サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: バッグ

ボトルホルダーとしても使える、便利なTIOGA「ADV Stem Bag」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TIOGAから1リットルサイズのステムバッグ「ADV Stem Bag」が発売されました。
2300円とお求めやすい価格で、ストラップの付け替えで左右どちらにも取り付けができる仕様になっています。

 

tioga adv stem bag

 

ステムバッグとは、ハンドルやヘッドチューブにストラップを使用し取り付けるバッグで、フレームバッグなどとあわせてツーリングや長距離サイクリングなどに使用します。

このタイプのバッグの登場は比較的最近で、バイクパッキングが日本に紹介されだした2017年頃からです。

リアバッグやフレームバッグと比べ地味で、選択肢もまだまだ少ない現状ですが、水筒やカメラなどの小物の収納に適し、名脇役的な存在で非常に便利です。

 

tioga stembag

tioga stembag

 

重量は100g、
カラーはブラックのみです。
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

本来の目的からは外れますが、ミニベロやピストバイクなどボトル台座のない自転車のボトルホルダー替わりとしても使えます。

先月の当ブログで、トップチューブバッグがママチャリの前カゴ感覚で使用できて日本人向きである、といった主旨の投稿をしましたが、ステムバッグも同じように活用できるはずです。

従来から使用されているカップホルダーやボトルケージは着脱に工具が必要で、それ自体が空間を占拠して邪魔になってしまいます。手元のデッドスペースを活用できるステムバッグはありそうでなかった新感覚で、今後もいろいろなブランドからリリースされていくのではないでしょうか。

 

キャンプ道具やバッグ素材の進化で可能になった「バイクパッキング」は、従来の自転車キャリアを使用した自転車ツーリングを大きく変えました。こうした流れは世界的で、最近は毎月のように新しい自転車バッグが登場しています。

ミシンひとつで簡単に参入できるこの新市場は参入企業も多く、注目のカテゴリーだと思います。

 

 

 

CATEGORY

自転車バッグの新トレンド、トップチューブバッグ 6選

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

スポーツ自転車用バッグというえばサドル下取り付けるサドルバッグが多く使用されていますが、バイクパッキングブームで、いろいろな場所にバッグをを取り付ける試みがされ高機能化している昨今、 トップチューブ上部に取り付ける小型バッグのトップチューブバッグの人気が高まっています。

スマホや補給食が、サドルに座った状態でもすぐに取り出せ非常に便利で、ママチャリの前カゴの感覚に近く、日本人向きに向いているともいわれています。

 

あると便利トップチューブバッグ 6選

 

 

giant wp
【メーカー】GIANT
【商品名】TOP TUBE BAG WP(S)
【本体価格】¥2,400
【容量】0.4L
【特徴】完全防水のTPUラミネート素材使用

 

 

 

 

tioga adv

【メーカー】TIOGA
【商品名】ADV top tube bag
【本体価格】¥2,800
【容量】0.5L
【特徴】型崩れしにくく丈夫なPVCコーテッド600デニールナイロン使用
(こちらの商品はAmazon.co.jpでもご購入いただけます)

 

 

 

 

topeak tridry
【メーカー】TOPEAK
【商品名】Tri Dry Bag
【本体価格】¥2,500
【容量】0.6L
【特徴】TOPEAKは同モデル以外にも多数ラインアップがあります

 

 

 

 

fefal z-race-s
【メーカー】Zefal
【商品名】Z RACE S
【本体価格】¥4,000
【容量】0.3L
【特徴】上部が透明窓になってるコンパクトタイプ

 

 

 

 


bbb toptank

【メーカー】BBB
【商品名】TOPTANK
【本体価格】¥4,700
【容量】0.75L
【特徴】7インチまでのスマホが直接使用可能

 

 

 

 

birzman zyklop-navigator
【メーカー】Birzman
【商品名】ZYKTOP NAVIGATOR
【本体価格】¥2,600
【特徴】上部にスマホなどを収納できる透明ポケット付き

 

 

CATEGORY

鍵や小物を収納できるフレームパッドADEPT「X Frame Pad」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからトップチューブにベルクロで装着できるフレームパッド「X Frame Pad」が発売されます。

xframepad

バンドワイヤー付きの14X17.5cmのナイロン素材のフレームパッドで、軽量でポケット内に小物類を収納することができます。トップチューブの取り付け周囲は10~14cmです。

adept xframepad

ベルクロなので簡単に着脱が可能で、非常に便利です。
ハンドルバーやブレーキレバー先が、トップチューブに接触してしまう構造の自転車はフレーム保護になります。スタンドがない自転車も、フレームにキズが入りやすいのでおススメです。

 

framepad

カラーはブラックとネイビーの2色
重量は35gです。

本体価格は1500円と安いので、アイデア次第では自転車以外にも活用できそうです。

 

CATEGORY

ポーターバイクのフロント・ラックにピッタリのバッグ ADEPT「FORWARDER」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ADEPTからショルダーバッグとしても使用できるロールトップ2WAYフロントバッグ「forwarder」が発売されました。

adept

 

ADEPT「トラスポーター」などのポーターラックなどにストラップで簡単に取り付けられ、日常使いからツーリングまで幅広く使用できるナイロン製フロントバッグです。着脱式のショルダーストラップを使用することで普通のショルダーバッグとしても使用できます。

 

adept forwarder

 

大きさはL225xW330xH360mm、最大23ℓ収納可能で内容物に応じてロールアップして縮小が可能です。
カラーはストレートネイビーとブラックの2色。

 

adept forwarder adept frontbag

 

重量は530g

本体価格は6800円で2017年8月発売です。

 

adept

CATEGORY

topeak バイクパッキング用サドルバッグ「backloader」に超大型15ℓ追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

米国北西部オレゴン州を発信源に、広がりつつある新しい自転車ツーリングスタイルバイクパッキング。金属製のキャリアを使用せず軽量化された高機能の大型バッグをドカドカと取り付けたキャンピングスタイルは、冒険家の自転車旅だけにとどまらず、新しい自転車の潮流として同州の中心都市のポートランドのライフスタイルとして定着しつつあります。

2017年5月に発売されたtopeak「バックローダー」は、バイクパッキングの起爆剤となる低価格リアバッグで、6リットルと10リットルの2種類をラインナップしていましたが、好評につき8月に超大容量の15リットルが新しく追加されます。

bagloader 15l

サイズはL670xW280xH180mmと大型で、大きな荷物もカバンごとすっぽり収納できます。

 

topeak backloader

 

<バックローダーの種類>
6リットル (335g) ¥6,600
10リットル(413g) ¥7,700
15リットル(565g) ¥8,800

topeak backpacking

サンプル(10ℓ)をご用意していますので、荷物をバッグを付けた状態で試乗してみてください。

取付には後輪上にある程度のクリアランスが必要になります。取付方法や調整方法など説明させていただきますので、是非自転車でご来店ください。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月