サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: バッグ

Topeakのトップチューブバッグ「Fast Fuel Dry Bag」を買う前に読んで欲しい

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TOPEAKから新たに2種類「Fast Fuel Dry Bag X」と「Fast Fuel Tri Box」というトップチューブバッグが追加されました。

TOPEAKは、2015年から毎年トップチューブバッグの新作を連続して発表していました。しかし、昨年は新モデルのリリースがなく、今春に持ち越しとなり2作同時のリリースとなりました。以前に当ブログでも、自転車用バッグがサドルバッグからトップチューブの上につけるトップチューブバッグに主役が変わりつつあるといった主旨の投稿をしましたが、特に「Fsat Fuel Dry Bag X」はその決定版となりそうな感じがします。

 

topeak fastfueldayx
▲ TOPEAK「Fast Fuel Dry Bag X」 ¥4500

 

 

ファスト フュエル ドライ バッグ エックス…商品名が長い。

同社は非常に多くの商品をラインナップし、なかなか廃版にしないため同じような商品名の製品が混在しています。製品タグライン(キャッチコピー)もなく、性能や用途の違いが本当に分かりにくいため、我々、売っている側も結構大変です。

 

時系列でみると、2006年に第一世代「Tri Bag」が発売されます。
まだバッグの主役がハンドルバーバッグの時代です。全く、売れた記憶がありません。

それからしばらく、新作がなく、時代はマウンテンバイクからドロップハンドルのロードタイプにトレンドが変化していきます。バッグは小型化され、サドル下に取り付けるサドルバッグが主流化するなか、2011年に防水素材の「Tri Dry Bag」が発売されます。「Dry=防水仕様」を意味するようです。しかしながらトップチューブにつけるこのタイプは、前作同様に注目されることはありませんでした。

そして2015年にいよいよ「Fuel」を冠したバッグが登場します。
三角型でファスナー開閉タイプの「Fuel Tank」の発売です。
第一世代の「Tri Bag」はその名に反し、トライアングル(三角形)ではなく直方体が乗っかっているような感じなので、進化を感じます。

tribag-allweather →fuel-tank
㊧ /「Tri bag」(レインカバー付き)
㊨ / 「Fuel Tank」

 

16年には「Tri」と「Fuel」をフュージョンさせたようなファスナー付きのTri(トライアスロン?)bag「Fast Fuel Tri Bag」が発売、18年には軽量で防水ハードシェルの「Fast Fuel Dry Bag」が発売されます。この2つバッグは今でも結構よく売れるのですが、それには理由があります。

2016年ころに北米を中心にドカドカと自転車バッグをつけた自転車ツーリングバイクパッキングが流行し、レーシングタイプの自転車ではない一般層にまでトップチューブバッグが広がりを見せました。バイクパッキングはマウンテンバイクなどのグラベルタイプが主流でTOPEAKからも「Top Loader」という退色しづらく耐久性の高いアウトドアテイストのトップチューブバッグも発売されました。

 

 topeak fastfuel-tribag  → topeak fastfuel-drybag

㊧ /「Fast Fuel Tri Bag」
㊨ / 「Fast Fuel Dry Bag」(防水)

 

「Fast Fuel Tri Bag」はナイロン素材、「Fast Fuel Day Bag」はプラスチックで防水。この2つは現物を見ると全く違うのですが、日本語で表記すると、ライなのか、ライなのか、特に混同しやすいので、通販などでご購入される際はお気を付けください。

 

 

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -

TOPEAKトップチューブバッグの各モデルの発売年

2006年  Tri Bag
:
2011年  Tri Dry Bag
:
2015年  Fuel Tank
2016年  Fast Fuel Tri Bag
2017年  Top Loader
2018年  Fast Fuel Dry Bag
2019年  新モデル なし
2020年  Fast Fuel Dry Bag X / Fast Fuel Tri Box

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -

 

 

ここから本題となります。

 

新しく発売された「Fast Fuel Dry Bag X」は「Fast Fuel Dry Bag」の進化版です。容量が0.8から1リットルになり少し大きくなり、iPhoneのMAXシリーズなど6.5インチのスマホが収納できるようになったみたいですが、基本性能はあまり変わっていません。

では、なぜ「X」が決定版なのか。

それは前作より600円も低価格な4500円という本体価格です。
シリーズ最大容量にして、防水でないナイロン素材の「Fast Fuel Tri Bag」や「Fuel Tank(Lサイズ)」よりも安い値段設定になっています。

新作が発表される度に、価格も高値で更新されてきた同シリーズなので、不可解に思い、念のためメーカーに理由を確認しましたが、明確な回答はありませんでした。

「今後、本体価格は変更される可能性はある」ようですが、本来なら大型の「X」は5500円くらい価値がある製品だと思います。

 

– –

もう一方の「Fast Fuel Tri Box」はトライアスロンバイク向きです。

TC2307B_main

 

Fast Fuel Tri Box

ファスナーがなく、空力を考慮されたフォルムでエナジーバーなどが収納できます。
商品名に「Fuel」とつきますが、他の商品と違い箱型形状をしていて、レーシングバイクに似合いそうな雰囲気をしています。

取り付け用のストラップが付属していますが、トップチューブにボルト穴が設けられているトライアスロンバイクにオススメです。

 

 

 

※ 紹介した商品はAmazon.co.jpでも購入できます。

 

 


 

参照:自転車バッグの新トレンド、トップチューブバッグ 6選

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

TOPEAKの新しいロールアップ型サドルバッグ「Burrito Pack」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

新型コロナウイルスの影響で、台湾で例年開催されている世界最大級の自転車の見本市「TAIPEI CYCLE」も中止となってしまいました。今後も、状況次第では自転車部品のサプライチェーンに影響が発生し、納期のずれ込みなどが懸念されています。今のところ影響は、限定的であると聞いていますが、一部では五輪開催を危ぶむ声も聞かれます。

taipei topeak
▲ 例年「TAIPEI CYCLE」で新商品を発表するTOPEAK (2018年撮影)

 

 

本来なら今年の「TAIPEI CYCLE」で、公開予定だったTOPEAKの新しいサドルバッグ「Burrito Pack」(ブリトー・パック)が、発売されました。

topeak burrito pack

同社では初となるロールアップ型のサドルバッグで、3分割されたコンパートメントによりチューブや小銭,補給食などを分けて収納することが可能です。

burrito pack

大きさはL150 x W105 x H20 mmの大きさを3分割しますのでかなり入るモノは限られそうですが、着脱が容易なので、使いようによっては便利なのかもしれません。

topeak taipei

サドル下だけでなくフレームやハンドルなど使いやすい場所に簡単に取り付けができます。

buriito pack 2020

重量は91g、
本体価格は3600円
2020年2月20日発売です。

 

 


 

TOPEAKは「Buritto Pack」以外にも、サドルバッグだけでも9つのシリーズ、40種以上を展開しています。かなり数が多いので、参考までに昨年の国内の販売ランキングと個人的なオススメを紹介させていただきます。

 

 

<TOPEAKのサドルバッグのシリーズの種類>
Wedge Packシリーズ (1992~2010) 生産終了
・Aero Wedge Packシリーズ (2001~) 1位
・Pro Packシリーズ (2007~)
・Wedge Dry Bagシリーズ(2010~)
・Wedge PackⅡシリーズ (2011~)
・Sidekick Wedge Packシリーズ (2011~)
・Mondo Packシリーズ (2011~)
・Dyna Wedgeシリーズ (2014~)
・Tri-Back Upシリーズ (2017~)
・Back loaderシリーズ (2017~)
Burrito Pack (2020~)  NEW

 

 

 

第1位
【商品名】Aero Wedge Pack (StrapMount)
【本体価格】¥1,700~2,700
【特徴】2001年発売の定番モデル。マイクロからLサイズまで4サイズあり。

aerowedgepaack strap

 

 

 

第2位
【商品名】BackLoader
【本体価格】¥6,600~8,800
【特徴】バイクパッキング向けの超大型サドルバッグ。6,10,15リットルの3サイズ展開。

backloader

 

 

 

第3位 
【商品名】 Aero Wedge Pack (Quick Click)
【本体価格】¥2,400~3,400
【特徴】第1位「Aero Wedge Pack」のクイッククリック仕様。サドルレールに取り付けたアタッチメントで着脱が容易。

aerowedgepaack quick

 

 

 

第4位
【商品名】 Wedge Pack Ⅱ
【本体価格】¥1,800~3,200
【特徴】クイッククリックを採用した水平ファスナータイプ。S~Lサイズにはレインカバーが付属しています。

wedgepack2

 

 

 

第5位
【商品名】 Wedge Dry Bag (StrapMount)
【本体価格】¥3,000~3,600
【特徴】防水性の高い素材を採用したロールクロージャ―タイプ。

wedgedrybag

 

 

–  –  –  –

 

定番シリーズが目立つなかで、第2位の大型リアバッグ「BackLoder」が注目です。
個人的にはベルクロテープで取り付けが容易な縦型フォルムの「Dyna Wedge」がもう少し売れてもいいのではないかと思っています。

 

オススメ

 

topaek dynawedge
▲ 空気抵抗軽減に効果的なエアロフォルムの「Dyna Wedge」
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

CATEGORY

ボトルホルダーとしても使える、便利なTIOGA「ADV Stem Bag」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TIOGAから1リットルサイズのステムバッグ「ADV Stem Bag」が発売されました。
2300円とお求めやすい価格で、ストラップの付け替えで左右どちらにも取り付けができる仕様になっています。

 

tioga adv stem bag

 

ステムバッグとは、ハンドルやヘッドチューブにストラップを使用し取り付けるバッグで、フレームバッグなどとあわせてツーリングや長距離サイクリングなどに使用します。

このタイプのバッグの登場は比較的最近で、バイクパッキングが日本に紹介されだした2017年頃からです。

リアバッグやフレームバッグと比べ地味で、選択肢もまだまだ少ない現状ですが、水筒やカメラなどの小物の収納に適し、名脇役的な存在で非常に便利です。

 

tioga stembag

tioga stembag

 

重量は100g、
カラーはブラックのみです。
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

本来の目的からは外れますが、ミニベロやピストバイクなどボトル台座のない自転車のボトルホルダー替わりとしても使えます。

先月の当ブログで、トップチューブバッグがママチャリの前カゴ感覚で使用できて日本人向きである、といった主旨の投稿をしましたが、ステムバッグも同じように活用できるはずです。

従来から使用されているカップホルダーやボトルケージは着脱に工具が必要で、それ自体が空間を占拠して邪魔になってしまいます。手元のデッドスペースを活用できるステムバッグはありそうでなかった新感覚で、今後もいろいろなブランドからリリースされていくのではないでしょうか。

 

キャンプ道具やバッグ素材の進化で可能になった「バイクパッキング」は、従来の自転車キャリアを使用した自転車ツーリングを大きく変えました。こうした流れは世界的で、最近は毎月のように新しい自転車バッグが登場しています。

ミシンひとつで簡単に参入できるこの新市場は参入企業も多く、注目のカテゴリーだと思います。

 

 

 

CATEGORY

自転車バッグの新トレンド、トップチューブバッグ 6選

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

スポーツ自転車用バッグというえばサドル下取り付けるサドルバッグが多く使用されていますが、バイクパッキングブームで、いろいろな場所にバッグをを取り付ける試みがされ高機能化している昨今、 トップチューブ上部に取り付ける小型バッグのトップチューブバッグの人気が高まっています。

スマホや補給食が、サドルに座った状態でもすぐに取り出せ非常に便利で、ママチャリの前カゴの感覚に近く、日本人向きに向いているともいわれています。

 

あると便利トップチューブバッグ 6選

 

 

giant wp
【メーカー】GIANT
【商品名】TOP TUBE BAG WP(S)
【本体価格】¥2,400
【容量】0.4L
【特徴】完全防水のTPUラミネート素材使用

 

 

 

 

tioga adv

【メーカー】TIOGA
【商品名】ADV top tube bag
【本体価格】¥2,800
【容量】0.5L
【特徴】型崩れしにくく丈夫なPVCコーテッド600デニールナイロン使用
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

 

 

topeak tridry
【メーカー】TOPEAK
【商品名】Tri Dry Bag
【本体価格】¥2,500
【容量】0.6L
【特徴】TOPEAKは同モデル以外にも多数ラインアップがあります

 

 

 

 

fefal z-race-s
【メーカー】Zefal
【商品名】Z RACE S
【本体価格】¥4,000
【容量】0.3L
【特徴】上部が透明窓になってるコンパクトタイプ

 

 

 

 


bbb toptank

【メーカー】BBB
【商品名】TOPTANK
【本体価格】¥4,700
【容量】0.75L
【特徴】7インチまでのスマホが直接使用可能

 

 

 

 

birzman zyklop-navigator
【メーカー】Birzman
【商品名】ZYKTOP NAVIGATOR
【本体価格】¥2,600
【特徴】上部にスマホなどを収納できる透明ポケット付き

 

 

CATEGORY

鍵や小物を収納できるフレームパッドADEPT「X Frame Pad」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからトップチューブにベルクロで装着できるフレームパッド「X Frame Pad」が発売されます。

xframepad

バンドワイヤー付きの14X17.5cmのナイロン素材のフレームパッドで、軽量でポケット内に小物類を収納することができます。トップチューブの取り付け周囲は10~14cmです。

adept xframepad

ベルクロなので簡単に着脱が可能で、非常に便利です。
ハンドルバーやブレーキレバー先が、トップチューブに接触してしまう構造の自転車はフレーム保護になります。スタンドがない自転車も、フレームにキズが入りやすいのでおススメです。

 

framepad

カラーはブラックとネイビーの2色
重量は35gです。

本体価格は1500円と安いので、アイデア次第では自転車以外にも活用できそうです。

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月