サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

新シーズンの到来をつげる「シマノフェスティバル」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

今年のシマノフェスは9月9日(水)です。

一般には全くどうでもいいことなのですが、我々輪界にとって9月9日は2016年の方向性を確認する重要な日なのです。

 

自転車の駆動ギアパーツを生産するシマノ
自転車のフレームは生産せずにパーツを各自転車メーカーに供給するという企業スタイルから「輪界のインテル」といわれています。世界中の自転車に採用されていて、シマノなしではまともな自転車の組み立てができないほどです。

そんな盟主シマノが販売店やプレスに新商品を発表するのが「シマノフェスティバル」です。

ツール・ド・フランスなどで使用されるレース機材から低級品までシマノ社の取扱いの商品が一同に手にとってみることができる関係者のみの展示会で、国内では毎年9月の大阪をかわきりに東京、名古屋、福岡、札幌と順に開催されます。

シマノフェスティバル開催日は自転車店の経営者やプレスが集まるため、他のメーカーもおのおの新商品の展示会を催します。

今年はジャイアント、新家、フジ、ダホン等のブランドが9月9日に関西で同じように2016年の新商品の展示会を開催します。

そのほかのメーカーもおよそ同時期に新モデルが公開され、次週より年末にかけて次々に新車種がデリバリーされます。

シマノフェスは空気を一変させ、一気に新シーズンの始まりとなります。

 

シマノの生産する変速機やチェーンなどは地味で代り映えしないように思えますが、毎年進化を重ねていています。

2016年はどのような進化があるのでしょうか。
このブログでも9月9日以降にまた紹介していきたいと思います。

CATEGORY

輪行に便利なタイオガ「ペダルプロテクター」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

夏です!
輪行の季節です!

自転車を電車などの公共交通機関を使用して下車先で走ることを輪行(りんこう)といいます。

最近はしまなみ海道や琵琶湖などでも非常に多いと聞いています。

ほとんどの電鉄会社では自転車を車内に持ち込む際は小さく分解し、輪行袋という自転車専用袋に収納しなければいけません。

ペダルや前輪を自分ではずして、電鉄会社の指定のサイズ内にします。

コクーンなど輪行袋を多くラインナップしているTIOGAから自転車のペダル用の袋「ペダルプロテクター」がリリースされました。

輪行の際にペダルを保護してくれる柔らかいクロロプレンゴム製の巾着袋です。

TIOGA PEDAL

ペダルなどの突起は電車内では袋で覆わなければなりません。また、ペダルをつけたまま繰り返し輪行袋を使用していると輪行袋が破けやすくなります。気をつけてください。

 

CATEGORY

夏休みはサイクリングをしよう!ファストランとポタリングの違い

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

サイクルショップ203は通勤などの移動用に使用されるスポーツ自転車の販売が中心になっているのですが、夏休みなのでサイクリングをしてみてはどうでしょうか。

そこで今回はサイクリングの種類 「ファストラン」と「ポタリング」の違いについて書いてみたいと思います。

力の限りを尽くす「ファストラン」

スピードの出るロードバイクやシクロクロス,マウンテンバイクなどで力の限り速く走る「ファストラン」。

事前にコースを決めておき、安全に配慮し、チャレンジ精神を燃やして全力でペダルを回します。

コーナーワークやぺダリングなど走行技能の向上を目的として、走行時間や心拍、速度を計測しながら走行します。

ヘルメットを着用の上、なるべく邪魔な荷物は持たず長距離を走行します。

fuji roadbike  schwinn roadbike

 

 

気分しだいで走る「ポタリング」

心にゆとりをもってのんびり快適に気の向くままに。
自転車の散歩「ポタリング」。

立ち止まって写真を撮ったり、カフェに入ったり、普段着で気の向くまま走行します。

目的地があるわけではなく、自転車の種類も関係ありません。

オススメのポタリングスポットは
・大坂の歴史散策できる 上町
・大大阪時代の近代建築が残る 北浜
・戦前の雰囲気を残す 西成

ポタリングは走るたびに新しい発見があり楽しくなります。

 

そのほか特殊なポタリングとしては

自転車を電車などの公共交通機関を使用して下車先で走る 輪行(りんこう)
ライトを装備して夜間走行をする ナイトラン
正装をして走る ツイードランなんていうのもあります。

 

hawaii cycling  bruno cycling

これから趣味でサイクリングを始める方は、使い方によって自転車の種類が変わりますので是非ご相談ください。

 

 

 

CATEGORY

昼でもつけたくなる自転車ライト knog「POP」発表

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2015年8月1日 knogは主力のUSBチャージLEDライト「Blinder 4」の後継となる「Blinder MOB」を公開しました。それと同時に、乾電池式自転車ライトの新商品「POP」も発表されました。

knog pop

knogはもう乾電池式のライトは生産しないのかと思っていましたが、単三電池1本タイプで、工具なしで簡単に取り付けのできるシリコンラバーマウントのチープなLEDライトが発表されました。

knog pop  knog pop

シーズンごとに新しい柄を売り切りで生産する予定だそうです。

knog pop

とりあえず定番色が2015年8月に入荷予定です。

 

 

CATEGORY

豪 knog社「Blinder4」の次期モデル発表「Blinder MOB」公開!

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2010年にUSBで充電できる画期的な自転車ライトがリリースされました。knogというオーストラリアのメーカーで「Blinder 4」というライトでした。

このライトは爆発的に売れ、その後同じような商品が多くのメーカーからリリースされ、自転車ライトは数年で電池式から充電式になっていきました。

「Blinder 4」は自転車ライトのスタンダードとなり、現在でもサイクルショップ203でも非常によく売れています。

 

2015年夏、

ついに「Blinder 4」の後継モデル「Blinder MOB」が公開されました。

knog blindermob

新商品「Blinder MOB」は今まで4灯だったLEDが16灯にグレードアップ。充電が切れても安全を確保できるようにリフレクターが内蔵されています。

knog blindermob

取り付けバンドもリプレイスタイプになっていて、大径のフレームやエアロ形状のシート棒にも装着できるようになりました。

knog blindermob本体価格は4600円と従来品より安く設定されています。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月