サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: ガジェット

新色も追加され、お求めやすい価格になったABUS ブレード錠「BORDO U-GRIP 5700」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2005年に登場した高いセキュリティと携帯性を両立したABUSのブレードロック「BORDO」シリーズは、厳しい破壊テストにクリアした金属製のブレードを連結した確かな品質の自転車錠として欧州を中心に人気を得ています。

abus lock

abus U Grip Bordo 5700       abus U Grip lime

カラフルな樹脂でコーティングされ最大80cmまで広げることができるキータイプの「BORDO U-GRIP 5700」は同シリーズの普及版であり、日本にも輸入されています。
しかしながら、普及版といっても販売価格が9,030円と高額ゆえに販売は苦戦し、なかなか広く普及していない現状がありました。

 

【改訂前】¥9,030  → 【新価格】 ¥5,400

 

ドイツ本社と国内代理店の戦略的な合意で、2017年5月より販売価格が4割ダウンの5,400円に大幅に値下げされる見通しとなりました。

abus Bordo 5700

カラーはブラックとライムに加えて、レッドが追加。
都会的で見た目もスタイリッシュです。

abus bordo

 

大阪の自転車盗難は年間16000台で全国でも最も集中して発生している地域となっています。新車購入時は特に盗難されやすいので、BORDOでしっかり施錠しましょう。

 

CATEGORY

北欧メーカー HAMAX リアベビーシート「Caress」に新色が追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

北欧ならではエレガントなデザインと安全性で日本でも選ばれているhamax(ハマックス)のベビーシート。シンプルで流麗なフォルムのリアベビーシート「Caress(カレス)」に新色のグレーレッドが追加されました。

<新色 グレーレッド>
hamax  caress

<従来色>
hamax babyseat

 

このベビーシートは同社のフラッグシップモデルにあたり、リクライニング機能やブラケット錠など安全性や快適性だけでなくセキュリティにも配慮されたモデルです。

– –

| HAMAXのリアベビーシートのラインナップ

松 – Cress  ¥19,000  ← リクライニング機能付き
竹 – Zenith ¥14,000 ←
フォルムがきれい
梅 – Kiss  ¥11,800 ←
ベーシックタイプ

– –

 

 

また、リビルトパーツや傾斜角度を変更するキャリアバーなども常時日本国内にストックがあるため安心して使用できます。

hamax caress seatpad
▲ カレス用替えパッド (YBC07200) ¥3,500

 

自転車によって取り付けの出来ない車種もありますのでまずはご相談ください。
取り付け料は1620円、販売車は無料で取り付けいたします。

CATEGORY

振動センサーで自動点灯、キャットアイ「RAPID micro AUTO」テールライト

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

キャットアイから明るさの変化と振動によって自動で点灯するセンサー付テールライト「RAPID mirro AUTO」がリリースされました。

careye rapid

15ルーメンの2灯LEDライトで取り付けバンドで直径21.5~32.0mmのシート棒に使用が可能です。
充電式でマイクロUSBを使用し2.5時間の充電で6時間点灯します。点滅モードで最大35時間使用できます。
電池残量が少なくなるとバッテリーオートセーブ機能で発光パターンが自動的に点滅モードになる機能もついています。

careye rapid miro auto

振動を感知しないときは消灯するので、わざわざスイッチを押して作動させなくても自動で点灯しますし、消し忘れることもありません。
明るさを感知するセンサーもついていますのでトンネル走行時にもわざわざ作動させる必要もなくなる非常に便利なリアライトです。

careye rapid miro

サイズは52x20x32mmで重量は21g、
2017年4月で、本体価格3,900円です。

CATEGORY

2017年の台北サイクルショー最注目はTOPEAKのバイクパッキング用バッグ「LOADER」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

アジア最大級の自転車イベント台北サイクルショー
世界各地から多くの来場者を集め、今後の自転車業界のトレンドをうらなう重要なイベントとなっています。

その中で今年最も注目を集めていたのは地元台湾の自転車アクセサリーメーカーTOPEAKのブースでした。

topeak taipei

同社はポンプや工具などのサードパーティ的な自転車用品の製造で非常に評価が高いメーカーで、かゆいところに手が届いた製品を安価で数多くラインナップしています。

2017年リリースされる「LOADER」シリーズは北米を中心に流行の兆しがうかがえるバイクパッキングを体系化した新シリーズとなります。

topeak bikepacking

バイクパッキングとは、バイク(スポーツ自転車)+バックパック(アウトドア鞄)+ingを組み合わせた造語で、米国オレゴン州やアラスカなど、主にマウンテンバイクやファットバイクを使用しておこなうライトツーリングで、従来の日仏のツーリングの概念と大きく違う点は、金属製キャリアを使用せずに大型の高性能防水バッグを使用するといった点です。

topeak loader

このようなスタイルのツーリングはまだ始まったばかりで、使用するバッグ類もミシンひとつで製造されたカスタムメイドの製品しか選択肢がなく、商品は高価な上、直接的なオーダーが必要で、東アジアまで広く流通することはありませんでした。しかし、TOPEAKの「LOADER」シリーズの登場で状況は一気に変化を見せそうです。

topeak backloader
リアバッグ:最初に装備したいのはシートポストとサドルレールを使用し取り付ける大型サドルバッグ「backloader」です。サイズは6リットルと10リットルがあります。本体価格は6リットルが¥6600で、10リットル(2017年6月発売予定)が¥7700です。5kgくらいまでの重さの荷物を入れれるので、普段使用している鞄をそのままリアバッグに入れて使用することができます。
取り付けにはバッグ底とタイヤまでのクリアランスが10cmほど必要になります。

topeak toploader
トップチューブバッグ(右上):ステムとトップチューブでトップチューブ上に固定する小型バッグ「toploader」は、カメラやスマホ、菓子類などの携帯に便利。本体価格は¥3300。

フレームバッグ(中央):自転車の前三角用バッグ「midloader」は3リットルと4.5リットル用があり、基本的に重い荷物を収納します。自転車の形状によっては装着できなかったり、ボトルケージがつかなくなってしまうこともありますので注意が必要です。本体価格は3リットルが¥4400、4.5リットルが¥5500です。

 

topeak frontloader
ハンドルバーバッグ:ハンドルバーに荷物を装着すると操作性が大きく落ちてしまいます。寝袋や衣類など軽量でかさばるけれども、使用頻度の低いものを収納する「frontloader」は8リットルで画像のようにストラップを使用し荷物を保持することができます。本体価格は¥7700。

ママチャリの習慣で日本人はスポーツサイクルに「前カゴ」をすぐに装着したががるのですが、ハンドルバーバッグ以上に自転車の基本性能を損ないますので、バックローダーなどのリアバッグの使用を試し、それでも納得のいかないのでしたら、熟慮の後、最終手段として「前カゴ」は装着ください。

 

bikepacking

関係者に話を聞くと、インターバイク(米国のサイクルショー)では台北ショー以上にバイクパッキングが盛り上がりを見せていて、今後も雨後の竹の子のようにバッグメーカーが新商品をリリースしてくるのではないかと予想しているそうです。

本場の米国ではマウンテンバイクの楽しみ方の一つと考えられていますが、日本では近年マウンテンバイクの利用が減少してきていますので、グラベルロードやシクロクロス、クロスバイクなどを中心に流行するのではないかと考えられています。「バイクパッキング」という言葉自体も明確な定義があるわけではないバズワードなので、私は「ピストバイク」のように拡大解釈され、広がりをみせていくのではないかと思っています。

日本も暖かくなってきて、バイクパッキング上陸後はじめてのツーリングシーズンをむかえるわけで、どれほど日本で流行するか楽しみです。

CATEGORY

ポケットサイズのコンパクトなダイヤル式ケーブル錠ABUS「Combiflex」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ABUSからコンパクトで強い新型ケーブルロック「Combiflex」が発売になりました。

abus combiflex

ロールバック式の3桁のマイセットダイヤル錠で、1.6mmの細いワイヤーを最大1.6m伸ばして使用することができる簡易錠です。

 

abus combiflex  abus combiflex

重量が50gと軽量仕様の為、ポケットに入れてサッと使用することが可能です。
また、サドルやヘルメットなどの盗難防止の為のWロック用のセカンドキーとしても使用できますし、スノーボードやローラースケート、ベビーカーなどのセキュリティにも使用できそうなあると便利なロックです。

abus combiflex

本体価格は¥1,800
カラーはブラックのみです。

 

より高いセキュリティをお求めの方は
ワイヤーの太さ2.5mmで4桁ダイヤルの上位モデルは¥2,600となります。
abus combiflex2503

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月