サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: ヒストリー

自転車博物館 特別展 「折りたたみ自転車 創意工夫」を見に行ってきました。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車部品メーカーシマノが篤志で運営している自転車博物館 サイクルセンターで開催されている特別展「折りたたみ自転車 創意工夫」を見に行ってきました。
折りたたみ自転車の歴史や開発経緯などを現車やパネルで説明されていて非常に興味深い内容となっています。

一部を紹介いたします。

① キャプテン ジェラール
captain gerhard bike
【メーカー】プジョー
【車名】キャプテンジェラール
【国名】フランス
【年】1895年
【重量】16kg
【車輪径】22インチ
【全長】完成時:148cm/折畳時:78cm
【特徴】仏 陸軍歩兵ジェラール大尉が作った世界初軍用折り畳み自転車。
foldingbike  foldingbike

foldingbike  foldingbike

 

 


② パラトルーパーparatrooperbike
【メーカー】BSA
【車名】パラトルーパー
【国名】イギリス
【年】1940年
【重量】14kg
【車輪径】26インチ
【全長】完成時:164cm/折畳時:104cm
【特徴】英軍パラシュート部隊が背負い飛行機から降下し、敵陣の偵察や輸送に使用。工具を使わず蝶ネジを手で回して組み立てができる。背中に背負うため14kgと軽量。
forldingbike  foldingbike
foldingbike  foldingbike
foldingbike  foldingbike

 

 

 


 

 

③ ポーターシルクpotersilk
【メーカー】片倉自転車工業
【車名】ポーターシルク
【国名】日本
【年】1955年
【重量】17kg
【車輪径】16インチ
【全長】完成時:120cm/折畳時:70cm
【特徴】日本製の折り畳み自転車。志村精機製作所が製造したものを1954年設立の片倉工業が製造権を獲得し製品化。
katakurasilk  katakurasilk

 

 


 

 

④ バタバスbatavus
【メーカー】バタバス
【車名】ホールディングバイク
【国名】オランダ
【年】1968年
【重量】12kg
【車輪径】20インチ
【全長】完成時:110cm/折畳時:66cm
【特徴】自転車大国オランダでは折りみであれば電車の客室に乗せることができる。自転車博物館サイクルセンターはこのバタバス社のコレクションを受け継いで1992年に開設された。
batavus  batavus

 

 


 

⑤ のびのび号mitsutoyo
【メーカー】ミツトヨ
【車名】のびのび号
【国名】日本
【年】1975年
【重量】16.3kg
【車輪径】12.5インチ
【全長】完成時:125cm/折畳時:95cm
【特徴】精密測定メーカーのミツトヨが社内アイデアコンテストで200台ほど生産した希少車。フレームやシート棒が伸縮式、ペダルとハンドルが折り畳み式。当時の販売価格は16万円。
mitsutoyo nobinobi   mitsutoyo nobinobi

mitsutoyo nobinobi


 

⑥ ブロンプトンbrompton
【メーカー】ブロンプトン
【車名】ブロンプトン
【国名】イギリス
【年】1975年
【重量】11.4kg
【車輪径】16インチ
【全長】完成時:145cm/折畳時:54cm
【特徴】ジャケットとタイで気取って乗る英国紳士の折り畳み車。収納しやすさだけでなく、担ぎやすさや押しやすさも考慮されている。現在も生産されているが市場価格は19万円。
brompton   brompton


 

⑦ ワンタッチピクニカonetouchpikunika
【メーカー】ブリヂストンサイクル
【車名】ワンタッチピクニカ
【国名】日本
【年】1988年
【重量】15.8kg
【車輪径】14インチ
【全長】完成時:120cm/折畳時:115cm
【特徴】車名通りワンタッチ(片手)で小さくたためる小径車。前カゴなど実用性も考慮されていて、当時5万円を切る安さで販売されヒット商品となった。現在でも「ピクニカマニア」と呼ばれる愛好家もいる。
onetouchpicnica   onetouchpicnica


 

 

⑧ トレンクルtrencle
【メーカー】パナソニックサイクルテック
【車名】トレンクル
【国名】日本
【年】1998年
【重量】6.5kg
【車輪径】14インチ
【全長】完成時:117cm/折畳時:66cm
【特徴】チタン製のフレームとハンドルを採用し、わずか6.5kgという究極の折り畳み自転車として現在も進化中。
traincle   traincle


 

特別展は2016年3月21日まで開催されています。
常設展示も貴重な自転車や面白い自転車がありますので是非行ってみてください。

 

 

 

|| 自転車博物館 サイクルセンター

bikemuse001

住所:大阪府堺市堺区大仙中町165-6 大仙公園内
運営:財団法人 シマノサイクル開発センター
アクセス:JR百舌鳥駅 徒歩10分
営業:10:00-16:30 (月曜閉館)
料金:一般 200円 (団体・学生・障がい者・高齢者割引有)

CATEGORY

自転車メーカーの創業者たち (取り扱いメーカー抜粋)

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ラレー raleigh
【創業年】1887年
【創業地】英 ノッティンガム
【創業者】フランク・ボーデン准男爵 (実業家)
【ブランド概略】
内装変速やハブダイナモなど現代の自転車の基礎を開発する。
20世紀半ばには世界最大の自転車メーカーとなり、ツールドフランスをはじめ数多くの自転車レースに機材を供給。

 

|宮田 miyata
【創業年】1890年
【創業地】東京 墨田区
【創業者】宮田栄助 (製銃師)とその次男
【ブランド概略】
日本で初めて自転車を工場生産。消火器の国産化に初めて成功。オートバイなども生産していたが2009年上場廃止。

 

シュウイン schwinn
【創業年】1895年
【創業地】米 シカゴ
【創業者】イグナス・シュウイン と アドルフ・アーノルド
【ブランド概略】
リーバイスやフォードなどと並んで米国大衆文化の象徴。
ビーチクルーザーやBMXを大量生産し大衆化する。

 

フジ fuji
【創業年】1899年
【創業地】東京 町田市
【創業者】岡崎久次郎 (衆議院議員)
【ブランド概略】
ラーヂ自転車の販売やフラッシャー自転車の製造で長く日本の輪業の発展に貢献するが1997年に倒産。
1970年代に海外進出の米国代理店が中心となりブランドを再生する。

 

新家 araya
【創業年】1919年
【創業地】石川県加賀市
【創業者】新家熊吉 (初代 加賀市長)
【ブランド概略】
祖業は自転車のリムの製造。世界で初めてマウンテンバイクの大量生産に成功する。

 

ジオス gios
【創業年】1948年
【創業地】イタリア トリノ
【創業者】トルミーノ・ジオス (ベルリン五輪 自転車代表選手)
【ブランド概略】
イタリアの工業都市トリノで2001年までフレームの生産をおこない、その後トルミーノの息子アルフレードらによって拠点を香港に移す。鮮やかな青いフレームは「ウイニングブルー」といわれる。

 

ジャイアント giant
【創業年】1972年
【創業地】台湾 台中
【創業者】キング・リュー (ウナギ養殖業者)
【ブランド概略】
ウナギの養殖場が自然災害で大打撃を受け自転車部品の製造に転業。
シュウインの下請けで技術力を高め、台湾を代表する企業に成長する。

 

 

バッソ basso
【創業年】1976年
【創業地】イタリア ヴィチェンツァ
【創業者】マリオ・バッソ (1972年ロードバイク世界王者)とその弟たち
【ブランド概略】
自転車ギアメーカーのカンパニョーロ社のあるヴィチェンツァに工房を構えるロードバイクメーカー。
1990年代前半からカーボン製フレームに取り組むイタリアンブランド。

 

センチュリオン centurion
【創業年】1976年
【創業地】ドイツ シュヴァーベン
【創業者】ウォルフギャング・レナー (自転車部品輸入業者)
【ブランド概略】
センチュリオンはスペシャリズド、メリダ、宮田と同じ台湾 メリダの工場で生産される自転車ブランドの一。
アルミ製のマウンテンバイクが価格の割にクオリティが高い。

 

ジー・ティ gt
【創業年】1979年
【創業地】カリフォルニア州 サンタアナ
【創業者】ゲーリー・ターナー (楽器の修理職人)
【ブランド概略】
ゲーリー・ターナーはトランペットやトロンボーンの溶接技術を生かしBMXのフレームを製造。
1990年代 マウンテンバイクのリアサスペンションが高い評価を受ける。

 

ルイガノ louis garneau
【創業年】1983年
【創業地】カナダ ケベック州
【創業者】ルイ・ガノー (ロス五輪 自転車代表選手)
【ブランド概略】
自転車トラック競技選手のルイ・ガノーは1983年にサイクルウエアの製造を開始。1989年にはヘルメットの生産を始め北米市場で成功を収める。ライセンス契約で日本市場に進出。

 

フェルト felt
【創業年】2001年
【創業地】ドイツ
【創業者】 ジム・フェルト (エンジニア)
【ブランド概略】
フレームパイプメーカーのイーストン社で「天才」「魔術師」と言われたエンジニアのジム・フェルトが2001年に独立して誕生したブランド。エアロダイナミクスを研究し、究極のロードバイク、トライアスロンバイクの作成に挑む。

 

トーキョーバイク tokyobike
【創業年】2006年
【創業地】東京 谷中
【創業者】金井一郎 (カーナビのマーケティング担当)
【ブランド概略】
日本人が「東京」の街を楽しく走れる道具として自転車を開発。
レース用自転車は生産せず、使い勝手の良さを追求。

 

ロックバイクス  rockbikes
【創業年】2012年
【創業地】大阪狭山市
【創業者】西山直人 (自転車輸入業者)
【ブランド概略】
FUJIのピストバイクなどのデザインを手がけた西山直人が都会的でストリートカルチャーに受け入れられるような機能美を追求した高品質な自転車を理想とした新興ブランド。

CATEGORY

新家工業と新家熊吉の軌轍

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

日本で唯一自転車のリムを生産している会社があります。

araya

新家工業。

大阪・南船場に本社があるこの東証一部上場企業の起源をたどると、100年以上前の北陸・加賀の山中温泉にたどりつきます。

大阪からサンダーバードで2時間。石川県の南西部福井県に接する加賀市。特急停車駅の加賀温泉駅からバスに乗り百万石の田園風景を20分程走ると、モヤかかった山に挟まれた渓谷に沿うよう形成された温泉街「山中温泉」につきます。温泉街の入れ口付近になると電柱広告に「アラヤパイプ」「アラヤリム」と交互に現れ、しばらくするとリムを生産する山中工場が見えてきます。

arayafactory  arayafactory

新家工業は戦後の混乱からいち早く再建するため創業者の出身地でもある石川県に山中工場を操業させます。精密な技術が必要な自転車パーツの製造に山中漆器、九谷焼などの伝統工芸で培われた職人技がいかされました。

kagakagakagakaga

1946(昭和21)年に完成車の生産を始めると、敗戦で焦土化し交通手段が乏しかった時代に移動目的で自転車が売れ「2台に勝る1台」といわれ高く評価されました。1982(昭和57)年には日本で初めてオフロード用自転車マウンテンバイクの量産に成功し世界にその名を知らしめることになります。

kagapresdentkagapresdent  kumakichi

近代化した工場に労働者が集まり加賀の地場産業として成長。大同工業や新家銀行(現在の北陸銀行)の礎を築いた創業者の長男の新家熊吉は初代加賀市長に選出され現在でも地元の名士として崇められています。

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月