サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

オーストリアの新素材自転車チューブ「tubolito」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

オーストリアのウイーンで開発された超軽量のインナーチューブ「tubolito」(チューボリート)が日本に上陸ました。

tubolito

独自に開発された革新的なハイテク素材を使用し、通常のラバー製チューブと比較して約1/3の重量、約2倍の耐突き刺し強度・耐パンク性を実現しています。

cycletube

オレンジが印象的で魚肉ソーセージの包装みたいですが、手で触れた感触としてはもう少し硬く海水浴に使う浮き輪ような素材です。製造方法や素材は今のところ公開されてはいません。一体どういう素材なのでしょうか…気になります。

当ブログは2015年から始めていますが、チューブについての投稿は今回が初めてとなります。おそらく自転車チューブの開発というのは他の製品に比べ難しく、革新的な製品が出にくいんだと思います。

ラインナップはフレンチバルブのみで700c、26インチ、27.5インチ、29インチがあり、バルブ長は42mm。700cのみ60mmのロングバルブが用意されています。

 

light weight tube

 

重量は700×18~28cで40gです。
極限まで薄くした0.15mmチューブは23gですが、ディスクブレーキ専用で、リムブレーキには使用できません。

注意点としては、通常のパンク修理はできず、専用の補修パッチを使用しなければならない点です。

本体価格は4300円と驚くような値段ですが、自転車の最大の敵、パンクが半減するなら高くはないかもしれません。(個人的には高いと思う)

CATEGORY

クロスバイクにスタンドはありか、なしか

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

数グラムでも軽くしたいスポーツ自転車には、基本的にスタンドは付属していません。しかし、街行くロードバイクやクロスバイクにはスタンドがついている自転車も多く利用されています。完成車販売状態からスタンドがついている車種もありますがこれは例外的な存在で、基本的には後付けとなり、高級車になればなるほどスタンドは付属しなくなり、取り付けもしなくなります。

ママチャリが老若男女に広く利用されている日本の自転車文化においては、スタンドはあって当然、海外のメーカーや自転車文化が異常と映るかもしれませんが、自転車は西洋人が発明し、西洋人が発展させグローバルスタンダードになっています。アジア最大の自転車見本市の台北(台湾)サイクルショーですら、ママチャリは1台もありません。スタンドは別売が一般的です。

 

クロスバイクの4台に3台がスタンドあり 

レース用であるロードバイクやピストバイクにスタンドをつけるのは全くナンセンスだと思いますが、生活用に開発されたクロスバイクには当店でも多くの方がスタンドをつけています。

推奨している訳ではないのですが、販売車の直近の100台をみると、22%はスタンドが付属しているクロスバイクを購入し、54%がオプションでスタンドをつけられています。
つまり、76%の方がクロスバイクにスタンドをつけているということになります。

スタンドをなしは、3割にも満たない少数派ということになります。

 

 

cyclestand
㊤サイドキックスタンド
㊦センタースタンド

 

 

スタンドの種類はセンター型とサイドキック型に大別できます。
完成車状態で付属していない自転車は、どのようなスタンドにするのかを選択できるという考え方もできます。最近は下ブリッヂがセンタースタンドを取付けやすい形状になっていたり、専用スタンドが発売されているものもありますので、わかりにくい方はご相談ください。

スタンドは1500~3000円ほどで取付料も無料です。
付けるかどうか迷ったときは、とりあえず「スタンドなし」で使用してみることをオススメしています。

 

– – –

 

よく売れている代表的なクロスバイクのみ下に記してますのでご参考ください。

 

主なクロスバイクのスタンド

GIANT ESCAPE R3    専用(サイドキック型)別売
GIANT ESCAPE RX3  専用別売
GIANT CROSTAR     専用別売
GIANT  GRAVIER  専用別売

Liv GRAMME  専用別売

FUJI RAIZ  別売(センター型推奨)
FUJI BALLAD 別売(サイドキック型推奨)

GIOS MISTRAL 別売(サイドキック型推奨)
GIOS AMPIO 別売(サイドキック型推奨)
GIOS CANTARE 別売(サイドキック型推奨)

LOUIS GARNEAU  SETTER  別売(サイドキック型推奨)
LOUIS GARNEAU   MULTIWAY  サイドキック型付属
LOUIS GAREAU  CITYROAM  サイドキック型付属

RALEIGH  RFL-S  別売 (センター型推奨)
RALEIGH  CLB  サイドキック型付属

Tern CLUTCH 別売(センター型推奨)
Tern RIP 別売(サイドキック型推奨)

tokyobike 26  センター型付属
tokyobike sport 9s  専用(センター型)別売

RITEWAY SHEPHERD  センター型付属
RITEWAY  STYLES  センター型付属

ARAYA CX  原則取付できません

CATEGORY

鍵や小物を収納できるフレームパッドADEPT「X Frame Pad」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからトップチューブにベルクロで装着できるフレームパッド「X Frame Pad」が発売されます。

xframepad

バンドワイヤー付きの14X17.5cmのナイロン素材のフレームパッドで、軽量でポケット内に小物類を収納することができます。トップチューブの取り付け周囲は10~14cmです。

adept xframepad

ベルクロなので簡単に着脱が可能で、非常に便利です。
ハンドルバーやブレーキレバー先が、トップチューブに接触してしまう構造の自転車はフレーム保護になります。スタンドがない自転車も、フレームにキズが入りやすいのでおススメです。

 

framepad

カラーはブラックとネイビーの2色
重量は35gです。

本体価格は1500円と安いので、アイデア次第では自転車以外にも活用できそうです。

 

CATEGORY

みんな、どこのメーカーの自転車を乗ってるの?【人気ブランドランキング2019】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大阪にはおよそ600万台の自転車があります。これは東京都に次いで多く、一世帯あたりの保有数も滋賀県に次いで2位と、全国でも非常に自転車が活用されている地域です。
府民としてあまり自覚はないかもしれませんが、「自転車のまち」を標榜する他の都道府県を、数値的には大きく上回り、先進的な欧州の自治体と比べても全く引けを取らない水準です。

英エコノミスト「世界住みやすいランキング2018」で世界第3位。
大阪は文化・環境・交通が、世界から非常に高く評価され、ライフスタイルが注目を浴びています。

サイクルショップ203では、2004年の開業以来長期にわたり、大阪の中心部で自転車がどのように活用されているのかを調査・研究をしています。本年も2か月にわたり、中央・西区にて使用されている自転車(電動アシスト車、メーカー不明の車両、子供車を除く)をローラー調査し、使用メーカーをランキングにしました。

さて、世界屈指の自転車都市大阪では、どのメーカーが人気なのでしょうか。

 

 

| 自転車 人気ブランドランキング 2019

 

第1位 LOUIS GARNEAU ルイガノ 13.0pt
第2位 GIANT ジャイアント 9.4
第3位 FUJI フジ 6.6
第4位 BIANCHI ビアンキ 5.9
第5位 HAMMER ハマー 4.8
第6位 TREK トレック 4.5
第7位 GIOS ジオス 4.3
第8位 ASAHI あさひ 4.1
第9位 BS ブリヂストン 4.1
第10位 TOKYOBIKE トーキョーバイク 3.8

 

 

第1位は昨年と変わらずLOUIS GARNEAUです。ポイントを2.9%伸ばし、2位以下のブランドとの差が広がっています。ミニベロ・クロスバイクを中心に男女問わず幅広く利用されているています。

 
easel7
▲ ルイガノのミニベロ

 

 

TOP3のメンツは昨年と同じで、全国で「サイクルベースあさひ」を展開している㈱あさひのオリジナル自転車、ブリヂストンがTOP10に入りました。太字は当店の取り扱いメーカーです。

 

10位以下

11位 MERIDA メリダ
12位 LEADER リーダー
13位 CANNONDALE キャノンデール
14位 BRUNO ブルーノ
15位 RENAULT ルノー
16位 BROMPTON ブロンプトン
17位 RALEIGH ラレー
18位 FELT フェルト
19位 ROVER ローバー
20位 DOPPLEGANGER ドッペルギャンガー n=392

 

前回12位だったオリタタミ専門のDAHONが29位に大きくランキングを下げました。それと関連性があるのかは分かりませんが、イギリスのBROMPTONがランクインしています。

15位のルノー、19位のローバーは初のランクイン。
一方で、クルマのブランドでは
シボレーが18位→22位、
ジープが16位→24位とランク圏外となりました。
クルマブランドにも栄枯盛衰があるんですね。
ベスト5入りした勝組のハマーは、MTB類型車やオリタタミ車が中心で、他ブランドと比べてタイヤの太い自転車に特化しているという特徴が見られました。

 

– –

自転車産業振興協会によると、約半数の人が自転車を専門店で購入、2006年の調査より6ポイントその割合が増加しているようです。一方でなぜかホームセンターの自転車コーナーで自転車で購入する人が減少しています。

スポーツ車ブランドは専門店や直営店に販売を限定し、ホームセンターとは全く異なるブランド構成となります。各社の戦略の違いや車体の単価、地域による差異もあるので、一括りにランク付けすることに意味はないのかもしれませんが、あまりこのような調査は他では行われていませんので、ご参考ください。

 

 

■自転車の購入先 

自転車店   52.5%
ホームセンター 15.3%
スーパー・SC  14.1%
インターネット 10.1%

(自転車産業振興協会調べ)

 

 

CATEGORY

TOPEAKの携帯ツールがもう嗜好品としか思えない

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TOPEAKのフォールディング携帯工具に「Alien S」「Ninja 16+」の2種が追加されます。

 

最強のステンレスのエイリアン「Alien S」
2008年に登場した25機能ツール「Alien Ⅲ」の機能をそのままステンレスにアップグレードした最高峰モデルです。本体はL80 x W45 x H45mmで2ピースに分かれる構造になっていて、重量は272gです。本体価格は8400円。

topeak alien

topeak alien s

<Aliean S のスペック>
●エンジニアリング ポリマー ボディ / ステンレス ツール
●六角レンチ : 2-L、2.5、3、4、5、6、8、10mm
●“Torx” レンチ : T25
●メガネ レンチ : 8、9、10mm
●スポーク レンチ : 14G、15G(MAVIC、シマノ対応)
●チェーン ツール : シマノ HG(6~12速)
●ステンレスチェーン フック
●スーパー ハード アノダイズド アルミ製 タイヤレバー
●(+) ドライバー
●(ー) ドライバー
●ステンレス製 ナイフ
●栓ヌキ
●チェーン ピンを2つ収納できるコンパートメント

 

 

– – –

 

 

コンパクトで携帯性の高い「Ninja 16+」
様々な機能をひとまとめにしたコンパクトなミニツール。別売のボックスを使用して同社専用のボトルホルダー「Ninja Cage」の下に忍ばすことができます。16機能で単体が3500円、ボックスセットが4800円です。ケージ(ボトルホルダー)と一緒に使用しないなら、ボックスは不要かと思います。
topeak ninja16+

topeak tool ninja16+

<Ninja 16+ のスペック>
●カーボンファイバー ボディ / クロムバナジウム ツール
●六角レンチ : 2、2.5、3、4(L型)、5、6、8mm
●“Torx” レンチ : T10、T15、T25
●チェーン ツール : シマノ HG(6~12速)
●ステンレスチェーン フック
●(+) ドライバー
●(ー) ドライバー
●ニップルレンチ 14G、15G

 

 


 

<トピークのフォールディング携帯工具の主なラインナップ>

 

Alien シリーズ
トピークの機能性と技術力を強いインパクトで世に知らしめた名作

・Alien XS
・Alien RX(廃版)
・Alien DX(廃版)
・Alien Ⅱ
・Alien Ⅲ
・AlienⅢ CB (廃版)
・AlienⅢ CB DX (廃版)
・Alien S ←New

 

 

Ninja シリーズ
2016年に登場した専用ボトルケージ下側に取付けができる新シリーズ
・Ninja Tool Box T8
・Ninja Tool Box T16
・Ninja Tool Box T20
・Ninja 16+ ←New

 

 

| X-Toolシリーズ
・X-Tool (廃版)
・X-Tool DX(廃版)
・X-Tool+
・Hexus-X  

 

 

 

Mini シリーズ
現在最も多くラインナップのあるアルミ鍛造ボディ携帯工具の中核シリーズ
・Mini 6
・Mini 6L(廃版)
・Mini 9
・Mini 9MT(廃版)
・Mini 9 Pro
・Mini 9 Pro CB(CarbonBody)
・Mini 10
・Mini 18+
・Mini 20 Pro
topeak mini9pro
▲ Mini9 Pro

 

紹介以外もトピークは多くの携帯ツールやプロフェッショナルツールをラインナップしています。購入をお考えの方はご相談ください。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月