サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

CATEGORY: 小ネタ

暑くなる時期までに欲しいボトルケージのオススメ5選

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車に乗るとのどが渇きます。
特に暑くなるこれからの時期は、こまめな水分の摂取が必須となってきます。いつでも喉の渇きを潤せるように自転車に専用のボトルゲージをつけると取り出しも簡単で手軽に補給できるようになります。

オススメのボトルゲージを紹介いたします。

 

 

スポーツ自転車用ボトルゲージ 5選

 

 

minoura duracage
【メーカー】MINOURA
【商品名】AB-100-4.5 DURA CAGE
【本体価格】926円
【製品特徴】軽量(38g)で丈夫なジュラルミンを採用した国産レースボトルケージ。定番中の定番です。

 

 

 

zefal vintage
【メーカー】Zéfal
【商品名】Vintage
【本体価格】1650円
【製品特徴】クラシカルなクロームメッキされたスチール製ボトルケージ。ボトルとの接触部にレザーが縫い付けられ雰囲気が演出されている。

 

 

 

 

topeak modulacage2
【メーカー】TOPEAK
【商品名】MODULA CAGEⅡ
【本体価格】1180円
【製品特徴】台湾の自転車部品大手TOPEAKのベストセラーに新しく黒色が登場。ケージ部分が自由にスライドし63~74mm径のボトルにフィット。当店でも人気No1です。

 

 

 

guee d-cage
【メーカー】guee
【商品名】D-CAGE
【本体価格】1400円
【製品特徴】ペットボトルとレースボトル兼用のグラスファイバー製ケージ。ペットボトルを逆さにしてキャップ側を下方向に入れると固定できる仕組みになっている。

 

 

 

giant flexway
【メーカー】GIANT
【商品名】FLEXWAY
【本体価格】750円
【製品特徴】サイズ調整機能付きの強化プラスチックケージ。ハンドルバーにも装着可能、ボトル台座のない自転車やコンビニコーヒーのカップホルダーとして使用できる。

 

 

取り付けも無料ですので、本格的に暑くなる前に是非ご検討ください。

CATEGORY

ビンテージ自転車&部品のスワップミート「シクロジャンブル2019・春」にいってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

国内最大級のヴィンテージ自転車やパーツのスワップミート「シクロジャンブル」に行ってきました

cyclojumble2019

シクロジャンブルは大阪北部・豊中市の服部緑地公園で年2回春と秋に開催される中古自転車と部品のフリーマーケットで、2019年春は5月19日(日)に開催されました。最寄り駅は北大阪急行「緑地公園駅」で、地下鉄御堂筋線を利用すると大阪中心部や新大阪駅からも交通アクセスがよく多くの自転車マニアが遠方からも集まります。

osaka park

会場は緑地公園駅から公園内を歩くこと15分の「古民家集落広場」という多目的広場で行われます。開催時間は朝9時からとなっているようですが、なるべく早めに行った方が掘り出しモノを見つけれるかもしれません。

kominka hiroba

出店は誰でも可能で自転車パーツコレクターから自転車関係業者など約40ブース、自転車パーツが多く、貴重なビンテージパーツから不用品まで様々な自転車関連の品々が売買されています。

cycleparts freemarket

ダンボール箱やビニールシートの上には古き良き昭和時代の自転車部品並べられています。値札の付いていないモノや使い方の分からないモノも多く、めぼしい品があれば出店者に声を掛けて交渉する方式です。自転車や部品などの購入をお考えなら、手さげ袋、小銭、メジャー、ノギスなどは持参した方がいいかもしれません。

used cycle

「FOR SALE 9800円 値引可」コンパクトでかわいい黄色い小径車。どこのメーカーの自転車なんだろうか、うーん、欲しいなぁ。

vintage cycletool

結局、自転車は買わず、使いやすそうな工具があったのでそちらをひとつ購入。
「えーっと、その工具は…200円(適当)」
多くの出店者は利益を目的としているのではなく、雰囲気を楽しみに参加している交流会のような様子です。
ちなみに工具は「1000円」の札がかかっていました。

cyclefreemarket

次回は11月頃開催だと思います。
気になる方は、公式のフェイスブックがあるみたいですので、そちらでチェックをしてみてください。

CATEGORY

チェーン式自転車誕生から140年、1/8と3/32規格が広く普及

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

しばらく投稿しないうちに時代が平成から令和になってしまいました。
令和元年、おめでとうございます。

令和元年、西暦2019年はチェーンドライブ式自転車が誕生してちょうど140年になります。現在では一般的な前ギアと後ギアを使用する後輪駆動のチェーン式自転車は、1879年に英国人のローソンが発明しました。これにより自転車の速度や安定性が向上し、以前までの前輪が大きなダルマ型自転車は消滅してしまいました。

この140年間、ベルト式やシャフトドライブなど様々な駆動方法が生まれましたが、自転車の駆動方法はチェーンドライブにまさるものはないように思います。オリンピックやツール・ド・フランスなどの参加車はすべてチェンドライブであり、耐久性やメンテナンス性、重量、生産コストなどを総合的に考えても、令和時代も引き続き自転車の駆動方法はチェーン式となるのは間違いないでしょう。

izumi plated

チェーンはリア変速の数や規格で厚みや種類が変わります。2019年4月に大阪市内で使用されている自転車288台を調べたところ、変速なし自転車や内装式変速に使用される1/8(レギュラーチェーン)と呼ばれる規格のチェーンの使用率が52.8%と最も高く、ついでリア6~8速ギア用の3/32(ナローチェーン)が44.8%でした。ロードバイクなどに使用される多段用の薄歯のスーパーナローやニュースーパーナローチェーンは合算しても2.4%にとどまり、メーカーの開発意欲がユーザーにあまり伝わっていないことがわかります。

 

大阪の自転車チェーンの使用規格
1/8チェーン
  52.8%
3/32チェーン 44.8%
その他の規格 2.4%

 

調査車両の約半数の48.6%の自転車には変速がなく、変速機付の自転車は内装・外装式問わず100%シマノの変速機を使用していました。またフロント変速がついている自転車は全体の9.3%となり、高低差の少ない大阪を如実にあらわす調査結果となりました。


大阪の自転車のリア変速数
変速なし
 48.6%(※)
外装6速 28.8%
外装7速  8.3%
外装8速 7.6%
内装3速 4.2%(※)
その他 2.4%

※は1/8チェーンを使用

 

国内で多く流通している自転車チェーンはシマノ・和泉チェン・KMCの3社です。他にも製造メーカーはありますが、当店ではこの3社の製品しか在庫していません。
和泉チェンは米国代表とパートナー契約をしている大正5年創業の大阪・阪南市の専業メーカーです。日本製で当ブログの水没実験でも高い防錆性を確認しました。
KMCは台湾No1の専業メーカーで意欲的に新しい製品の開発に取り組んでいる企業です。ミッシングリンクやスナップオンクリップといったメンテナンス性にチェーンジョイントを採用しています。

 

■1/8チェーン
シマノ CN-NX10 (チェーンピン式)  ¥986
和泉 410NP (スプリングクリップ式) ¥1500~2000
KMC  S1  (スナップオンクリップ式) ¥1700

■3/32チェーン
シマノ CN-HG71 (チェーンピン式)  ¥2625
和泉 410C NP  (チェーンピン式) ¥1970
KMC  Z8.3 (ミッシングリンク式) ¥1980

価格は2019年5月5日時点の売価 (税抜き)

 

spring-clip
▲スプリングクリップ式チェーンジョイント
チェーンにこだわりのある方は交換の際、ご指定下さい。
ご指定のない場合、なるべく同じメーカーのチェーンで交換します。
交換工賃は1000円です。

CATEGORY

初心者の方にオススメの「U-10万円ロードバイク」7選【2019年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

東京五輪も翌年にひかえ盛り上がりを見せるロードバイク。
男子ロードバイクは大会初日の11時に東京都西部の調布市をスタートし、富士山を望む自動車サーキット「富士スピードウエイ」ゴールにコースも決まり、代表の選考も始まっています。

観戦するのも楽しみですが、乗ってみるとロードバイクの見方も変わるかもしれません。選手がレース使用するレーシングタイプは非常に高価で本体価格も100万円を超えます。カーボン製で超軽量、剛性が高く高速走行が可能です。一般的に初心者用は20万円くらいが相場とされていると思いますが、10万円以下でも買えるロードバイクを選んでみました。

 

 

| 初心者の方にオススメの「U-10万円ロードバイク」7選

 

 

giant contend 1【メーカー】GIANT
【商品名】CONTEND 1
【本体価格】¥98,000
【重量】9.8kg(500mm)
【フレーム】アルミ (+カーボンフォーク)
【ドライブトレイン】シマノ SORA(2×9速)
【カラー】ブルー/マットチャコール
【オススメ度】120%
【特徴】2017からラインナップされ「U-10万ロード」の決定版モデル。弟分のシマノClaris仕様の「contend 2」とあわせて圧倒的なコストパフォーマンス。

 

 

 

gios siera 2019【メーカー】GIOS
【商品名】SIERA
【本体価格】¥89,800
【重量】9.6kg
【フレーム】アルミ (+カーボンフォーク)
【ドライブトレイン】シマノ Claris (2×8速)
【カラー】ブラック/ホワイト/ブルー
【オススメ度】90%
【特徴】ホイールにシマノWH-R501採用。デザイン性など安定感と総合力が高いバランス型。

 

 

 

felt fr60【メーカー】FELT
【商品名】FR60
【本体価格】¥89,800
【フレーム】アルミ (+カーボンフォーク)
【ドライブトレイン】シマノ Claris (2×8速)
【カラー】レッド/マットチャコール(日本限定カラー)
【オススメ度】90
【特徴】30年以上フレームパイプの研究をつづけた「アルミの魔術師」ジム・フェルトの置き土産。トラクションを30%も向上し、タイヤが路面を確実に捉えパワーを推進力に変える独自の「FRテクノロジー」フレーム採用。

 

 

miyata freedom r
【メーカー】MIYATA
【商品名】freedom r
【本体価格】¥69,800
【重量】12.3kg
【フレーム】クロモリ
【ドライブトレイン】シマノ Claris (2×8速)
【カラー】ブルー/ブラック/ホワイト
【オススメ度】80%
【特徴】シマノClaris(2×8速)採用車では国内流通で最安値のロードバイク。クロモリ製ホリゾンタル型フレームのシルエットも美しい。

 

 

 

fuji  ballad r 2019【メーカー】FUJI
【商品名】ballad r
【本体価格】¥92,000
【重量】10.8kg
【フレーム】クロモリ
【ドライブトレイン】シマノ Claris (2×8速)
【カラー】グリーン/ダークシルバー
【オススメ度】80%
【特徴】6サイズ展開で小柄な女性から長身の方まで乗れるノスタルジックなクロモリ製ロードバイク。Sugino製5アームのクランクやスレッドステムでクラシカルな雰囲気。

 

 

raleigh crt
【メーカー】RALEIGH
【商品名】CRT Carlton-T
【本体価格】¥92,000
【重量】11.1kg
【フレーム】クロモリ
【ドライブトレイン】シマノ Claris (2×8速)
【カラー】ブルー/ブラック
【オススメ度】80%
【特徴】CRR > CRF > CRAとラインナップされているラレーのカールトンシリーズにU-10万の「CRT」が追加。ハイエンドの製作思想を継承したエントリーモデル。

 

 

 

basso gap1977【メーカー】BASSO
【商品名】GAP 1977
【本体価格】¥98,000
【重量】10.2kg
【フレーム】クロモリ
【ドライブトレイン】シマノ Claris (2×8速)
【カラー】ブラック/ホワイト
【オススメ度】50%
【特徴】1977年デザインのクロモリロード。Wレバーシフトにシマノの旧型Claris採用。

 


 

 

10万円以下だと駆動部品がほぼシマノClaris(2×8速)で、フレームはアルミか鉄(クロモリ)製となります。
他にも種類はいろいろとあると思いますが、リア8速以上でなければロードバイクとは言えないと思います。上の7台で気に入ったモデルがなければ、もう少し予算を上げると選択肢が増えます。

初心者の方はGIANTやMIYATAというメーカーにあまりなじみがなく「ブランドものでなくていい」と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。上の7つのメーカーは付加価値を付けたブランド品ではなく、スニーカーで例えるならNIKEやミズノといったコモディティです。ママチャリと比べると高価かもしれませんがこれ以上の低価格のロードバイクは望めるものではなく、スケールメリットのない小さなメーカーが同程度のパーツでロードバイクを組むと、むしろ割高になってしまいます。

CATEGORY

自転車博物館 特別展示「アメリカ自転車展」をみてきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車部品メーカーシマノが篤志で運営している自転車博物館 サイクルセンターで開催されている「アメリカ自転車展」を見に行ってきました。イタリア(2017)→フランス(2018)ときて今年はアメリカです。

 

american cycles

 

アメリカン自転車展 展示車
① クレセント 「女性用自転車」1903年
② チリオン「木製自転車」1910年
③ シュウイン「ライトウエイト」1970年
④ シュウイン「コットンピッカー」1970年
⑤ シュウイン「パラマウント」1972年
⑥ サイドバイサイド1975年
⑦ シュウイン「クルーザー サーカ」1978年
⑧ ブリーザー「マウンテンバイク」1978年
⑨ スペシャライズド「スタンプジャンパー」1981年
⑩ トレック「ロードバイク USポスタル」2003年
⑪ フリーエージェント「BMX」2008年

【常設車】トレック「ツール・ド・フランス準優勝車」2011年
【常設車】ハフィー「ジロ・デ・イタリア優勝車」1988年

 

 


展示車の一部を紹介いたします。

 

① クレセント
・米国では1880年代から女性が自転車に乗る機会が増加。チェーンケースやドレスガードなど日本のママチャリに似た仕様の女性用自転車。

clesent

clesent cycle  crecent cycle

 

 

 

④ シュウイン 「コットンピッカー」
・1960年代、米国の子供の間で「ハイライザー」ハンドルブームが起き、バナナサドル・スティックシフターを備えたシュウインの自転車が増産された。

schwinn cottonpicker

schwinn stingray  schwinn cottonpicker 1970

 

 

 

⑦ シュウイン「クルーザー サーカ」
・世界に類を見ないアメリカらしいクルーザータイプの自転車。
schwinn curseir  schwinn curseir 1978

 

 

 

⑧ ブリーザー「マウンテンバイク」
・世界で最初のマウンテンバイク。カリフォルニアでジョー・ブリーズによって10台製作されたうちの1台が展示されている
breezer   joe breeze

 

 

 

⑨スペシャライズド「スタンプジャンパー」
・世界初の大量生産のマウンテンバイク。日本製。
specialized stumpjumper  specialized stumpjumper

 

 

【常設展示車】トレック ツール・ド・フランス準優勝車
・2011年米国のチーム所属のアンディ・シュレックがマイヨ・ジョーヌを獲得
trek AndySchlec

 

 

 

【常設展示車】ジロ・デ・イタリア 優勝車
・1988年 米国人のアンディ・ハンプステン選手が使用したモデル

hufffy bike

 

 

特別展は、2019年12月末まで開催されます。

 


 

|| 自転車博物館 サイクルセンター

bikemuse001

住所:大阪府堺市堺区大仙中町165-6 大仙公園内
運営:財団法人 シマノサイクル開発センター
アクセス:JR百舌鳥駅 徒歩10分
営業:10:00-16:30 (月曜閉館)
料金:一般 200円 (団体・学生・障がい者・高齢者割引有)

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月