サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: ライト

パナソニックミュージアムにいってきた  -幸之助が輪界に残した轍 -

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

松下幸之助歴史博物館に行ってきました。

matsuhita kounosuke

パナソニックミュージアム松下幸之助歴史館は、大手電機メーカーPanasonicが運営している企業博物館です。大阪・門真市所在し、無料で貴重な同社の歴史資料や創業者松下幸之助の足跡をたどることができる施設となっています。

panasonic

大阪市内からだと自転車で1時間ほど、京阪電車なら西三荘駅から歩いてすぐの場所にあります。
施設は1968年開設のようですが、改装されていて分かりやすく落ち着いた雰囲気になっています。

コロナで密になるを懸念していましたが
私が伺ったのは平日だったので、ほとんど来場者はいませんでした。

 

panasonic muse

 

松下幸之助は和歌山に生まれ、わずか9歳で大阪・心斎橋の八幡筋にあった宮田火鉢店に丁稚奉公に出されます。しかし、勤め始めて数ヶ月で火鉢店は廃業となり、幸之助少年は船場にあった五代自転車店で商売のいろはを叩き込まれることになります。

 

godai matsushita

 

23歳になった幸之助は、親戚縁者の井植歳男と共に電気器具の製作所を立ち上げ、事業を軌道に乗せます。井植は後に三洋電機を立ち上げ、良きライバルとなり共に大きな企業へと成長しています。

 

公園の水道水を飲んでも誰にも咎められない

 

幸之助は「産業人の使命は貧乏の克服である」とし、その為には物資の潤沢な供給により、消費者の手に安定的に良質なものを提供し豊かな社会を創造するべきだと考えます。この経営思想は「水道哲学」といわれ、以降の日本的経営の規範となっていきます。

話は逸れますがサイクルショップ203が「スポーツ自転車の大衆化」を標榜しているのも、この水道哲学が大きく影響しています。多くの人がスポーツ自転車を活用することで、豊かな自転車社会ができるのではないかという考えです。

 

panasonic light

 

元号が昭和に変わり、幸之助も32歳になったとき、少年期の丁稚時代の自転車店での思い出が蘇ってきます。

自転車用のコンパクトなランプを作り、これを国民の必需品にしようと商品名を「ナショナルランプ」と命名します。この商品が1年間に3万個のヒット商品となり「ナショナル」が電池式ライトの代名詞となります。

 

matsushita national

 

手持ち式だった「ナショナルランプ」は、ハンドルを両手で操舵できるように砲弾型にし、タイヤの上部に取り付けれるように砲弾型ヘッドライトとして実用新案を出願、30時間以上も使用し続けることができる電池式ライトは、従来のろうそく式や石油ランプを駆逐し、ナショナルの販売代理店は全国へとさらに拡大しています。

 

houdan light

 

その後、日本は大きな戦争を経験し、敗戦からの復興を目指します。
軍事産業であった三菱や片倉工業は、平和産業である自転車生産に転業、
自転車の大きな需要に商機をみた幸之助は、追随するように自転車の製造にとりかかります。

 

自分には自分に与えられたがある。
天与の尊いがある。

 

松下電器はすでに大きな企業となっていましたが、幸之助の自転車にかける情熱は特別なものがあったようです。1987年にはスポーツ自転車「POS」の生産を開始、軍事産業からの転換企業の撤退が相次ぐなかで、自転車は米国にも輸出され高く評価されます。

米国輸出するにあたって、Nationalの商標を変更せざるを得なかったためPanasonicという名称を使用します。この時、後に社名になるとは誰が予想したでしょうか。

 

panasonic electricbike

 

96年には家電製造で培った充電電池技術を生かし電動アシスト自転車「陽のあたる坂道」を発売。自転車は主婦層を中心に人気を博し「ママチャリ」という日本の独特の自転車文化が大発展していきます。ママチャリは日本人の土俗的な乗り物ようにも思えますが、1960年代半ばまでは不妊になると敬遠され、自転車は基本的に男性の乗り物で、世界的に見ても日本のように利用者の男女比が半々の国は稀な存在なのです。国内にて自転車が欧米の半値ほどで購入できるのも、ひょっとすると「水道哲学」の賜物なのかもしれません。

 

kounosuke matsushita

1989年「経営の神様」といわれた幸之助は、94歳でその生涯をとじます。

 

国民に明るい「道」を示したナショナルが「仏壇の灯」状態に

2001年にはPanasonicは電器部門の経営不振から傘下の自転車企業「宮田工業」を売却、08年には自転車タイヤ部門「パナレーサー」を中国企業に売却、自転車の製造も電動アシスト車に集中することでさらなる合理化をはかります。残念ながら、弊社との契約もこの時期をもって終了となりました。

自動掃除ロボットの開発技術力はあるが、
仏壇のろうそくが倒れて火事になるため商品化しない

私は家電業界のことはあまり詳しくありませんが、今もなおPanasonicが日本を代表するような超一流企業であることは間違いと思っています。ただ、もうナショナリストではありませんよとばかりにナショナルの看板を外し中国企業に事業を売却し目先の利益を得たり、祖業をないがしろにする姿勢は、聊かここでみたような翁の思いとは違うのではないかと思えてなりません。高い技術力を示したPanasonicが、自動掃除ロボットの開発に大きな遅れをとり、それがあたかも日本社会の問題であるといったこんな開発秘話は全く聞きたくはないものです。

kounosuke

CATEGORY

【令和最新版】knog USB充電式「Blinder Road」新しくなり復活

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

本ブログではもうおなじみの豪メルボルンのknogから前照灯が発売されます。

knog blinderroad

新商品ではなく以前にも発売されていた「Blinder Road」(ブラインダー・ロード)のバージョンアップ版で久しぶりの復活となります。400ルーメンのリチウムポリマー式の充電で、双眼のハイパワーLEDライトとなっています。左右のLEDは独立していて異なる性質もっており、ワイドかつ遠くまで視認できるような配置となっています。

knog blinder light

おなじみのケーブルなしで繰り返し充電ができる直差しタイプで、他のラインナップ同様の防滴仕様となっています。もちろん、取り付けも工具なしで簡単にハンドルバー等に装着できます。

販売価格は¥7800(+税)で
2020年11月下旬発売予定です。

 

また、ワンランク上の600ルーメン仕様も同時に発売され
こちらは¥8900(+税)となっています。

blinder road

 

 


 

件の事情で、自転車業界でも品不足の兆候がでてきています。本日時点のknogの店頭ストック状況は以下の様になっています。

 

ライト
blinder 6 11
blinder mini 7 0
plug 0 4
plugger 1 n/a
cobber 0 0
lil’ cobber 2 0
plus 5 3
PWR rider 0 n/a
PWR commuter 2 n/a
blinder road 11月 n/a
plus twin pack 3
blinder twin pack 7

 

 

 

ベル oi small large
silver 1 2
black 2 2
red n/a 2
copper 0 2
blue 1 1
lime 1 2
rasberry 2 4
ghost(透明) 1 3
luxe silver 1 0
luxe black 3 0
luxe brass 1 0

 

※店頭在庫は日々変化しますので、参考程度でお願いします。

CATEGORY

OGK MUNI カラビナ式テールライト「KARABINER LIGHT」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車のチャイルドシートでおなじみのOGK技研より、アクセサリーのようなカラビナ式のリアライトMUNI「KARABINER LIGHT」が発売されます。

muni karabiner

USBで充電して繰り返し使用できる尾灯で、2灯の赤色LEDが点滅します。
サドルのレールなどに工具なしで取り付けができ、内側のロゴ部分をタッチすると点滅します。

ogk karabinerlight

リチウムイオン充電池を使用していますが、連続点灯1時間とランニングタイムが短いため、反射板と併用して使用する方がいいかもしれません。充電は付属の専用マイクロUSBケーブルを使用し2時間ほどで充電できます。

ogk muni karabinerlight

カラーはグレー,ホワイト,ブルーホワイト,イエローホワイトの4色、
重量は28g、
価格は3300円です。

CATEGORY

自転車のワンポイントに、LEZYNEのNEO METALLICカラー

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

CNC切削の製品が人気のLEZYNEからブランドのイメージが変わるようなネオメタリックカラーのアイテムが発売されます。

 

lezyne noemetal

オイルスリックカラーと呼ばれている水面の油のようなグラデーションの新シリーズで、既存のCNCモデルに追加カラーとしてラインアップされます。

 

lezyne_classic_drive-neo
CLASSIC DRIVE 700XL   ¥8,700+税
昔ながらの単三電池が入っているかのような円筒型のUSB充電式の前照灯

 

lezyne_hecto_drive-neo
HECTO DRIVE 500XL    ¥5,880+税
ワイヤーなしで充電できるコンパクトな前照灯

 

 

 

lezyne y14_cnc-cage-neo
CNC CAGE   ¥3,980+税
米国で人気ナンバー1のCNCボトルケージ

 

 


 

 

是非、自転車のワンポイントに
目立ちたがり屋の大阪人にぴったりのカラーだと思います。

発売は2020年9月となります。
ご予約お待ちしています。

CATEGORY

knog USBチャージライト第三世代「the BLINDER」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

kongの「Blinder」ライトが新しくなりました。
前作「Blinder MOB」より明るさ2倍、最大光量1.5倍、重量も34gで、ライト全面がCOB LEDで覆われた新しい外観となり「the BLINDER」(ザ・ブラインダー)として発売されます。

knog blinder

コンパクトでシンプルなボディはリチウムポリマーバッテリーを採用、フロント200ルーメン,リア100ルーメンで、knogらしいユニークな発光パターンを含む、8つのモードが設定できます。

knog  blinder 2020

ケーブルなしで充電ができるUSB充電で、最大で2.5時間点灯、55時間点滅します。

knog the blinder

100%ウォータープルーフ、工具なしで簡単に取り付けできます。フロントはドロップハンドルにも使用可、リアはエアロ形状のシート棒にも取り付けが可能です。

 

knog  blinder  skall knog  blinder  x

knog  blinder  SQUAREknog  blinder  grid

種類はSKULL、X、SQUARE、GRIDの4種で、フロントは白色LED、リアは赤色LEDとなります。
本体価格は前後各4490円、前後セットは8680円です。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月