サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

birzman バイクパッキング用の新シリーズ「packman」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

BIRZMANから森林の雰囲気を醸し出すモスグリーンのナイロン素材を使用したバイクパッキングバッグシリーズ「PACKMAN」が発売されました。

birzman bikepack

撥水・耐摩耗素材を使用した自転車バッグシリーズ「PACKMAN」は、アウトドアスタイルに溶け込むカラーリングで自転車との相性もよくセットで揃えたくなるシリーズとなっています。

birzman packman
▲PACKMAN Travel Saddle Pack  (6ℓ)  ¥8,800
大型サドルバッグはストラップ固定式で大容量

 

birzman packmanbag
▲PACKMAN Handlebar Pack  (9.5ℓ)  ¥9,000
ロールアップタイプのハンドルバーバッグはテントやシュラフなどの収納が可能

 

birzman toptubebag

▲PACKMAN Travel Top Tube Pack  (0.8ℓ)  ¥3,800
コンパクトなトップチューブバッグはスマホや携帯食に最適

 

 

birzman packmanframebag

▲PACKMAN Travel Frame Pack Planet (3ℓ)  ¥5,800
中型のフレームバッグは日常使いにもオススメ

 

birzman bikepacking

▲PACKMAN Travel Frame Pack Satelite (2.5ℓ)  ¥4,800
長期自転車旅には前三角下側にこのバッグを追加

 

 

 

 

 

birzman bottlepack

▲PACKMAN Travel Bottle Pack  (500-750mlボトル用)  ¥1,900
チョークバッグスタイルのボトルバッグ

CATEGORY

天然木製の底板を備えたポーターラック GAMOH「KCL-4F」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

丈夫な中空スチール製のフレームに天然木製の底板を備えた大型フロントキャリアGAMOH「KCL-4F」が発売されました。

gamoh kcl4f

26″~700c用のL290xW430の大型のフロントラックで、好評の「KCL-3F」をベースに3枚の天然板が底板になっています。

 

gamoh kcl3fgamoh minoura
▲ 発売中の「KCL-3F」

 

gamoh kingcarrier

 

付属のブラケットと取り付けネジで取付け、最大18kgの荷物を運搬できます。
ピストバイクなどをカスタムし、「UBER eats」の配送など軽荷物の運搬に使用できます。

重量は1.7kgで
本体価格は11,111円です。

CATEGORY

MKS グラスファイバープラボディペダル「GRAFIGHT-XX」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

MKS 三ヶ島製作所から1982年に発売され、BMX・モトクロスユーザーに絶大な人気を得た「GRAFIGHT-X」ペダルの復刻版「GRAFIGHT-XX(ダブルエックス)」が発売されました。

mks GRAFIGHT-XX1

グラスファイバープラスチックボディにより、高い耐久性とグリップ力を実現。3種の異なる形状の21個の突起とペダル中心に向かってわずかに凹状になっているコンケーブ形状で踏み込みやすい設計になっています。

mikashima GRAFIGHT-XX

 

 

踏面のサイズW102xL87で、両面踏みになっています。
重量は左右ペアで440gとなっています。

BMXやマウンテンバイクだけでなくクロスバイクや電動アシスト車にも最適です。

mks pedal

mks bmx

 

本体価格は4500円、
2018年7月発売です。
取付料もサービスいたします。

CATEGORY

自転車ライフを提案するブティック「TOKYO WHEELS」が本町に移転

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

南船場にあった「TOKYO WHEEL」が本町に移転し、リニューアルイベントがあったので行ってきました。

tokyowheels

南船場の農林会館にあった時より増床し、明るく誰でも入店しやすい雰囲気のお店になっています。
自動車交通量の多いの本町通り沿いにあり、ビジネスマンが仕事帰りによりやすい立地です。

tokyowheels osaka

このお店は自転車自体は一切販売せず、ウエアやバッグ,自転車アクセサリーに特化していて、修理もおこなっていません。カジュアルウエアからレーシングジャージまで、自転車マニアだけでなく自転車に乗らない人も日常生活で使用できそうなアイテム類がそろっています。

cyclingwear

欧州の自転車ウエアメーカー「assos」を併設、そのほかクロップドパンツや高機能ウエアなどアパレルが充実しています。

cyclingbag

自転車通勤に便利なバックパックやおしゃれな革製品等も販売、品揃えが豊富で自転車生活に詳しいスタッフに相談しながら最適なアイテムが選べます。

cyclegoods

大阪店以外には東京に2店舗とオンラインショップも運営されています。大阪店のあるこの場所は、以前はゴルフ用品店があったらしく、日本人の余暇の過ごし方が時代により変化している様子がうかがえます。

tokyowheels maco

レセプションには自転車関連のメーカーやショップ、マスコミの方がたくさんいました。

tokyowheels staff

日本は自転車は生活必需品として広く普及している反面、その多くはいわゆるママチャリでしかも低廉化しています。スポーツサイクルを楽しむ人も少しづつ増えていますが、より良い自転車生活を実現していくためには、このようなお店の必要性を強く感じました。

CATEGORY

大阪北部地震で実家周辺が被災、被害状況をみにいってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

6月18日朝に発生した大阪北部を震源とした地震の被害にあわれた方には心からお見舞いも仕上げます。
私のところにも多くのメールやお電話頂戴しましたが、幸いなことに被害はほとんどありませんでした。

しかしながら、私が生まれ育った箕面では阪神大震災の時以上の被害が出ているらしく、地震発生から2日後の20日に実家周辺の様子をみるため帰省しました。

帰途の電車はダイヤは大きく乱れていましたが、住宅街は比較的平穏で日常を取り戻していました。私の実家は箕面市の南東部の吹田と茨木市の境界付近にあり、私の実家を含め周辺には古い木造住宅も多く存在します。

osaka earthquake

近所の住宅をみると、塀が落ちたり、瓦屋根がずれたりしていています。
この地区は阪神大震災の時は震度4、そして今回の地震はそれを上回る震度6弱を記録しました。私の実家もそうですが、修繕した家が再び被害にあったということになります。

実家は壁という壁に亀裂が入り、ガラスは割れ、床もやや傾いている感じがしました。定期的にスマホから警告音が鳴り、母親は憔悴していました。

minoo earthquake

周辺は完全に倒壊している棟は見当たりませんでしたが、屋根がブルーシートで覆う作業をしたり、自動車がパンクをしてタイヤ交換をしている人もいました。

 

osaka quake

 

最も被害が目立ったのは近所の神社で、石灯篭や鳥居が無残にも崩れていました。

temple quake

5m程あった鳥居は石柱が中ほどでポキンと折れ倒壊、阪神の時に再建したものだったと思います。

 

temple earthquake

階段の両端に10基ほどあった燈篭もすべて崩壊していて、揺れの大きさを物語っています。

 

toyokawaminami

母校の箕面市立豊川南小は休校、被害は特になさそうでした。今回の地震では高槻市の小学校の生徒がプールの外壁の下敷きとなりました。神社の燈篭もそうですが、石積みの構造物はしっかりしているようで案外もろく、地震の際は要注意だと感じました。

 

cake shop

昨日まで断水があり、ケーキ店は休業していました。
一方、コインランドリーには大勢の客がいて、地震の影響を感じます。

cleaning

 

サイクルショップ 野々口商会さんは休業されているようでした。

nonoguchishoukai

軒先の天井が落ちてしまっています。

nonoguchishoukai

 

地元スーパーは営業はしているものの、まだ商品は完全にはそろっていない状態でした。

kansaisupermarket

特にカップラーメンが品薄です。

ramen osakaquqke

 

エレベーターも止まっていました。

elevator

家族はケガもなく全員無事で安心しましたが、まだ余震が続いていますので、さらなる被害が出ないことを祈っています。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月