サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: ライト

暗くなると自動点灯するオートスイッチモード付ライトMOON「METEOR-X AUTO」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

MOONから暗くなると自動点灯するオートスイッチ機能付きの前照灯「METEOR-X AUTO」が発売されます。

moon meteor-x

88x30x34mmとコンパクトで450ルーメンの明るさ、生活防水で全7モードに切りかえができます。特にオート機能はトンネル走行などに便利です。USB充電式で常時点灯時間は10時間です。

usb cycle

ブラケットはゴムバンド式で22~35mm径のハンドルバーに対応、エアロ系ハンドルにも工具なしで装着が可能です。

重量は約85g、
本体価格は4300円で
2019年5月末発売です。

 

 

– – –

USBライト400~500ルーメン 人気モデル【価格比較】

① LEZYNE  「HECTODRIVE400」 ¥3990
② MOON「METEOR-X AUTO」¥4300 ←New
③ TOPEAK 「HEADLUX450」  ¥5400
④ GIANT 「RECON HL500」¥5500
⑤ knog 「PWR commuter」  ¥5800
⑥ KRYPTONITE 「STREET」 ¥5800
⑦ CATEYE  「VOLT400」   ¥8500

– – –

 

400~500ルーメンは前照灯としては標準的な明るさとなります。より明るいライトをお求めの方には650ルーメンのハイパワー版「METEOR-X AUTO PRO」も登場予定です。

CATEGORY

これぞヘッドライト、TOPEAK「Headlux」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

トピークからヘルメットにも装着可能なヘッドライト「Headlux」(ヘッドルクス)が3種類発売されました。

topeak hedlux

ラバーストラップが2種付属してて、ロードバイクなどに使用されるエアロ形状のハンドルやフロントフォークにも工具なしで装着ができるようになっています。

スタンダードモデル「Headlux 450 USB」は、リチウムイオン充電のUSBチャージライトで450ルーメン、67x47x27mmのアルミとエンジニアリングプラスチックのボディで73gです。付属のUSBケーブルを使用し2時間の充電で最大10時間使用できます。

 

topeak headlux

廉価版「Headlux 250 USB」もリチウムイオン充電タイプで明るさは250ルーメンとなっています。450 USBより少し小さめのポリマーボディで45gと軽量になっています。カラーもホワイトとブラックの2色展開です。

topeak cyclelight

 

単三電池タイプ「Headlux 150 AA」はプラスチックボディで電池を2本使用します(モニター電池付属)。大きさは75x51x33mmと上の2つよりひとまわりほど大きくなってしまいますが、最近では電池式ライトの新しい製品が、少なくなってきているので貴重な選択肢といえます。重量は45g(+単三電池2本)となります。

topeak hedlux aa

本体価格は
「Headlux 450 USB」¥5,400
「Headlux 250 USB」¥4,200
「Headlux 150 AA」¥3,000

ご使用目的にあわせてお選びください。

取り付け方が従来のライトと全く異なりますので不安な方はご相談ください。

CATEGORY

knog 330度の視認角を実現したカーブ形状のLEDライト「Cobber」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

本ブログでもおなじみのオーストラリアのknogからカーブ形状で330度の視認性を実現したミニマムデザインのLEDライト「Cobber」が発売されました。

knog cobber

空気抵抗を最小限に抑えたハンドルバーやシートポストに沿ったボディで工具なしで着脱可能になっています。同社のいままでの製品同様に100%防滴仕様のUSB充電式です。

 

knog cobber

タイプは前後、各3種類。

一番大きな「BIG COBBER」は最大470ルーメン(フロント用白色灯)の明るさで、重量は60g。乗車時にライダーの眩しさを防ぐEYESAVERモード付です。本体価格は少し高めの9980円。
明るさは同社の「PWR rider」450ルーメンと同程度になります。

スタンダードサイズの「MID COBBER」は350ルーメンの明るさで、重量は40g。同じくEYESAVERモードありで、本体価格は7980円。
前照灯として問題のない明るさです。

コンパクトサイズの「LIL’ COBBER」は110ルーメンで、25gと軽量。取り付けスペースの少ないドロップハンドルの自転車に向いています。本体価格は5940円で、EYESAVER機能ありです。

 

 

knog bigcobber
▲knog「BIG COBBER」¥9980

 

2019年3月中旬入荷予定となっています。

 

 

—————————

<Knog Cobberスペシャルサイト>
http://www.diatechproducts.com/special/knog_cobber/index.html

CATEGORY

サドルレールに取り付けるテールライトADEPT 「Mute RC」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからサドルのレールに取り付けるリアライト「Mute RC」が発売されました。

ADEPT MUTERC

CNC加工による形状と精細な表面仕上げにこだわったアルミボディの赤色LEDで、付属のUSBケーブルで2~3時間の充電で3時間点灯、18時間点滅する尾灯です。

ADEPT MUTE

マウントはライトは取り外すとGoProなどのアクションカメラに付け替えることができるようになっています。

usb light

重量は72g、
防水で本体価格は4500円。
カラーは4色展開です。

adept mute light

CATEGORY

最長950時間、SERFAS電池式ライト「STARTER 200」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

米カリフォルニアの自転車アクセサリーブランドSERFAS(サーファス)から新しい乾電池式前照灯「STARTER 200」が発売されます。

serfas starter

USB充電式が主流になりつつあるなかで「いまどき、電池式 ?」という声がきこえてきそうですが、電池式も進化しています。「STARTER 200」は38x94x32mmのボディで最大200ルーメンの明るさ、点灯・点滅など6モードの光り方でなんと最長950時間点滅します。

 

serfas starter

電池式は非常時にも懐中電灯代わりになりますし、長距離通勤やブルべなどにも予備電池への交換が可能で安心して使っていただけます。

重量は135g(バッテリー含む)で
本体価格は2,800円。

serfas starter

実は店で接客していると自転車灯は充電式ではなく慣れ親しんだ「電池派」という方が絶対数いらっしゃいます。最近では新商品が少なくなってきていますので「電池派」の方は是非。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月