発された超軽量のインナーチューブ「tubolito」(チューボリート)が日本に上陸ました。

tubolito

独自に開発された革新的なハイテク素材を使用し、通常のラバー製チューブと比較して約1/3の重量、約2倍の耐突き刺し強度・耐パンク性を実現しています。

cycletube

オレンジが印象的で魚肉ソーセージの包装みたいですが、手で触れた感触としてはもう少し硬く海水浴に使う浮き輪ような素材です。製造方法や素材は今のところ公開されてはいません。一体どういう素材なのでしょうか…気になります。

当ブログは2015年から始めていますが、チューブについての投稿は今回が初めてとなります。おそらく自転車チューブの開発というのは他の製品に比べ難しく、革新的な製品が出にくいんだと思います。

ラインナップはフレンチバルブのみで700c、26インチ、27.5インチ、29インチがあり、バルブ長は42mm。700cのみ60mmのロングバルブが用意されています。

 

light weight tube

 

重量は700×18~28cで40gです。
極限まで薄くした0.15mmチューブは23gですが、ディスクブレーキ専用で、リムブレーキには使用できません。

注意点としては、通常のパンク修理はできず、専用の補修パッチを使用しなければならない点です。

本体価格は4300円と驚くような値段ですが、自転車の最大の敵、パンクが半減するなら高くはないかもしれません。(個人的には高いと思う)

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月