サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

注目される沖美穂さんの論文、「股ズレ」の原因のひとつはサドル

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

Yahoo!ニュースで元自転車競技選手の沖美穂さんの研究がトップ記事になっていました。

 

沖さんは女子ロードレースの選手第一人者で、三大会連続で五輪に出場、記事によると現在は伊豆の競輪学校で指導員として勤務する傍ら、順天堂大学大学院で自転車に関する研究をしているそうです。研究のテーマはなんと「股ズレ」。自身の経験を活かし、女性選手の深刻な実態を調査・研究し、修士論文にまとめたそうです。

 

「股ズレ」は股の内側などに生じる皮膚や粘膜の異常や障害で、レーサーパンツと呼ばれる専用ウエアや自転車のサドルとの摩擦などで起きる。腫れて痛みが出たり、ひどい時には陰部がただれたりする。選手が相談をためらうこともあり医師にもあまり知られておらず、国内では本格的な研究もされてこなかった。
(毎日新聞 3月5日)

 

スピードスケートから22歳で自転車競技に転向した沖さんは「股ズレ」に悩み婦人科を受診、男性医師から「こんなの見たことない」と驚かれショックを受けたそうです。論文ではガールズケイリンの選手100人を対象にアンケートを実施し、8割が「股ズレ」の悩みを抱えており、うち49人が再発を重ねるなど今まで明らかにされてこなかった実情を報告。背景には男性指導者への講習や選手教育の不足、そしてサドルにも問題があり障害を軽減する製品の開発をすべきだと提言されています。

医者にかかる程の「股ズレ」はないにしても、一般のサイクリストにも同じような悩みを抱えてる女性もいるのではないでしょうか。新製品の開発といっても、国内の自転車サドルの製造は加島サドル製作所の1社のみ。日本には高い技術力と研究開発力をもった企業が多くありますが新規参入企業は全くありません。私見ですが、この「股ズレ」問題は日本人の研究力と最先端の技術力を集結すれば解決できる問題だと思います。加島社がいくらものづくりに長けていても1社でできることは限られています。

論文はまだ一般には公開されていませんが、自転車業界に一石を投じる研究であり、これをきっかけに多くの企業が製品研究・製造に参入し、日本から世界を驚かせる製品が誕生して欲しいと思います。

 

誤解がないように付け加えますと、論文の出ているような「股ズレ」は食事も自転車の上でとるような1日数時間・十数日も続けてレーシングタイプの自転車に乗り続ける選手を対象にした調査です。一般のサイクリストは、サドル交換やポジション調整で改善しますので、ぜひご相談ください。

 

参考までに、女性向けサドルを紹介しておきます。

 

 

 これで股ズレ改善!女性向けサドル 5選

 

 

ergon saddle
【メーカー】ERGON
【商品名】SR Sport Gel (バーテープ付)
【本体価格】¥11,000+税
【特徴】サドル前方に圧力がかかりやすい女性の骨盤にあわせた設計

 

 

 

liv contact saddle
【メーカー】Liv
【商品名】CONTACT SL FORWARRD
【本体価格】¥10,000+税
【特徴】高反発・高弾性の自由に流動する粒子で圧力を分散

 

 

 

 

 

 

adept motive W
【メーカー】ADEPT
【商品名】MOTIVE W
【本体価格】¥4,800+税
【特徴】ショートノーズで着座位置が決まりやすくペダリングしやすい

 

 

 

 

dixna saddle
【メーカー】ディズナ
【商品名】アキレス レディース
【本体価格】¥3,800+税
【特徴】サドル中心部への圧迫を避けた女性専用設計

 

 

 

 

tioga undercover
【メーカー】TIOGA
【商品名】UNDERCOVER Hers
【本体価格】¥8,500+税
【特徴】衝撃が加わりやすい部分のパッドは厚めに設計

 

 

CATEGORY

TOPEAK「RideCase」にiPhone Xs MaxとXR用登場

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

サイクリストの必需品として定番化してきたTOPEAKのスマホマウント「RideCase」に「iPhone Xs Max」と「XR」対応モデルが追加になりました。

ridecase xs

機能としては従来品の「iPhone X」用と同じでワイヤレス充電に対応したエンジニアリングポリマー+アルミボディで、特に目新しい点はありません。

ridecase xr

 

iPhone用対応のノーマル仕様「RideCase」の現行は種類も増えて全10種です。
大きさやカメラの形状がことなりますので、対応モデルをお選びください。

① iPhone Xs Max対応モデル ←New
iPhone XR対応モデルNew
③ iPhone X / Xs対応モデル
④ iPhone 8/7/6/6S対応モデル
⑤ iPhone 8Plus/7Plus/6Plus/6SPlus対応モデル
⑥ iPhone 7対応モデル
⑦ iPhone 7Plus対応モデル
⑧ iPhone 6対応モデル
⑨ iPhone 6Plus対応モデル
⑩ iPhone 5/5S/SE対応モデル

topeak ridecase

重量はXsMax用ケースは43g、XR用ケースは32g。
本体&マウントセット価格は5500円、ケースのみは3500円です。

自転車に乗らない方にも、高強度のケースとしておススメです。
対応モデルや取り付け方法が分からない方はご相談ください。

CATEGORY

knog 330度の視認角を実現したカーブ形状のLEDライト「Cobber」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

本ブログでもおなじみのオーストラリアのknogからカーブ形状で330度の視認性を実現したミニマムデザインのLEDライト「Cobber」が発売されました。

knog cobber

空気抵抗を最小限に抑えたハンドルバーやシートポストに沿ったボディで工具なしで着脱可能になっています。同社のいままでの製品同様に100%防滴仕様のUSB充電式です。

 

knog cobber

タイプは前後、各3種類。

一番大きな「BIG COBBER」は最大470ルーメン(フロント用白色灯)の明るさで、重量は60g。乗車時にライダーの眩しさを防ぐEYESAVERモード付です。本体価格は少し高めの9980円。
明るさは同社の「PWR rider」450ルーメンと同程度になります。

スタンダードサイズの「MID COBBER」は350ルーメンの明るさで、重量は40g。同じくEYESAVERモードありで、本体価格は7980円。
前照灯として問題のない明るさです。

コンパクトサイズの「LIL’ COBBER」は110ルーメンで、25gと軽量。取り付けスペースの少ないドロップハンドルの自転車に向いています。本体価格は5940円で、EYESAVER機能ありです。

 

 

knog bigcobber
▲knog「BIG COBBER」¥9980

 

2019年3月中旬入荷予定となっています。

 

 

—————————

<Knog Cobberスペシャルサイト>
http://www.diatechproducts.com/special/knog_cobber/index.html

CATEGORY

乗って楽しい!ミニベロロード 7選 【2019年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

小径車輪なのにロードバイクのようにドロップハンドルが装備されたミニベロを最近「ミニベロロード」と呼ぶそうです。20インチの451(20×1-1/8)規格の車輪径が主戦場となっていて、各メーカーから色々なタイプが発売されています。

実用的で乗って楽しい「ミニベロロード」を7台ご紹介いたします。
店頭にはあまり展示していないのですが、メーカー在庫があれば数日でご用意できますので、ご参考ください。

 

 

| ドロップハンドルの小径車「ミニベロロード」7選

 

① fuji   helion rfuji herion

【メーカー】fuji
【商品名】helion r
【本体価格】¥89,000
【フレーム】クロモリ
【重量】10.2kg
【サイズ】S,M,L
【カラー】マットブラック,シルバー,ミント
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
自転車の理想形、クロモリ製ホリゾンタル型フレームを採用したお手本のようなミニベロロード。シマノClaris 2×8速は、最低限のロード性能を備えたトランスミッション。

 

 

 

 

② louis garneau   easel advanced 1lgs easel-advanced1

【メーカー】louis garneau
【商品名】easel advanced 1
【本体価格】¥85,000
【フレーム】クロモリ
【重量】10.7kg
【サイズ】S,M,L
【カラー】ゴールド,ホワイト
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】カンチ

<製品の特長>
カンチブレーキに泥ロケを装備したツーリングテイストのミニベロロード。コスパも高く、日常使用にもオススメ。

 

 

 

 

 ③ gios   felucagios feluca

【メーカー】gios
【商品名】feluca
【本体価格】¥85,000
【フレーム】クロモリ
【重量】10.7kg
【サイズ】S,M
【カラー】ブラック,ホワイト,ブルー
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
王道スタイルのクロモリホリゾンタルのミニベロロード。GIOSは同車以外にも「panto」「antico」などスポーツ小径のラインナップが豊富。

 

 

 

 

 ④ giant  idiom 0giant idiom0

【メーカー】giant
【商品名】idiom 0
【本体価格】¥135,000
【フレーム】アルミ
【重量】9.0kg
【対象身長】155-180cm
【カラー】マットブラック
【変速】20(2×10)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
同社のロードバイクにも採用されている上級グレードのアルミフレームにカーボン製フォークを採用。ミニベロながらロード並みの高速走行が体感できるハイグレードモデル。

 

 

 

⑤ tern  surgetern surge

【メーカー】tern
【商品名】surge
【本体価格】¥92,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.0kg
【サイズ】S,M
【カラー】マットブラック,ミッドナイト
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
エアロシェイプされたアルミフレームが都会的な印象のミニベロロード。フレームに穴がありワイヤーが内装されよりシンプルになっている。

 

 

 

⑥ bruno  venturabruno ventura

【メーカー】bruno
【商品名】ventura
【本体価格】¥126,000
【フレーム】クロモリ
【重量】9.9kg
【対象身長】155-180cm
【カラー】マットブラック,マットモス
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】カンチ

<製品の特長>
フレームにコロンバス社製のパイプを使用。弓なりにしなったシートステイや3本構成のトップチューブ、パウダーコーティング塗装などフレームにとことんこだわっている。BROOKSサドルやシフトレバーがWレバー式など個性がでている。

 

 

⑦ raleigh   RSC Carltonraleigh RSC

 

【メーカー】raleigh
【商品名】RSC Carlton
【本体価格】¥162,000
【フレーム】クロモリ
【重量】9.7kg
【サイズ】S,M
【カラー】キャニオンレッド,スチールグレー
【変速】22(2×11)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
レイノルズ社製フレームパイプにカーボンフォーク採用。シマノ最新メカ2×11速ドライブの最高峰のミニベロロード。

CATEGORY

私が選ぶ、ベスト自転車本 【2018年】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

本ブログでも今まで数冊自転車関連の書籍を紹介してきましたが、これから私が個人的に読んで面白かった推薦書を毎年一冊、ベスト自転車本として紹介していきたいと思います。

仕事がら自転車関連の書籍は読むことが多く、雑誌や論文、小説を含めて年間数十冊読んでいることになります。カタログ類も本とみなすなら100冊は超えていることでしょう。全部の本、全部の記事を事細かに暗記するように読んでいる訳ではありませんが、発行書籍に目を通し日々変化する自転車のあり方を考察し店舗運営に反映することは非常に重要だと考えています。

2018年最も印象に残った1冊

あくまで個人的な意見で、個人的なベストです。売り上げランキングではありません、まして文学的価値などは評価する能力をもちあわせていません。おもしろかった、読んでよかった、その年らしい新しい一冊。この辺りを判断材料に前年読んだ中から一冊選んでいきたいと思います。

 

私が選ぶ、ベスト自転車本 2018
一青妙 著「環島 ぐるっと台湾一周の旅」

kantou hitototae
「環島」ぐるっと台湾一周の旅
著者  一青 妙(ひとと たえ)
東洋経済新報社発行

– –

著者はミュージシャン一青窈さんの姉で、女優・歯科医の一青妙さん。
一青さんは台湾人の父と日本人の母との間に生まれ幼少期を台湾で過ごし、エッセイストとしても活躍されていて、台湾関連の著書も数冊出版されています。

2017年末に出版された「環島 ぐるっと台湾一周の旅」は、著者が2016年に8泊9日かけて自転車で台湾を一周した環島体験を中心に台湾の歴史や文化などを紹介する日本で初めての「環島」(ホアンダオ)をテーマに書かれた本です。

 

 台湾を自転車で一周する「環島」

台湾では2007年に聴覚障害者の青年が自転車で島を一周するドキュメンタリー風の台湾映画「練習曲」が上映され、国内で「環島」という言葉が注目をあびるようになります。

そして映画を見た当時73歳のGIANT創業者である劉金標が映画の主人公のように台湾を環島し、その様子がテレビや新聞で大々的報道されると、環島は一気に盛り上がり以降は成人を迎える若者の「儀式」となるほど浸透しているようです。

スペイン・オランダ・清朝に支配され、1895年の日清戦争後の下関条約で日本に割譲された歴史を持つ台湾。民主化が進むにつれ「台湾人である」という感情が高まる台湾社会。

著者は旅を終え同じ場所に再び立ったとき、旅の中で自分の何かが触発され見える景色が変わったといっています。

同著は9日間の旅行記や各観光地、グルメの紹介を中心に、簡単な自転車旅行の装備や現地エピソードが分かりやすく綴られていて、手引書とし手順に従えば、サイクリングの経験が浅い人でもツアーに参加できるように構成されています。また、鉄道やバスを利用した環島や日本の四国、佐渡、屋久島一周など発展的な提案もなされていて、単なる体験記の枠を超え非常に参考になる内容となっていました。

私は仕事で数回台湾を訪れたことはあり、現地の知人も多くいて、それなりに詳しいつもりでしたが、台湾のまた違った魅力が紹介されていて自分が知っている台湾など極々一部にすぎないのだと感じました。一青妙さんについても、歌手・一青窈さんの姉という程度しか知りませんでしたが、意外と活動的に自転車のイベントに参加されているようで今後も注目です。

 


 

 

■ あわせて読みたい書籍

 

 

taiwan cycling
「美麗島・台湾 自転車紀行」神谷昌秀 (ブイツーソリューション 2018)

 

korea cycle
「韓国 反日街道をゆく」前川仁之 (小学館 2016)

 

giant book
「銀輪の巨人」野島剛 (東洋経済 2012)

 

bikepacking taiwan
「バイクパッキングBOOK」北澤 肯 (山と渓谷社 2017)

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月