サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: 小ネタ

サドル窃盗5800個、怪盗 須田広昭(57)逮捕

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

前回の投稿で自転車の盗難についてしたためましたましたが、新たに驚嘆のニュースが舞い込んできました。

 

サドル窃盗疑い「収集楽しく」 男逮捕、25年で5800個か

大阪府東大阪市で自転車のサドルを盗んだとして、河内署は28日までに、窃盗の疑いで静岡県沼津市、トラック運転手須田広昭容疑者(57)を逮捕した。署によると「約25年前に仕事のストレス解消で東京や大阪で盗み始め、収集がだんだん楽しくなった」と容疑を認めており、署は須田容疑者が借りていた貸倉庫からサドル約5800個を押収した。

 署によると、これだけの量のサドルを押収するのは異例。大半は一つずつポリ袋に入れられて保管されていた。須田容疑者は各地をトラックで回りながら、都市圏を中心に、行く先々でサドル窃盗を繰り返していたとみられている(2020年2月28日 共同通信)

 

記事によると犯人の男は静岡県沼津市の57歳のトラックドライバーで、東大阪で自転車のサドルを盗み逮捕されました。自転車のサドルの盗難は割りと多く、須田のように犯行を繰り返すケースも珍しくありません。驚愕ポイントは、須田が30歳ころから四半世紀にわたり、5800個という膨大な量の自転車サドルを倉庫まで借り、行く先々から収集していたという異常性が格別である点です。

 

asahi 2020 2.29
朝日新聞 2020年2月29日 大阪 朝刊

 

須田以外にも、この10年内に男性容疑者が自転車サドルをターゲットとした犯罪が発生しています。

① 2013年4月 横浜 サドル盗事件 近藤丈司(35)
② 2019年10月 東京 大田区 サドル盗事件 羽鳥秋夫(61)
③ 2018年6月 長野県議 自転車サドル器物破損事件 生出光(28)

 

 

【ケース①】近藤 丈司 

女性の自転車のサドルを盗んだとして、神奈川県警山手署は24日、窃盗の疑いで、横浜市中区立野、無職、近藤丈司(じょうじ)容疑者(35)を逮捕した。

1月ごろから、女性が使っているとみられる自転車から革製のサドルだけを選んで盗みを重ねていたといい、同署は自宅からポリ袋に入ったサドル計200個(計120万円相当)を発見、押収した。(2013年8月25日 サイクリスト)


【ケース②】羽鳥 秋夫

自転車のサドルを盗んだとして、警視庁蒲田署は窃盗の疑いで、東京都大田区南六郷、アルバイト、羽鳥秋夫容疑者(61)を逮捕した。同署によると「去年の夏ごろにサドルを盗まれて買い直し、他人に同じ思いを味わわせてやろうと、腹いせに盗むようになった」と供述している。

自宅からサドル159個を押収。羽鳥容疑者が自転車の前かごに複数のサドルを入れて走行する姿が防犯カメラで確認されており裏付けを進めている (2019年10月3日 産経ニュース)

 

【ケース③】生出 光

長野地検は21日、器物損壊罪で元長野市議の生出光容疑者(28)=長野市伊勢宮=を起訴した。認否は明らかにしていない。起訴状によると、生出被告は1月30日午後11時50分ごろ、市内の住宅敷地に駐輪されていた自転車のサドルに体液を付けて汚し、損壊したとしている。器物損壊容疑で5日に逮捕されており、同7日に市議を辞職していた。一方、県警長野中央署は21日、強制わいせつの容疑で生出被告を再逮捕した。逮捕容疑は4月19日午後7時40分ごろ、市内の路上で、通行中の10代の女性の身体を触るなどしたとしている。関係者によると、生出容疑者は、いずれの事件についても、容疑を認めているという。(産経ニュース 2018年6月21日)

 

 

近藤・羽鳥の両氏と須田の犯行は、時期及びエリアが重なります。
須田は近藤・羽鳥と熾烈なサドル盗合戦を繰り広げていたということになります。

最も早く逮捕されたのは近藤ですが、須田は近藤がまだ小学生の頃の1990年代半ばから、25年間も捕まらず犯行を繰り返していました。逮捕時に発見されたサドルの個数は、近藤が200個、羽鳥が159個、須田が5800個です。須田の犯行はまさにけた違いで、単純計算で年232個、3日に1個のペースで収集していたことになります。

サドルの盗難対策としては、クイックレバー式のシートクランプをナット止め式のモノに変更する方法やサドルにロックを付けるといった方法が考えられます。

 

saddle lock
TIOGA「SADDLE KEEPER」

 

サドルが盗難にあう場合はだいたいシート棒も一緒に盗まれてしまいます。シート棒は乗っている車種によって、径の大きさの規格が異なるので厄介です。規格は0.2mm刻みで、1mmでも違うと全く合いません。もちろん目視ではサイズがわかりませんし、種類も多く、自転車店で測定しなくてはいけなくなりますのでお気を付けください。

 

 

CATEGORY

自転車を盗まれたくなければこの街に住め!【東京編】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

スポーツ自転車店をしていると、自転車の購入を検討している方が、「盗難が怖いから」という理由で、高額車の購入を断念するという場面に日々直面します。

 

日本で最も多い犯罪は自転車の盗難です。万引きやスリといった犯罪を大きく上回り、自転車盗の認知件数は24万件。しかも、そのほとんどは検挙されることはありません。対策としては屋内保管やハイセキュリティの自転車錠の使用などが考えられますが、盗難多発地域に自転車を駐輪しないというのも一つの方法です。

そこで、サイクルショップ203では、東京の人気住宅地(※)の犯罪統計を調査し、独自に数値化、自転車を盗難されやすい危険な地区と、自転車生活にふさわしい自転車の盗られにくい地区をランキング化しました。

春から東京で新生活をされる方は是非参考にしてみて下さい。

 

この人気住宅地にはアブナイ! 【自転車盗難危険度 ワースト10】

第1位 中野 (中野区中野1~6)
第2位 三鷹 (三鷹市下連雀1~9)
第3位 成城 (世田谷区成城1~9)

第4位 吉祥寺 (武蔵野市吉祥寺本町1~4)
第5位 高円寺 (杉並区高円寺南1~5)
第6位 中目黒 (目黒区上目黒1~5)
第6位 東京スカイツリー(墨田区押上1~3)
第8位 池袋 (豊島区東池袋1~5)
第9位 下北沢 (世田谷区北沢1~5)
第10位 大久保 (新宿区大久保1~3)

 

第1位はJR中央線の中野。特にサンプラザのある駅の北側の4、5丁目は、一般的な繁華街の10倍以上の危険性があり都内で最も危険なエリアである。駅の南側に駐輪すれば、危険度は半減するものの、それでも、平均値を大きく上回る危険度となります。また、中央線沿線では、高円寺・吉祥寺・三鷹も上位にランクされ、自転車利用者には、防犯への強い心構えが必要となります。くれぐれも、ご注意ください。

 

 

 

サイクルショップ203オススメ!自転車盗難安全度 ベスト5エリア

 

第1位 台場 (港区台場1,2および江東区青海1~4)

第2位 東京ミッドタウン (港区六本木1,赤坂9)

第3位 上大崎 (品川区上大崎1~4)

第4位 松濤 (渋谷区松濤1~2)

第5位 新宿 (新宿区新宿1~2,5)

 

tokyo kamiosaki
▲ 上大崎付近、坂が多く自転車はあまり利用されていない

 

 

多発エリアに比べ都心の中心に位置し、マンションやオフィスビルが地区は自転車盗が少ない傾向にあるようです。上大崎はJR目黒駅があり、人が集中しやすい環境にある中、ほとんど自転車盗は発生していません。実際に行ってみると、路上に止めてある自転車も少なく、盗もうにも、自転車がほとんど放置されていませんでした。

大崎小路駅にある自転車店「STYLE-B」さんは「この辺りは、子育て世代が住みやすいまち。坂道が多く電動アシスト自転車の販売が多い」と傾向をおしえていただきました。

電動アシスト車は、充電バッテリーがなければ、充電できないので、盗難にあいにくいという特徴があります。

tokyo cycleshop
▲ 品川区の自転車店「STYLE B」

 

最後に、東京に行ったついでに、毎年大阪で私がおこなっているスポーツ自転車の利用状況のローラー調査を行いました。調査エリアとサンプル数が少ないので、多少偏りがあるかもしれませんが…ご参考ください。

 

自転車 人気ブランドランキング 東京中心部

調査エリア:港・品川・渋谷・新宿・文京・台東区

第1位(2) GIANT  ジャイアント

第2位(1) LOUIS GARNEAU  ルイガノ

第3位(13) CANNONDALE キャノンデール

第4位(3) FUJI  フジ

第5位(7) GIOS ジオス
(カッコ内は2019年の大阪市内中心部の順位)


 

※ 「AERA」朝日新聞社 2012.8.27

CATEGORY

トーキョーバイクの直営店「Tokyobike Shop&Rentals 谷中」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

tokyobikeから新しいミニベロ「CALIN」(カラン)が発売されます。
2月21日から予約開始で、納品は3月中旬になります。

先立って、都内で展示会が開催されたので、その帰りに、谷中の「Tokyobike Shop & Rentals」に行ってきました。

tokyobike yanaka

このお店は、都内に4店舗あるトーキョーバイクの直営店のうちのひとつで、自転車の販売だけでなく自転車部品や雑貨も販売していて、楽しい自転車生活を提案するショップになっています。

 

tokyobike shop

古い酒屋をリノベーションした店内は、明るく自転車販売店とは思えないおしゃれな空間になっています。

 

tokyobike moonstar

トーキョーバイクの自転車に最適なMOONSTARのスニーカー。シンプルで飽きのこないつくりは、トーキョーバイクの自転車と共通する部分があるのかもしれません。

 

tokyobike knog

サイクルショップ203でも人気のknog「Oi」や、本ブログでも先月紹介したMUNIのベルも展示。トーキョーバイクの完成車は基本的にベルが付属していないので、必須アイテムです。

 

tokyobikeshop little

子供用自転車もキックバイクの「PADDLE」、幼児用の「LITTLE」、身長115cmから使用できる小学生向けの「TOKYOBIKE jr.」と3タイプを展示。

 

tokyobike rentals

 

レンタルサイクルもできます。

 


 

 

Tokyobike Shop&Rentals 谷中

住所:東京都台東区谷中4-2-39
電話:03-5809-0980
営業時間: 平日 12:00〜18:00/土日祝 11:00〜18:00

 

 

CATEGORY

自転車文化センター「働く自転車展」を見てきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

東京・目黒の自転車文化センターで開催中の「働く自転車展」を見てきました。

workingbike

自転車文化センターは財団法人日本自転車普及協会が運営する総合施設で、希少な自転車や関連文献の管理や研究をおこなっています。定期的にテーマ展示をおこなっていて、一般の人も自由に展示車や資料を閲覧することができます。

bicycleculturecenter

2019年12月18日から「働く自転車展」と題して、所蔵されている自転車が数台展示されてました。様々な業種により多目的に利用される自転車をその時代背景を交え、パネルで分かりやすく解説されていました。

work cycle

写真を撮ってきましたので、展示車の一部を紹介いたします。

 

 

① 荷物運搬用三輪自転車
workingcycle
荷物運搬の為の三輪自転車は明治から大正期にかけて業務用として利用された。大正中期以降はリヤカーが登場し、ハンドルの前に荷を置くタイプは衰退していく。

 

 

 

②RALEIGH 「オール・スチール・バイシクル」raleigh 1965
1888年にフランク・ボーデンがイングランドのノッティンガムの自転車工房を買い取りRALEIGHを設立。ハンドルを動かしても、バスケットがふら付かない設計で、現在でもヨーロッパの移動商店として街角で見られる。

 

 

③ 警視庁警官用自転車police bike
主に駐在所や交番にパトロールや警察活動の移動手段として使用されている自転車の最新モデル。市販のママチャリに近いが、両フォークサイドに「停止用指示棒入れ」など警察官用の特別仕様となっている。

 

 

④ 郵便配達用自転車postman cycle
実用車をベースにハンドル幅を広くとるなど郵便物や小包を運搬しやすいようにカスタマイズされている。昭和63年製の展示車は、フレーム・キャリア・チェーンケース・ドロヨケがシンボルカラーの赤色に塗装されている。

 

 

⑤ 安藤自転車「威力号」storyteller bike
戦後まもない1950年代の大ヒット車。当時の典型的な荷物を運ぶ自転車として、子供たちの食べるお菓子や紙芝居の道具を乗せた箱を乗せ移動した。車重は30kg以上、荷台に50kgほどの荷物を載せて運ぶことができる。

 

 

 

⑥ ロバートホーニング「車いす付き自転車」roberthhoning
1989年、ドイツ製の車いす付き自転車。スピードを上げても安定走行が可能で、介助用品というよりサイクリングを楽しむというレジャー用品にみえる。

 

 

⑦Nihola「Cigar Family」nihola
デンマークのママチャリ(?)。日本のように自転車が進化したのではなく、荷物運搬用台車やベビーカーの変形。運転にしにくく、値段も高額。大きすぎて日本では道路交通法違反になるため、歩道を走行できません。

 

 


 

 

自転車文化センター

  • 〒141-0021 東京都品川区上大崎3-3-1 自転車総合ビル1F
  • Tel. 03-4334-7953
  • [開館時間] 9:30〜17:00(最終入館16:45)
  • [定 休 日] 月曜日(祭日の場合は翌平日)・年末年始
  • [入 館 料] 無料

 


 

偶然にも、現在配布中のフリーマガジン「CYCLE」no.44が同じような特集をして、あわせて読むと面白いのではないかと思います。

freepapar cycle

同紙は、11年前にも「はたらく自転車」の特集をしていて、この先10年は、「カーゴバイク」が定番化しそうであるとしています。また、2016年に上陸した「Uber EATS」が、東京や大阪など全国7都市で展開され拡大していることから、特に「運ぶ」というキーワードに注目しているようです。

 

<冬号の特集>

21世紀のはたらく自転車

● 手書きマップをつくろう!
● レポート「必ず行きたい自転車銭湯」千鳥温泉
● 七つの渡し船を巡るポタリング
● 遠のり近のり 和歌山県 有田

バックナンバーも無料配布しています。
ご用命ください。

no40 あり
no41 あり
no42 あり
no43 あり

CATEGORY

第5回サイクルパーツ合同展示会に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

東京・浅草で開催された「第5回 サイクルパーツ合同展示会」に行ってきました。

kaminarimon

1月21日(火)・22日(水)の2日間、会場は浅草寺のすぐ近くにある東京都立産業貿易センター・台東館の4~7階の4フロアに分かれ開催されました。国内メーカーの新商品発表や商談ができる業界向けイベントです。一般の方は入場できないため、より交渉など深い話がなされます。

asakusa bilding

昨年も本ブログでの様子を紹介いたしましたが、2020年は過去最大の203社400ブランドが出展、来場者数も2日間合計で2130人という過去最多となったようです。私は今回が3回目の訪問で、22日(水)に3時間ほどという短い時間ですが、新しい製品を見てきました。

panasonic cycle

有名国内ブランドのPanasonicは、ダイナモ式ライトと電池式前照灯を展示。充電式のライトは開発中とのこと。リチウムバッテリーや照明の評判の高い同社ではありますが、そのテクノロジーが自転車部門に転用されることはないそうです。

shimano grx

ギアやブレーキなどコンポネントのブランドとして圧倒的な技術力を持つSHIMANOは、以前にも本ブログで紹介したグラベルロード用の「GRX」を展示。レーシングではない新しい自転車の価値観を創造するメカになっています。

 

ogk muni

ベビーシートでおなじみのOGK技研は、新しいサイクル用品ブランド「MUNI」(ムニ)を展示。得意の樹脂加工技術を生かしたライトや自転車スタンドなどデザイン性の高い製品ラインアップ。

muc off

輸入品に目を向けると、英国のバイククリーナーブランドMac-Offが上陸。1991年、環境に優しく、且つ洗浄効果に優れ、自転車の繊細な塗装や部品に損傷を与えないクリーナーの開発を目指し、界面活性剤技術の研究しているそうです。

 

birzman

自転車工具のブランドBirzmanは、バイクパッキングブームにのりバッグ類を豊富に展示。工具よりバッグの方が売れるかもね。

guee bartape

GUEEはバリエーション豊富なバーテープを展示。

abus helmet

自転車錠のABUSはヘルメットを精力的に展示していました。

 

2021年も1月26日(火)と27日(水)の2日間、開催されることが決まっているようです。
今回のブログで紹介した商品も、サイクルショップ203の店に並ぶ日が来るかもしれません。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月