サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: グリップ

べたつきにくい、シリコングリップはいかがでしょうか

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

夏になると使用している自転車のグリップが傷みやすくなります。春先から自転車の使用頻度が高まり、握り手の摩擦による消耗、紫外線や直射日光による劣化、雨による加水分解、ラバー製の合成ゴムグリップは、手垢や砂塵によりネバつき不快になってきます。

ネバつきの対策として従来から、合皮やスポンジ製のグリップは存在しますが、振動の吸収性がよく握りやすいハイテクノロジーなシリコン製のグリップを一度試してみてください。レースシーンでも採用している選手もいて軽量で滑りにくい素材です。

メンテナンスも特に不要で、簡単に洗うことができ、長く使用できます。
合成ゴムのグリップより少し価格は割高ですが、素材が柔らかいのでサイクリンググローブを使用しなくてもよくなるのではないでしょうか。

取り換え料もサービス中です。

 

握りやすく、劣化しにくいシリコングリップ 5選

 

 

adept siliconedot
【メーカー】ADEPT
【商品名】Silicone Dot
【本体価格】2000円
【製品特徴】ドットパターンのクローズエンドグリップ

 

 

 

guee vivi
【メーカー】guee
【商品名】VIVI comfort
【本体価格】2100円
【製品特徴】わずか85g、手のひら部分に厚みを持たせた偏心デザインのコンフォートグリップ

 

 

 

 

odi float
【メーカー】odi
【商品名】FLOAT
【本体価格】2100円
【製品特徴】独自のAIREコンパウンド(シリコン?)の米国製グリップ

 

 

 

 

bbb stickyfix
【メーカー】BBB
【商品名】STICKYFIX
【本体価格】2800円
【製品特徴】アルミ製クランプのロックオン式プレミアムグリップ

 

 

 

 

magic one
【メーカー】Magic One
【商品名】シリコングリップ
【本体価格】3000円
【製品特徴】グリップ径が29と31.5mmの2サイズラインナップされた偏心デザイングリップ

CATEGORY

革サドルとの相性抜群、クラシックテイストな「TARUGATA」グリップ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

時代に左右されない吟味された自転車パーツを作る徳島県のRINDOWからビンテージスタイルのグリップ「TARUGATA」が発売されました。

rindow classicgrip

ノスタルジックな味わいの樽型形状で握りやすいようにスリットが入った120mmの短めのグリップです。光沢のあるPVCは直射日光に強い素材で、ママチャリやクロスバイクなどのデコレーション最適です。

rindow tarugatagrip

カラーはブラウン,ブラック,グリーン,グレー,アイボリー,ダークブラウン6色展開。
本体価格は1900円(ペア)、取付料もサービス中です。

tarugata grip  rindow grip

rindow classic  agedgrip

 

暖かみのある手書き線画のパッケージのデザインでゆるーい感じが醸し出されていますが、実際は原材料から幾度とテストを重ね、金型を作成を繰り返し、ようやく商品化できたグリップだそうです。

rindow design

 

CATEGORY

ADEPT スポンジとアルミ合金のハイブリッドグリップ「EVAL」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからクッション性に優れたスポンジとアルミ合金の融合されたスタイリッシュなグリップ「EVAL GRIP」がリリースされました。

adept grip

ライディングの際に振動が直接振動が伝わる手の平にあたる外側に柔軟性や弾力性のあるEVAを使用、耐久性が高く手になじむ素材で、滑ったり手のひらに汚れが付着しにくいグリップにピッタリの素材です。

長時間のライディングでも衝撃が緩和されグローブなしでも快適に使用でき、グリップ交換しただけでバイクが高級車のようにスタイリッシュになります。

 

adept evalgrip

取り付けは六角レンチを使用するロックオンタイプで簡単に取り付けができます。スポンジグリップは劣化してくると固着力が低下し、動いてずれたり、回ったりしてしまうと欠点があったのですが「EVAL」は4本の六角ネジでしっかりと固定ができます。また従来品は端からいたみやすかったのですが、両側をアルミ製にすることで構造的に劣化しにくくなっています。

長さは128mm、一般的なスポーツグリップは130-135mmですので、やや短めです。また外径が33mmあるためやや太く感じます。
アルミ部分はつやけし加工で、シフトレバーを操作したりする人差し指と親指を乗せるため窪んでいます。エンドキャップも同じ素材で頑丈で抜け落ちにくくなっています。

現在グリップは安価なゴム製が多いのですが、最近はシリコンやEVAなどの開発が進んでいて快適で劣化しにくいハイテク素材が増えてきています。それほど高価なパーツでもないのでいたんできたら、少しこだわったグリップに変えてみてはいかがでしょうか。

 

adept evagripadept eval

カラーはブラックとシルバー、
アルミとスポンジの融合ですので重量もペアで110gと軽量です。

本体価格は2,300円
2017年2月発売です。

人差し指と親指で変速する自転車に乗っている方に特におすすめです。

CATEGORY

ビッグネームのコラボ、ERGON x BROOKS ダブルネームのグリップ「GP1 LEATHER」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

互いにグリップとサドルを製造しているライバルである2社の奇跡のコラボです。

研究室から生まれるハイテクノロジーサドル&グリップを得意とするERGON
1866年創業の英国老舗 本革サドル&グリップのブランドBROOKS

方向性が180°異なる両ブランドの共通点はといえば
機能的でマニアも納得する高い品質です。
そんな、2社のコラボで美しいグリップが生まれました。

ergon brooks grip

brooks gp1   ergon gp1

ERGONの解剖学的に最適な形状と言われているエルゴノミック形状の「GP1グリップ」をベジタブルタンニングレザーで優しくコートした価値あるグリップです。

手首の角度を適正に保ち長時間の走行でも不要な圧迫を緩和し手や腕の痛みや疲労を防ぎ、自転車との一体感を上げダイレクトにコントロールできるようになります。
ハイテクグリップが似合わなかったツーリング車にも自然になじむ本革製です。

長さは130mm
カラーはブラック,Aブラウン,ハニーの3色です。

非の打ちどころのない最高級のグリップですが問題は商品の納期がご予約より数ヶ月かかります。

本革の経年劣化をとことん楽しむもよし、コレクションとしてまとめて購入しておくもあり。
大量に購入してきれいに長期保存すればもしかしたら英国債より投資価値があるかもしれません。

CATEGORY

ERGON「GE 1」グリップに新色 レーザーレモン追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

何度か紹介している人気のERGONのグリップ「GE 1」に新色が追加されます。

ergon ge1

長時間激しいライディングでの手の疲労を最小限に抑えれくれるERGONのグリップにヴィヴィッドなレーザーレモンが追加されました。

ergon ge1  ergon ge1

これでカラーはビキニピンク , ブラック , グレー , ブルー , レッドとレーザーレモンの全6色。

ergon

 

<グリップの構造>
ergon GE1
①手の回転に逆らうように配置された素材によりグリップ力が向上。
②親指への圧力を分散する形状。
③グリップコアのへこみにより手のひらのあたる部分のクッション性を確保。
④グリップコアにカットを設け、小指側によ優れたクッション性を確保。

 

ergon ge1軽量でダイレクトな操作感を味わえる「GE 1 Slim」も同色でラインナップしています。

両タイプ本体価格は3800円、12月発売予定です。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月