サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

knog ベル「Oi」に限定カラーが追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

knog「Oi」(オイ)に新色が発売されます。

knog oi 2020

2016年に発売され、ヒット商品となった自転車ベルknog「Oi」に、限定カラーのネオンラズベリーとシルバーゴーストが追加されます。

knog oi pink
▲ネオンラズベリー

knog oi clear
▲シルバーゴースト

 

ロードバイクからママチャリ、キッズバイク用まで多くのユーザーに支持されている画期的な形状のベルです。軽量で、突起の少ないシンプルなコンパクトなデザイン、1.5cmの幅があれば取り付けることができます。

 

oi2020

限定カラーも通常ラインナップと同じ2サイズ展開で、本体価格も同じ¥2300です。
スポーツサイクルのベルは「Oi」一択時代がしばらく続くのではないでしょうか。

knog oi

oi

 

knogはリアル店舗の専売商品です。
探せば海外の通信販売や並行輸入品などもありますが偽物が出回っていますので、価格もそう変わらないと思いますので、正規販売店でご購入をお願いします。

 

CATEGORY

UBER EATS配達員にもオススメ!街中最速、進化するフラットバーロード5選【2020年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

コロナウイルスの感染拡大を受けて、大阪も緊急事態宣言が発令されました。大阪府は通院や通勤などを生活に必要な場合を除いた外出を控えるよう要請しています。

商業施設の閉鎖や鉄道の減便も検討され、府民の暮らしや経済に大きな影響が出る可能性が高くなってきました。とりわけ、観光業や飲食店などの客足の減少が、連日、報道されています。私もなるべく飲み会などの外食は控え、自宅で食事を摂るようにしていますが、特効薬もない未知のウイルスは終息の目途がが立っておらず長期化も懸念されています。

一方で、感染のリスクを減らし自宅に居ながらにして宅配グルメがすぐに届く「UBER EATS」にとっては追い風となっているようです。新たに大阪の南部の堺市などのエリアでサービスが始まり、コロナの影響で突然仕事が休みになった人の仕事先にもなっていて、業務拡大に拍車が掛かっています。
また、中国のタクシー配車大手「DiDi」(滴滴)も、同様のサービスを大阪で始めるらしく、こちらもどのようなシステムになるのか注目です。

最後に、配達にオススメのフラットバーロードを5台紹介させていただきます。
これから、始めてみようという方は参考にしてみて下さい。

 

街中最速、進化するフラットバーロード 5選

 

 

gios cantareclaris
【メーカー】GIOS
【商品名】CANTARE Claris
【本体価格】¥72,000
【重量】9.7kg
【フレーム】アルミ
【ドライブトレイン】シマノ Claris(2×8速)
【カラー】ブルー/ブラック
【特徴】WH-R501車輪など駆動系パーツをシマノ製パーツで統一、最高のコストパフォーマンス。

 

 

 

giant foma
【メーカー】GIANT
【商品名】FORMA
【本体価格】¥74,000
【重量】10.0kg
【フレーム】アルミ
【ドライブトレイン】シマノ Claris(2×8速)
【カラー】マットブラック/ブルー
【特徴】2019年に新しく登場したフラットバーロード。ワイヤー類が内装されたハイドロフォーミング製法のエアロ形状フレームが印象的な軽量バイク

 

louisgarenau aviator92
【メーカー】LOUIS GARNEAU
【商品名】AVIATOR 9.2
【本体価格】¥85,000
【重量】9.6kg
【フレーム】アルミ(+カーボンフォーク)
【ドライブトレイン】シマノ SORA(2×9速)
【カラー】グラスグリーン/ホワイト/レッド
【特徴】内装ワイヤーの軽量アルミフレームにカーボン製フォークを採用、シマノSORA 2×9変速のミドルグレードのフラットバーロード

 

 

 

fuji madcap
【メーカー】FUJI
【商品名】MADCAP
【本体価格】¥92,000
【重量】8.9kg
【フレーム】アルミ(+カーボンフォーク)
【ドライブトレイン】シマノ Claris(2×8速)
【カラー】シルバーミラー/マットブラック
【特徴】クラス最軽量。昨シーズンまで発売されていた「ROUBAIX AURA」の後継モデルです。

 

 

 

raleigh rf7
【メーカー】RALEIGH
【商品名】RF7 Radford-7
【本体価格】¥125,000
【重量】9.8kg
【フレーム】アルミ(+カーボンフォーク)
【ドライブトレイン】シマノ SORA(2×9速)
【カラー】ブラックレッド
【特徴】高剛性なテーパードヘッド構造で見た目にも美しいエアロデザインのフレーム、ロードとのクロスオーバーを見据えた頂点に立つ一台

CATEGORY

折り紙にインスパイアされた簡単着脱式ドロヨケTOPEAK「D-Flash」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TOPEAKから折り紙にインスパイヤされた軽量な簡易ドロヨケ「D-FLASH」が発売されました。

topeak d-flashst

フロント用2種、リア用2種がラインナップされ、折りたたみ傘感覚でドロヨケを使用することができます。

d flash
① D-FLASH FS (フロントサスペンション取り付けタイプ) ¥1500
② D-FLASH DT (ダウンチューブ取り付タイプ) ¥1,200
③ D-FLASH S (シートレール取り付けタイプ) ¥1,000
④ D-FLASH ST (シートチューブ取り付けタイプ) ¥1500

 

 

topak d-flash s

本体はポリプロピレン製でマジックテープで簡単に取り付けが可能で繰り返し使用できます。
夜間の視認性を高める反射プリント付きです。

 

 

CATEGORY

UBER配達パートナー必須アイテムTOPEAK「RIDECASE」にiPhone11用が追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TOPEAKのスマホケース「RIDECASE」にiPhone11用、11Pro用、11ProMax用の3種類が追加されました。

topeak iphone11

 

自転車のAステムのキャップを使用し取り付けるシンプルで便利なスマホケースで、人気商品となっているシリーズの新型です。以前のiPhoneとカメラ形状が異なるため、11専用となっています。そして、お値段が6200円になりました、、、だんだん値段が上がっているのは、なんでなんですかね。

 

topeak ridecase iphone11

 

決定版となってきている「RIDECASE」ですが、かつてはTOPEAKも透明窓タイプ「DryBag」やバンドタイプ「Omini Ride」という製品を生産していました。また他社からも挟み込むタイプなどのスマホホルダーも発売されていますが、安定感と便利さがやはり全く違います。「RIDECASE」を一度使用してしまうと、もう「DryBag」や「Omini Ride」は面倒すぎて使う気になりません。

iPhoneがバージョンアップするたびにケースを買い替えなければならないのが痛いところですが、ケース単体(3900円)での販売もできますので是非ご用命ください。

——————

【iPhone用のRIDECASEの種類】
① iPhone11用 ¥6200
② iPhone11 Pro用  ¥6200
③ iPhone11 Pro Max用 ¥6200
④ iPhoneX用(XS兼用) ¥5500
⑤ iPhoneXS Max用  ¥5500
⑥ iPhoneXR用  ¥5500
⑦ iPhone8 用(7/6S/6) ← 終売
⑧ iPhone8 Plus用(7Plus/6SPlus/6Plus兼用) ¥6000
⑨ iPhone5用 (5S/SE) ←終売

 

 

CATEGORY

サドル窃盗5800個、怪盗 須田広昭(57)逮捕

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

前回の投稿で自転車の盗難についてしたためましたましたが、新たに驚嘆のニュースが舞い込んできました。

 

サドル窃盗疑い「収集楽しく」 男逮捕、25年で5800個か

大阪府東大阪市で自転車のサドルを盗んだとして、河内署は28日までに、窃盗の疑いで静岡県沼津市、トラック運転手須田広昭容疑者(57)を逮捕した。署によると「約25年前に仕事のストレス解消で東京や大阪で盗み始め、収集がだんだん楽しくなった」と容疑を認めており、署は須田容疑者が借りていた貸倉庫からサドル約5800個を押収した。

 署によると、これだけの量のサドルを押収するのは異例。大半は一つずつポリ袋に入れられて保管されていた。須田容疑者は各地をトラックで回りながら、都市圏を中心に、行く先々でサドル窃盗を繰り返していたとみられている(2020年2月28日 共同通信)

 

記事によると犯人の男は静岡県沼津市の57歳のトラックドライバーで、東大阪で自転車のサドルを盗み逮捕されました。自転車のサドルの盗難は割りと多く、須田のように犯行を繰り返すケースも珍しくありません。驚愕ポイントは、須田が30歳ころから四半世紀にわたり、5800個という膨大な量の自転車サドルを倉庫まで借り、行く先々から収集していたという異常性が格別である点です。

 

asahi 2020 2.29
朝日新聞 2020年2月29日 大阪 朝刊

 

須田以外にも、この10年内に男性容疑者が自転車サドルをターゲットとした犯罪が発生しています。

① 2013年4月 横浜 サドル盗事件 近藤丈司(35)
② 2019年10月 東京 大田区 サドル盗事件 羽鳥秋夫(61)
③ 2018年6月 長野県議 自転車サドル器物破損事件 生出光(28)

 

 

【ケース①】近藤 丈司 

女性の自転車のサドルを盗んだとして、神奈川県警山手署は24日、窃盗の疑いで、横浜市中区立野、無職、近藤丈司(じょうじ)容疑者(35)を逮捕した。

1月ごろから、女性が使っているとみられる自転車から革製のサドルだけを選んで盗みを重ねていたといい、同署は自宅からポリ袋に入ったサドル計200個(計120万円相当)を発見、押収した。(2013年8月25日 サイクリスト)


【ケース②】羽鳥 秋夫

自転車のサドルを盗んだとして、警視庁蒲田署は窃盗の疑いで、東京都大田区南六郷、アルバイト、羽鳥秋夫容疑者(61)を逮捕した。同署によると「去年の夏ごろにサドルを盗まれて買い直し、他人に同じ思いを味わわせてやろうと、腹いせに盗むようになった」と供述している。

自宅からサドル159個を押収。羽鳥容疑者が自転車の前かごに複数のサドルを入れて走行する姿が防犯カメラで確認されており裏付けを進めている (2019年10月3日 産経ニュース)

 

【ケース③】生出 光

長野地検は21日、器物損壊罪で元長野市議の生出光容疑者(28)=長野市伊勢宮=を起訴した。認否は明らかにしていない。起訴状によると、生出被告は1月30日午後11時50分ごろ、市内の住宅敷地に駐輪されていた自転車のサドルに体液を付けて汚し、損壊したとしている。器物損壊容疑で5日に逮捕されており、同7日に市議を辞職していた。一方、県警長野中央署は21日、強制わいせつの容疑で生出被告を再逮捕した。逮捕容疑は4月19日午後7時40分ごろ、市内の路上で、通行中の10代の女性の身体を触るなどしたとしている。関係者によると、生出容疑者は、いずれの事件についても、容疑を認めているという。(産経ニュース 2018年6月21日)

 

 

近藤・羽鳥の両氏と須田の犯行は、時期及びエリアが重なります。
須田は近藤・羽鳥と熾烈なサドル盗合戦を繰り広げていたということになります。

最も早く逮捕されたのは近藤ですが、須田は近藤がまだ小学生の頃の1990年代半ばから、25年間も捕まらず犯行を繰り返していました。逮捕時に発見されたサドルの個数は、近藤が200個、羽鳥が159個、須田が5800個です。須田の犯行はまさにけた違いで、単純計算で年232個、3日に1個のペースで収集していたことになります。

サドルの盗難対策としては、クイックレバー式のシートクランプをナット止め式のモノに変更する方法やサドルにロックを付けるといった方法が考えられます。

 

saddle lock
TIOGA「SADDLE KEEPER」

 

サドルが盗難にあう場合はだいたいシート棒も一緒に盗まれてしまいます。シート棒は乗っている車種によって、径の大きさの規格が異なるので厄介です。規格は0.2mm刻みで、1mmでも違うと全く合いません。もちろん目視ではサイズがわかりませんし、種類も多く、自転車店で測定しなくてはいけなくなりますのでお気を付けください。

 

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月