サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: バイクパッキング

ボトルホルダーとしても使える、便利なTIOGA「ADV Stem Bag」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TIOGAから1リットルサイズのステムバッグ「ADV Stem Bag」が発売されました。
2300円とお求めやすい価格で、ストラップの付け替えで左右どちらにも取り付けができる仕様になっています。

 

tioga adv stem bag

 

ステムバッグとは、ハンドルやヘッドチューブにストラップを使用し取り付けるバッグで、フレームバッグなどとあわせてツーリングや長距離サイクリングなどに使用します。

このタイプのバッグの登場は比較的最近で、バイクパッキングが日本に紹介されだした2017年頃からです。

リアバッグやフレームバッグと比べ地味で、選択肢もまだまだ少ない現状ですが、水筒やカメラなどの小物の収納に適し、名脇役的な存在で非常に便利です。

 

tioga stembag

tioga stembag

 

重量は100g、
カラーはブラックのみです。
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

本来の目的からは外れますが、ミニベロやピストバイクなどボトル台座のない自転車のボトルホルダー替わりとしても使えます。

先月の当ブログで、トップチューブバッグがママチャリの前カゴ感覚で使用できて日本人向きである、といった主旨の投稿をしましたが、ステムバッグも同じように活用できるはずです。

従来から使用されているカップホルダーやボトルケージは着脱に工具が必要で、それ自体が空間を占拠して邪魔になってしまいます。手元のデッドスペースを活用できるステムバッグはありそうでなかった新感覚で、今後もいろいろなブランドからリリースされていくのではないでしょうか。

 

キャンプ道具やバッグ素材の進化で可能になった「バイクパッキング」は、従来の自転車キャリアを使用した自転車ツーリングを大きく変えました。こうした流れは世界的で、最近は毎月のように新しい自転車バッグが登場しています。

ミシンひとつで簡単に参入できるこの新市場は参入企業も多く、注目のカテゴリーだと思います。

 

 

 

CATEGORY

自転車バッグの新トレンド、トップチューブバッグ 6選

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

スポーツ自転車用バッグというえばサドル下取り付けるサドルバッグが多く使用されていますが、バイクパッキングブームで、いろいろな場所にバッグをを取り付ける試みがされ高機能化している昨今、 トップチューブ上部に取り付ける小型バッグのトップチューブバッグの人気が高まっています。

スマホや補給食が、サドルに座った状態でもすぐに取り出せ非常に便利で、ママチャリの前カゴの感覚に近く、日本人向きに向いているともいわれています。

 

あると便利トップチューブバッグ 6選

 

 

giant wp
【メーカー】GIANT
【商品名】TOP TUBE BAG WP(S)
【本体価格】¥2,400
【容量】0.4L
【特徴】完全防水のTPUラミネート素材使用

 

 

 

 

tioga adv

【メーカー】TIOGA
【商品名】ADV top tube bag
【本体価格】¥2,800
【容量】0.5L
【特徴】型崩れしにくく丈夫なPVCコーテッド600デニールナイロン使用
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

 

 

topeak tridry
【メーカー】TOPEAK
【商品名】Tri Dry Bag
【本体価格】¥2,500
【容量】0.6L
【特徴】TOPEAKは同モデル以外にも多数ラインアップがあります

 

 

 

 

fefal z-race-s
【メーカー】Zefal
【商品名】Z RACE S
【本体価格】¥4,000
【容量】0.3L
【特徴】上部が透明窓になってるコンパクトタイプ

 

 

 

 


bbb toptank

【メーカー】BBB
【商品名】TOPTANK
【本体価格】¥4,700
【容量】0.75L
【特徴】7インチまでのスマホが直接使用可能

 

 

 

 

birzman zyklop-navigator
【メーカー】Birzman
【商品名】ZYKTOP NAVIGATOR
【本体価格】¥2,600
【特徴】上部にスマホなどを収納できる透明ポケット付き

 

 

CATEGORY

TOPEAK バイクパッキング向け新ケージ「Versa Cage」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TOPEAKからバイクパッキングに便利な新ケージ「Versa Cage」(ヴァ―サケージ)が発売されます。

topeak versacage

2018モデルから割とみられるようになったフロントフォークに取り付け台座が据えられているシクロクロスなどに使えるエンジニアリングポリマー製の多用途ケージで、付属のストラップを使用しシュラフや輪行袋などを積載することができます。

topeak versa cage

同社ですでに人気の「ローダー」シリーズと組み合わせて、輪行や長距離ツーリングをサポートしてくれます。

 

 

topeak bikepacking cage

マウントが3個付属していて取付台座がない自転車にも装着可能です。

topeak bikepacking

versamount

重量は128g、
最大3kgまで荷物を積載することが可能です。

CATEGORY

birzman バイクパッキング用の新シリーズ「packman」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

BIRZMANから森林の雰囲気を醸し出すモスグリーンのナイロン素材を使用したバイクパッキングバッグシリーズ「PACKMAN」が発売されました。

birzman bikepack

撥水・耐摩耗素材を使用した自転車バッグシリーズ「PACKMAN」は、アウトドアスタイルに溶け込むカラーリングで自転車との相性もよくセットで揃えたくなるシリーズとなっています。

birzman packman
▲PACKMAN Travel Saddle Pack  (6ℓ)  ¥8,800
大型サドルバッグはストラップ固定式で大容量

 

birzman packmanbag
▲PACKMAN Handlebar Pack  (9.5ℓ)  ¥9,000
ロールアップタイプのハンドルバーバッグはテントやシュラフなどの収納が可能

 

birzman toptubebag

▲PACKMAN Travel Top Tube Pack  (0.8ℓ)  ¥3,800
コンパクトなトップチューブバッグはスマホや携帯食に最適

 

 

birzman packmanframebag

▲PACKMAN Travel Frame Pack Planet (3ℓ)  ¥5,800
中型のフレームバッグは日常使いにもオススメ

 

birzman bikepacking

▲PACKMAN Travel Frame Pack Satelite (2.5ℓ)  ¥4,800
長期自転車旅には前三角下側にこのバッグを追加

 

 

 

 

 

birzman bottlepack

▲PACKMAN Travel Bottle Pack  (500-750mlボトル用)  ¥1,900
チョークバッグスタイルのボトルバッグ

CATEGORY

オススメのバイクパッキング書籍の紹介【2017年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2017年はまさにバイクパッキング元年といっていい年でした。自転車雑誌でも多く特集され、関連製品のリリースも相次ぎました。徐々に暖かくなってきて今年もバイクパッキンングの季節がまたやってきます。その前に昨年出版された書籍を3冊紹介したいと思います。色々な楽しみ方が紹介されていますので是非読んでみてください。

 

bikepackingbook

【書籍名】バイクパッキングBOOK ウルトラライトツーリングの装備&スタイル大全
【著者】北澤 肯   きたざわ・こう
【発行】2017年3月10日
【本体価格】¥1,800

<構成>
Ⅰ バイクパッキングとは何か?
Ⅱ バイクパッキングの道具
Ⅲ バイクパッキングの実践

 

<本著の特徴>
・日本で初めてのバイクパッキンングの書籍で、ルーツから楽しみ方まで分かりやすく書かれた必読書。
・著者はアウトドア好きな英会話学校講師で自転車用品等の輸入販売や自転車イベントなども主催している。
・工業テクノロジーの進化の影響による道具の変革「ウルトラライト化」(軽量化)が、バイクパッキングの進展に拍車をかけたとしている。
・「島バイクパッキング」や「Fish&Bike (バイクパッキング+釣り)」、海外トレイルなど様々な楽しみ方を紹介、読んでいておもしろい。

 

 

 

 

bikepacking roadbike
【書籍名】バイクパッキング入門 自転車ツーリングの新スタイル
【著者】田村 浩   たむら・ひろし
【発行】2017年10月6日
【本体価格】¥1,800

<構成>
Ⅰ バイクパッキングとは?
Ⅱ バイクパッキングのはじめかた
Ⅲ はじめよう!キャンプツーリング
Ⅳ より軽く、より遠くへ
Ⅴ 実践 バイクパッキング

 

<本著の特徴>
・著者は自転車旅経験豊富な元自転車雑誌の編集者でバイクパッキングを「ツーリングにおける革命」としてその魅力を伝えようとしている。
・ロードバイク(グラベルロード)でのバイクパッキングを主眼においている。
・大型サドルバッグ(シートバッグ)、フロントバッグ(ハンドルバーバッグ)、フレームバッグを「三種の神器」として各メーカーの製品の特徴を自転車雑誌の企画のようにわかりやすく比較している。

 

 

 

 

bicycleplus
【書籍名】BICYCLE PLUS vol.20 バイクパッキング大全
【発行所】枻出版
【発行】2017年7月10日
【本体価格】¥1,000

<構成>
Ⅰ バイクパッキング大全
Ⅱ 酷道418号で3県横断
Ⅲ ベストなツアーケージを探せ!
Ⅳ かしこく分けるジップロックパッキング術
Ⅴ TOEIスポルティーフでソロキャンプ
Ⅵ ベストタイヤ forツーリング
Ⅶ ブルーノが応援する世界旅

 

<本著の特徴>
・自転車関連の書籍を数多く発行するエイ出版のツーリング本vol.20
・A4サイズフルカラー 北澤さんはじめ達人がバイクパッキングの楽しさを詳述している
・バッグやキャンプ用品などの基本的なことからサイクリングレポートなど写真が多くわかりやすい
・筧五郎さんの「酷道418号~」はバイクパッキングの楽しさが凝縮した内容になっている

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月