サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: アデプト

世界初!滑らかなBDSベアリング採用 ADEPT「Metropolitan」ペダル

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTから滑らかな回転の新構造BDSベアリングのプラスチックペダル「メトロポリタン」が発売されました。

adept peddle

従来の自転車のペダルはボディ内に小さな鋼球がいくつも入っていて軸が回転する構造になっています。
ママチャリなどに採用されているペダルは、ほぼこのタイプで「ボールベアリング」と呼ばれています。ペダル軸を手で回すと鋼球のゴリゴリとした感覚が分かります。新車を購入時にペダルを踏みこむ度にパチパチと音鳴りがする場合は大抵はこのベアリングの精度の問題です。

新構造のBDSベアリングはポリアセタールというポリマーを使用することでボールベアリング方式ではできなかったスムーズな回転性能を低価格で実現、低抵抗でメンテンスいらず、しかも軽量という理想的なペダルです。手で回した感触はヌルっとしています。

内部がどのようになっているのか気になりますが、大胆にも内部が丸わかりのスケルトンボディの製品がラインナップされています。

adept pedal
ボディ内の透けて見えている白いポリマーが鋼球に代わる自己潤滑性のあるポリアセタールで、内外に各1づつ配置されています。

このような構造は他のブランドでも数年前からみられ「DU」「2DU」方式などと言われ、目新しい方式ではないのですがBDSベアリングはポリアセタールをナットで固定し、スラント(軸に対して平行)方向への負担を強化した構造になっています。

C9D0139F-AF5C-4A09-8B1E-9B12621CB7DF

同社は新構造を謳っているようですが、画期的なものではなく、あくまで「DU」方式の一つで改良版(迂回発明?)といった感じの位置づけの構造だと私は考えます。

それより驚いたのはこのペダルの¥2200というボールベアリング方式とほとんど差のない本体価格です。ボディのエンジニアリングプラスチックにもいえることですが、高分子化学のテクノロジーの発達により新素材の開発が進み、全く進化するなど考えもしなかった自転車ペダルも知らぬ間にハイテクの塊に進化をとげています。 鋼球入りの金属ペダルは近い将来ノスタルジックな産物と化してしまうのでしょうか。

現状このようなハイテクノロジーのペダルが完成車に採用されているケースはあまりありませんが、ここまで低価格になってくると数年後はクロスバイクなどの中価格帯のスポーツ車などに採用されることは十分に考えられると思います。

adept metropolitan

重量は240g(ペア)
カラーはブラック,ホワイト,スモーク,クリア4色。
スモークは半透明でshimano「claris」のクランクにもマッチしそうなカラーです。

 


 

 

adept metropolitanpedal

プラスチック製に不安を感じる方は鍛造アルミ製もリリースされます。
重量は325g、本体価格は¥3200です。

 

CATEGORY

ポーターバイクのフロント・ラックにピッタリのバッグ ADEPT「FORWARDER」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからショルダーバッグとしても使用できるロールトップ2WAYフロントバッグ「forwarder」が発売されました。

adept

 

ADEPT「トラスポーター」などのポーターラックなどにストラップで簡単に取り付けられ、日常使いからツーリングまで幅広く使用できるナイロン製フロントバッグです。着脱式のショルダーストラップを使用することで普通のショルダーバッグとしても使用できます。

 

adept forwarder

 

大きさはL225xW330xH360mm、最大23ℓ収納可能で内容物に応じてロールアップして縮小が可能です。
カラーはストレートネイビーとブラックの2色。

 

adept forwarder adept frontbag

 

重量は530g

本体価格は6800円で2017年8月発売です。

 

adept

CATEGORY

自由な自転車男女に変化と刺激を、サイクルイベント「CYCLE LETTERS」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自由な自転車男女のためのサイクルイベント「サイクルレターズ」に行ってきました。

cycle letters

 

2015年にはじまり、今回で4回目となるこのイベントは、最新の自転車アイテムの紹介やトークイベント、ワークショップなどを交えて新しい自転車生活を提案していく手作り感のあるイベントで、中之島の「ライフクリエーションスペースOVE」で開催されました。入場は無料です。

ove

 

それほど広い会場ではないので会場は出展者だけでもごちゃごちゃしていました。

cycleletters 2017

 

自転車競技や自転車マニア向けではなく、普段着感覚でスポーツサイクルを楽しもうといった志向のイベントで、コーヒーや活版印刷など特に自転車には関係のなさそうなブースも出展されていました。

cycleletter spring

 

最新パーツも実際に手に取ってみることができます。

adept cycle

 

 

ADEPTのバイクパッキング向けフロントバッグ。初めて出展される商品ではないでしょうか。

adept cycleeletters

 

 

ハブダイナモライト標準装備のARAYAの新車種「SWALLOW PROMENADE」は5月発売予定

araya cycleletters

 

自転車ブームで最近このような小規模な自転車イベントが各地で開催されています。
「サイクルレターズ」は大阪で春と秋に開催されていていますが、開催会場や日程がはっきりと決まっている訳ではありません。気になる方はイベントのウエブサイトをチェックしてください。

ove nakanoshima

CATEGORY

ADEPT スポンジとアルミ合金のハイブリッドグリップ「EVAL」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからクッション性に優れたスポンジとアルミ合金の融合されたスタイリッシュなグリップ「EVAL GRIP」がリリースされました。

adept grip

ライディングの際に振動が直接振動が伝わる手の平にあたる外側に柔軟性や弾力性のあるEVAを使用、耐久性が高く手になじむ素材で、滑ったり手のひらに汚れが付着しにくいグリップにピッタリの素材です。

長時間のライディングでも衝撃が緩和されグローブなしでも快適に使用でき、グリップ交換しただけでバイクが高級車のようにスタイリッシュになります。

 

adept evalgrip

取り付けは六角レンチを使用するロックオンタイプで簡単に取り付けができます。スポンジグリップは劣化してくると固着力が低下し、動いてずれたり、回ったりしてしまうと欠点があったのですが「EVAL」は4本の六角ネジでしっかりと固定ができます。また従来品は端からいたみやすかったのですが、両側をアルミ製にすることで構造的に劣化しにくくなっています。

長さは128mm、一般的なスポーツグリップは130-135mmですので、やや短めです。また外径が33mmあるためやや太く感じます。
アルミ部分はつやけし加工で、シフトレバーを操作したりする人差し指と親指を乗せるため窪んでいます。エンドキャップも同じ素材で頑丈で抜け落ちにくくなっています。

現在グリップは安価なゴム製が多いのですが、最近はシリコンやEVAなどの開発が進んでいて快適で劣化しにくいハイテク素材が増えてきています。それほど高価なパーツでもないのでいたんできたら、少しこだわったグリップに変えてみてはいかがでしょうか。

 

adept evagripadept eval

カラーはブラックとシルバー、
アルミとスポンジの融合ですので重量もペアで110gと軽量です。

本体価格は2,300円
2017年2月発売です。

人差し指と親指で変速する自転車に乗っている方に特におすすめです。

CATEGORY

アーバンスタイルにフィットする軽量ポーターラックADEPT「トラスポーター」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからアーバンスタイルにフィットするアルミ製の軽量フロントキャリア「Truss Porter Rack」がリリースされます。
adept trussporterrack

 

アルミ合金製パイプを使用した軽量なフロントキャリアで、ワイドな天板に様々な荷物を積載することができます。天板サイズはL240XW315mmで最大積載10kgとなっています。

 

adept trussporter

取り付けはアダプターがついていてハブ軸または6mmのダボ穴に対応しています。
700c車輪用設計ですので、基本的に小径車輪車やママチャリなどには取り付けができないとお考え下さい。
もちろん、リアにも付けれません。

adept rackadept frontrack

カラーはブラックとシルバーの2色、
重量は570g
本体価格は4200円です。

 

このような形状の前キャリアはポーターラックと呼ばれ、GAMOH「キングキャリア」やSOMA「ポーターラック」などが発売されてますが、いずれもキャリアだけで1kg以上重量があり、本体価格も1~3万円もします。ADEPT「トラスポーター」は従来品の半値以下で、その上、アルミ製で軽量になっている優れモノのキャリアです。

発売は2017年2月中旬で
お取り寄せでの対応となります。

 

※フロントキャリアの装着によって自転車の操作性は大きく損なわれます。また、積載重量以内であっても自転車が損傷することもありますのであらかじめご了承ください。

 

<参考>

ポーターとは欧米の荷物運搬用自転車で、日本の新聞配達などで使用されている「実用車」に近い車種にあたります。近年ではほとんど見ることもないカテゴリーの自転車ですが、かつてはポーター車をもちいた競技が開催されていた時期もあるようです。

reneherse porterrack
▲1970年代パリでは運搬車での競技大会も開催された

▼ ReneHERSEのポーター車の線画カタログ

porteur

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月