サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: 小ネタ

バイクパッキングにオススメのグラベルバイク 5選【2018年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

昨年より日本でも盛り上がりを見せつつある自転車ツーリングの新スタイルのバイクパッキング。キャリアなしで、専用の大型バッグを使用する米国発祥のスタイルは「自転車ツーリングの革命」と言われています。

バイクパッキングは競技ではないためルールはなく、楽しみ方は人それぞれでマウンテンバイクだけでなくロードバイク,クロスバイク,パスハンターなど専用バッグさえつければその醍醐味を味わえます。
そんななか自転車雑誌編集者でサイクリストの田村浩さんは著書「バイクパッキング入門」にて、マウンテンバイクやランドナーとの比較の上、太めのタイヤを履いたグラベルロードの日本での適性を主張しています。

これらグラベルバイクは増産傾向にあり、当ブログでも昨年販売動向がよいと一度紹介していますが、まだまだ決定版となりえるレベルにはありません。しかしながら、各メーカーの専用車の開発は進んでおらず、当面の主役と期待されています。

 

| バイクパッキングにオススメのグラベルバイク 5選 【2018年版】

 

gios mito

【メーカー】gios
【商品名】mito
【本体価格】¥115,000
【重量】11.9kg
【カラー】ブルー/パープル/グリーン
【特徴】まさにお手本のようなクロモリ製のグラベルロード。駆動パーツにシマノSORA採用。

 

 

 

 

fuji feathercx

【メーカー】FUJI
【商品名】feather cx+
【本体価格】¥108,000
【重量】11.3kg
【カラー】ブラック/ブルーグレー/マッド
【特徴】仕様としてはgios「mito」に似ているが前ギアがトリプルではなくダブル。後ブレーキワイヤーがトップチューブ上側に取りまわされている。昨年、203で最も売れたグラベルバイク。

 

 

 

araya CXG

【メーカー】ARAYA
【商品名】MuddyFox CX Gravel
【本体価格】¥98,000 (2018年春発売予定)
【重量】13.4kg
【カラー】ブラック/イエロー
【特徴】日本のグラベルシーンに特化し、完成度が高いクロモリバイク。シマノClaris 16(2×8)速採用の普及モデル。

 

 

 

centurion crossfire

【メーカー】CENTURION
【商品名】Crossfire Gravel 2000
【本体価格】¥150,000
【カラー】マットサンド
【特徴】アルミ製フレームにシマノTiagraメインの20(2×10)速仕様。タイヤは700x40cと太めが標準装備。

 

 

 

 

giant anyroad3

【メーカー】GIANT
【商品名】anyroad 3
【本体価格】¥95,000
【重量】11.0kg
【カラー】マットダークブラウン
【特徴】ハイドロフォーミングのアルミ製フレームに3×8速ギア仕様。ヘッドチューブから後車軸にかけて弧を描くようなサイドからのシルエット。シマノClaris 24(3×8)速に、タイヤは700×32標準装備。

 


 

こちらも参考にしてください

バイクパッキングにオススメのサイクリング車【2017年版】

CATEGORY

中国 大手スポーツ自転車メーカー「Xds」が日本上陸

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

中国には工場敷地内にマウンテンバイクのテストコースを併設した超大規模のスポーツ自転車製造メーカーがある ― 目覚ましく発展し「中国のシリコンバレー」ともいわれる深セン郊外に800エーカーの面積を持ち、年間500万台の生産力で中国ジャイアントに次ぐ国内2位のメーカー「Xds」

1995年設立のXdsは世界各国のブランド車の下請け生産をおこないながら、原材料や加工技術の研究をおこないシリコンを用いたカーボンやハイドロフォーミング技術のアルミフレームなど高い技術が必要とされるフレーム生産を多くの人が手の届く価格で提供する最先端メーカーです。

 

xds bicycle

xds bike

 

 

中国国内では30の省に2000の専売店舗の販売網を持つ同社が、2018年3月、満を持して日本に上陸します。自転車産業に詳しい方は「スポーツ自転車は台湾、中国はママチャリ」とイメージされる方が多いと思いますが、近年ジャイアントなど多くの台湾メーカーも中国に生産拠点を移しスポーツ車生産の技術力が向上してきています。

Xdsの得意分野はハイドロフォーミングのアルミフレームで、中南大学アルミ合金研究所(←金属研究で有名らしい)というところの協力で硬いアルミニウム合金を発見。これにより20-30%軽量のフレームを量産化を実現しています。

 

 

xds cycle
▲ 2018年3月発売予定のクロスバイク XDS-T100   ¥43,000(予価)

 

xds t170a
▲ 2018年3月発売予定のロードバイク XDS-170A    ¥70,000(予価)

 

 

中国製に不安を感じる人もいるかと思いますが、日本の輸入自転車の96%が中国製です。日本にはハイドロフォーミング製法のアルミ製自転車を量産化する生産能力もありませんし、自転車のフレーム合金を開発してくれる大学もありません。いわんや敷地内にUCI標準のマウンテンバイクコースを持つ工場もありませんし、自転車工場で働きたいという若者もいません。フレーム製造において中国は日本のかなり先を行っていて、アルミ製フレームはその差が最も顕著だといえます。

数多くのブランド車が流通していますが日本のメーカーのアルミ製自転車の多くは中台に委託して製造したもので、Xdsのように製販が一体となったブランドは世界的にみても多くはありません。同社が日本でどのような展開を考えているのかまだよくわかりませんが今後注目していきたいと思います。

CATEGORY

自転車売上 - ブランド別・ジャンル別-【2017】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

サイクルショップ203で2017年に売れた自転車の集計をしました。
自転車のご購入をお考えの方は参考にしてみてください。

2018年もサイクルショップ203をよろしくお願いします。

 

 

<ブランド別売上台数ランキング>

1 tokyobike -
2 FUJI   -
3 GIANT  -
4 tern
5 GIOS

 

2018年は一昨年より取り扱いだしたternの販売台数が大幅に増加しました。同ブランドの5万円台のアルミ製クロスバイクやミニベロが人気で特にマットブラック色は品切れ状態が続きました。1位は昨年に続いてtokyobike、次いでFUJIです。FUJIはここ数年、販売単価も上がっています。3位はGIANT、御堂筋にあったGIANTの直営店がなくなってしまいましたが、特に大きな影響はありませんでした。GIOSはクロスバイク「ミストラル」が人気が集中しています。次点はルイガノです。

 

tokyobike 2017
▲tokyobike 「sport 9s」

 

 

<自転車販売の傾向>

クロスバイク 54%
ミニベロ 16%
ピストバイク 12%
ロードバイク 6%
その他 12%

 

サイクルショップ203では販売の約半数がクロスバイクとなっています。展示車もそれにあわせてクロスが多くなっています。バイクパッキングのブームの兆候がみえた年でしたが、まだ販売動向の全体に反映されるほどグラベルバイクは売れておらず、ブームは限定的なものでした。「その他」はグラベルやランドナーを含むツーリング車や子供用、クルーザー、マウンテンバイクなどです。弊社はいわゆるママチャリの取り扱いがなく、販売は基本的にスポーツ自転車(+ミニベロ)というラインナップになります。

 

 

 


 

 

 

10年前の人気ブランドは…

昨年と比較するのが普通かもしれませんが、大して変わり映えもしなかったので、10年前の2007年弊社のデータを調べてみました。ちなみに、この年の流行語は「どんだけぇ~」で、店はオープン3年目で北堀江に店舗があった時期です。

 

 

2007年ブランド別ランキング

1 LOUIS GARNEAU
2 tokyobike
3 DAHON
4 GIOS
5 RALEIGH

 

<自転車販売の傾向>(2007年)

クロスバイク 27%
ミニベロ 25%
スタッガ―ド 19%
マウンテンバイク 7%
BMX 6%
ピストバイク 5%
その他 11%

 

この頃はルイガノのミニベロ「MV1」やスタッガ―ド「TR2」が女性に人気でした。今と比べると太めのタイヤでドロヨケ付き車種が多く売れていた傾向にあります。マウンテンバイクやBMXの人気に陰りが見え始め、FUJI「TRACK」に代表されるピストバイクが登場してきたのもこの頃です。スタッガ―ドというのはトップチューブに傾斜がついたシティ車で、スポーツ自転車とママチャリの中間のような女性向けの車種です。最近めっきり売れなくなってしまったのはなぜなんでしょうか…

GIANTよりRALEIGHやDAHONが売れているのは意外でした。

staggrard
▲ tokyobikeのスタッガ―ド型自転車

CATEGORY

岸和田競輪を見に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

年末年始にかけて開催されたレース(平成29年度第10回岸和田市営競輪 ニッカン・コム杯争奪シャイニングドリーム賞 FⅠ第1日目)を観戦しに岸和田市春木の波切バンクこと「岸和田競輪場」に行ってきました。

kishiwada keirin

難波から南海本線(空港線)に乗りおよそ30分、競輪場がなければあまり使用する機会もない春木駅という駅で下車。ショッピングセンターの横を線路沿いに進み、地元小学生の描いた自転車の絵が壁面に飾られているエントランスを抜けると「CYCLEPIA STADIUM」という施設が見えてきます。

 

velopark

券売機で観戦料の50円を支払い入場するも観覧者はまばらです。どこに行っても人でごった返している大晦日ですが、対照的に寒々しい光景が広がります。競輪業界はグランプリシリーズが終われば、仕事納めという感じなのでしょうか。よくわかりませんがそれにしても寂しい状態です。

競輪は敗戦間もないの貧しい経済状態から一攫千金を夢見た人たちの射幸心をあおり多くのファンを獲得し地方自治体に恩恵をもたらしました。しかし近年は、娯楽やギャンブルの多様化により人気が低下していて、廃止する自治体もあるようです。

– –

chuukyou keirin
▲ 1957年の競輪の広告。一宮は2004年に売上減少を理由に開催廃止

– –

keirin gambling

観客はほとんど男性で、高齢化しています。
若い人や忙しい女性はインターネットで車券を買うということですかね…

 

namikiribank

岸和田競輪場は1951年に開設、400mのアスファルト製の屋外バンクでBMXコースが併設されているのが特徴です。五輪など国際大会のTRACKレースのKERINは250mのプリングルスの形をした木製走路の屋内競技ですので、全く別モノといっていいのかもしれません。

 

 

keirin start

鍛え上げられた肉体の選手はすべて静岡・伊豆の競輪学校を卒業したプロ選手で平均年収は1000万円以上、トップ選手になると2億円を超えます。現在約2700人の選手が登録されています。

namikiri kishiwada

スタートは一斉スタートで着順を競います。
鍛え上げられた選手でも全力疾走は400mも持たないため、ラスト1周の鐘が打ち鳴らされるまでは他の選手の位置取りを見ながらペダル回します。

keirin 2018

ゴール前では後方にいた選手も一気に追い込みます。
この時の最高時速は70kmを超え、格闘技のような激しい争いとなります。

最後尾にいたピンクの選手に注目していただくと分かりやすいと思います。

bmx osaka

この日はBMXコースは休業でした。BMX北京五輪代表の阪本章史さんが計画的に指導し、選手育成をしているそうです。東京五輪が楽しみですね。

 

CATEGORY

新しくなったshimano Claris 「R2000」搭載の自転車まとめ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2017年はシマノのロード用コンポネントClarisが一新され、各メーカーの2018年モデルに次々に投入されています。

shimano claris r2000

ロード用ベーシックコンポネントのSORAのもうワンランク下のグレードClarisが登場したのが2013年のことです。あれから5年目にして初めてのフルモデルチェンジとなり「2400」シリーズから「R2000」と改められます。

価格が安く基本性能が高いため、ロードバイクだけでなくフィットネスバイクやミニベロなど幅広い用途に使用される8速(リア)コンポネントです。

 

– – –

■shimanoのロードコンポーネントのグレード
[高] DURA ACE > ULTEGRA > 105 > Tiagra > SORA > Claris [低]

– – –

 

 

これから発売される「R2000」をまとめてみました。
R2000シリーズをフル装備している自転車はまだまだ多くはありませんが、低価格なのに快適でストレスフリーなライディングをサポートしてくれるロードの入門者向けコンポネントとなります。

 

■ Claris R2000の本体価格 (一部)
・ST-R2000 ディアルコントロールレバー左右セット ¥14,667
・SL-R2000 ラピッドファイヤープラス ¥6,710
・BL-R2000 ブレーキレバー左右セット ¥2,299
・BR-R2000 キャリパーブレーキ 前:¥2,796 /後:¥2,310
・RD-R2000 リアディレーラー ¥2,306
・FD-R2000  フロントディレーラー ¥2,013
・FC-R2000  クランクセット ¥8,085

 

 

 

| シマノ 新型 Claris 搭載の車種 2018

 

giant contend2
【メーカー】giant
【商品名】contend 2
【本体価格】¥80,000
【重量】9.9kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークのロードバイク

 

 

gios siera
【メーカー】gios
【商品名】siera
【本体価格】¥89,800
【重量】9.6kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークのロードバイク。車輪もシマノ製。

 

 

gios fenice
【メーカー】gios
【商品名】fenice
【本体価格】¥88,000
【重量】10.2kg
【カラー】ブルー
【特徴】しなやかな乗り心地のクロモリ製フレーム&フォークのロードバイク

 

miyata freedom r 2018
【メーカー】miyata
【商品名】freedom r
【本体価格】¥69,800
【カラー】ブラック/ブルー/ホワイト
【特徴】クロモリ製ロードバイク

 

 

 

 

fuji ballad r
【メーカー】fuji
【商品名】ballad r
【本体価格】¥92,000
【重量】10.8kg
【カラー】グリーン/ダークナイト/シャンパンゴールド
【特徴】クラシカルなクロモリ製ロードバイク

 

 

tern rip sand silver
【メーカー】tern
【商品名】rip
【本体価格】¥78,000
【重量】10.2kg
【カラー】マットサンドシルバー/マットブラック
【特徴】エアロ型アルミフレームのクロスバイク

 

 

raleigh-rfc
【メーカー】raleigh
【商品名】RFC radford classic
【本体価格】¥83,000
【重量】11.5kg
【カラー】ブルー/ホワイト/クラブグリーン
【特徴】クラシカルなクロモリ製クロスバイク

 

 

 

 

fuji roubaix aura
【メーカー】fuji
【商品名】roubaix aura
【本体価格】¥92,000
【重量】9.2kg
【カラー】マットブラック/ミッドナイトブルー
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークの軽量クロスバイク

 

gios cantare
【メーカー】gios
【商品名】cantare claris
【本体価格】¥72,000
【重量】9.7kg
【カラー】ブルー/ブラック
【特徴】アルミフレーム+フォークの軽量クロスバイク

 

 

gios ampio
【メーカー】gios
【商品名】ampio
【本体価格】¥79,800
【重量】9.7kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】人気のクロモリバイクampioも新クラリス仕様に

 

 

fuji herion r
【メーカー】fuji
【商品名】herion r
【本体価格】¥89,000
【重量】10.2kg
【カラー】シルバー/シャンパンゴールド/ブラック
【特徴】クロモリ製ミニベロ

 

gios antico
【メーカー】gios
【商品名】antico
【本体価格】¥83,000
【重量】10.4kg
【カラー】ブルー/ホワイト
【特徴】クラシックな胴抜きデザインにWレバーシフトのお洒落なミニベロ

 

raleigh RSP 2018
【メーカー】raleigh
【商品名】rsp
【本体価格】¥90,000
【重量】11.4kg
【カラー】ブラック/アイボリー
【特徴】太めのタイヤやドロヨケを装備した実用的なクロモリ製ミニベロ

 

 

tern surge
【メーカー】tern
【商品名】surge
【本体価格】¥89,000
【重量】10kg
【カラー】マットレッド/マットブラック
【特徴】エアロ型アルミフレームのミニベロ

 

louis garneau lgs-s9
【メーカー】louis ganeau
【商品名】lgs-s9
【本体価格】¥75,000
【重量】11.3kg
【カラー】ホワイト/ブラック
【特徴】20インチのアルミ製フレームのミニベロ。リア8ギアと変速機にClaris採用。


 

このページは新しい車種が発表され次第更新されます。(作成日 2017.09.28)
最終更新日 2017.12.23

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月