サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: レザイン

コストパフォーマンスの高いハイグレードライトLEZYNE「MICRO DRIVE 600XL」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

美しいCNC削り出し技術を多用する自転車用品メーカーLEZYNE。最近はGPSコンピュータをイチオシしているようですが、「Y13」(創業13年目という意味らしい)と題してライト類がバージョンアップされます。

今では一般的になったリチウム充電式のヘッドライトも、数多くラインナップされています。ハイグレード「MIRCO DRIVE」シリーズは、クーリングフィン付きのデザインに変更になり、価格もお求めやすくなってきました。かつて8400円だった双眼の「MIRCO DRIVE 600XL」はクラス最安値の6480円です。

しかも、LEZYNEのライトは中国製ではなく、台湾製です。

lezyne microdrive

当ブログを読んで下さっている方は台湾の自転車産業のことを度々ご紹介させていただいているので、説明不要かもしれませんが、非常に品質です。

所用でたまに近所のホームセンターに行くと、いまだに単三電池式の100ルーメン程の低性能のプラスチック製自転車灯が主流で驚きます。こういった製品は防水性もなく、おそらく片手のチカラで破壊できる強度で、転倒時は割れてしまうでしょう。

USBで充電できるこのような製品は多くのメーカーから発売されています。
選択肢も多くあり先月もミドルグレードのMOON「METEOR-X AUTO」を紹介しましたが「MIRCO DRIVE 600XL」は、600ルーメンでワンランク上のハイグレードモデルにあたる性能です。

 

 

lezyne microdrive 600xl

 

 

– –

| USBライト600ルーメン以上 人気モデル【価格比較】

① LEZYNE  「MICRO DRIVE 600XL」 ¥6,480 ←New
② SERFAS「USL-900」¥7,800
③ GIANT 「RECON HL700」¥8,000
④ guee「SOL 700 plus」¥8,800
⑤ knog 「PWR ROAD 600」 ¥9,800
⑥ TOPEAK 「CubiCubi 850」  ¥14,400
⑦ CATEYE  「VOLT 800」   ¥16,000

*LEZYNE 「LITE DRIVE 1000XL」¥8,900 ←New
*LEZYNE「CLASSIC DRIVE 700」¥7,800 ←New

– –

 

取り付けは工具不要のシリコンマウント方式、充電はワイヤー不要の直差しタイプです。
カラーはブラックとシルバーの2色です。

Y13 lezyne microdrive 600xl

CATEGORY

LEZYNE USB充電の前照灯「HECTO DRIVE」に新色追加

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

レザインの大光量LEDライト「HECTO DRIVE」に新色が追加されました。

lezyne hecto

マウントレスで簡単にハンドルバーに着脱できるコンパクトボディの人気のLEDライト「HECTO DRIVE」の新色のブルーとレッドが登場です。ハイパワー/ローや点灯/点滅モードがあり、最大400ルーメンのハイパワーで1時間使用可能です。価格そのままで従来品よりより明るくなっていてボディに色が付いただけでなくちゃんと進化しています。

lezyne usb

CNC削り出し仕上げのボディをアルマイト加工し美しい外観となっています。
ワイヤーなしで充電することができ経済的でエコロージー、耐水性も非常に高く雨でももちろん使用できますし、汚れたら水洗いも可能です。重量もマウント込みで82gと軽量、充電式ですので乾電池も不要です。

lezyne hecto

本体価格は3990円
近日入荷予定です。

lezyne hectodrivelezyne hectodrive

ブラックとシルバーも好評発売中です。

CATEGORY

LEZYNE「KTV PRO」がモデルチェンジでシリコンボディに

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

LEZYNEのUSB充電式ライト「KTV PRO」がモデルチェンジしました。

lezyne ktv pro red

CNCアルミとシリコンのハイブリッドボディだった「KTV PRO」を改良し全体的に薄いシリコンで覆い、落下衝撃や防水性を大幅に向上しています。本体価格も1割りほど下がって、バッテリーライフも向上しています。

 

lezyne ktv pro 
ワイヤーなしで直接USBで充電できるタイプでエコノミーモードで最大2.5時間点灯、フラッシングモードだと6時間以上点灯するリチウムイオンバッテリーです。

明るさは最大70ルーメン、重量は50gと軽量です。
マウントは工具なしで取り付け可能なシリコンストラップ式で光軸を調整できるように首ふりが可能です。

CNC独特の製品っぽい美しさはなくなりましたが、ゴツっとしていているけど柔らかい90年代のGショック腕時計のようなイメージで親しみが出てきます。

lezyne ktv   lezyne ktv drive

lezyne ktv pro

カラーはホワイト,レッド,ブラックの3色。
白は汚れそうですが耐水性が非常に高いので水洗いしても大丈夫ですので安心ください。

製品型名は「KTV DRIVE」ですが、日本国内では大人の事情で「KTV PRO」という商品名になっています。パッケージには「KTV DRIVE」と書いていますが同じ商品です。ややこしくてすいません。

CATEGORY

サイクルモード2016の最新ガジェット&パーツ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

前回の続き>

▷ガジェット類

lezyne gps
▲ 最注目はレザインのスマートウォッチとしても使用できるサイクルコンピュータ「GPS」。日本語対応で本体価格12000円からとお求めやすいGPS付きのサイコンです。ケイデンスセンサーなど関連製品も発売予定です。

 

 

pioneeer
▲ パイオニアのパワーメーター。今回のサイクルモードは「デジタルギアゾーン」が設けられ、インターネット接続端末が多数展示されている。

 

 

 

polar
▲ ポラールのスマートウォッチ。手首で心拍を測定できるハートレートモニター付き。

 

cateye  cateye
▲ 高輝度なキャットアイの自転車ライト。同社はじめ日本企業が多数参加している。

 

cyclebell cyclebell oi
▲ このブログでも度々紹介しているknogの新しいベル 「Oi

 

 

cycle saddle cycle saddle
▲ BROOKSは150周年記念サドル(右画像)を展示

 

 

▷ ドライブトレイン系

 

 

cyclemode shimano
▲ シマノは大ブースでドライブトレインの新型「DURA-ACE」など多数アピール

 

 

sram
▲ 米 SRAMもロードバイクパーツを中心に展示

 

campagnolo
▲ イタリアの老舗ブランド カンパニョーロ

 

diacmpe  diacmpe
▲ ダイアコンペのアルマイトカラーのブレーキ

 

 


▷ タイヤ

panaracer regacross  panaracer gravelking
▲ パナレーサーのグラベル用タイヤ「REGACROSS」「GRAVELKING」

 

 

kunieda irc
▲ リオパラリンピック銅 国枝慎吾選手の足元を支えたIRCのタイヤ

 

kenda tire  vittoria
▲ 海外のタイヤメーカー
左/ケンダ    マウンテンバイク用オフロードタイヤ等展示
右/ビットリア   ロードバイクタイヤ中心のラインナップ

 

 

 

 

▷ウエア類

ogk
▲ エアロダイナミクスと快適性を両立したOGKの「aero-R1」ヘルメット

 

pealizumi▲ パールイズミのサイクルジャージ。

 

サイクルモードも今回で12回目を迎えマンネリを打破すべく、趣向を凝らした内容で自転車マニアならずとも楽しめるイベントとなっています。しかしながら規模は縮小傾向にあり、2012年には200ページ近くあったガイドブックも本年は100ページをきってしまっています。

かつては幕張メッセとインテックス大阪の2会場で盛大に行われていたイベントも幕張メッセだけとなり、参加を見送っているメーカー増えていて毎年新商品を楽しみに見に行っている私には少し物足りない感じもしました。

規模縮小の原因のひとつに台湾で開催されている台北サイクルショーへの流出です。
近年の台湾の自転車産業の発展は目覚ましいものがあり、パソコンでいうところのシリコンバレーのように新しい企業や高い技術が次々と創出され、成功を収めています。

台北には出展するが、幕張には出展しない。

欧米、台湾のメーカーだけでなく日本のメーカーですら台北重視の気配がうかがえます。
日本の自転車製造大手のブリヂストンサイクルがサイクルモードへの出展を見送り、台北で小間ブースを出展していたのはそれを象徴しているように感じました。

CATEGORY

「台北サイクルショー2016」各ブースの模様 <画像24枚>

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

(昨日の続き)

各社のブースや新しい商品の模様です。

 

shimano metreashimanoはアーバンスポーツ用コンポーネント「METREA」を公開。

 

sram 1x11
▲ shimanoのライバルSRAMも「1×11」のコンポを発表。

 

taipeicycle giant▲ 一番の人気はやはりGIANT

 

taipeicycle merida
▲ マウンテンバイクのイメージが強いMERIDAはロードバイクをアピール。

 

taipeicycle tioga▲ TIOGAは27.5インチタイヤ「FASTR」を展示。

 

taipeicycle giosGIOSのクロモリロードバイク。お決まりの青いブース。

 

taipeicycle lezyineLEZYNEはGPSを展示。

 

taipei tern▲ DAHONの御曹司が始めたブランドtern。日本ではほぼ無名だが完成車ではGIANT、MERIDAに次ぐ規模のブースを出展。台北ショーではIDEAL(フジ)やGARNEAU(ルイガノ)より勢いがあったように感じます。新興メーカーがGIANT,SHIMANO,MERIDA,SRAMなどのブースがある会場の真ん中に大ブースを出展できるというだけでも驚きです。203でも取り扱いを交渉中。

taipei tern    taipei tern
▲ ternは折り畳みとクロスバイクのラインナップ。

 

kuwahara bmxクワハラのBMX

 

michelin tite
ミシュランのオフロードタイヤ。

 

Eddy Merckx
EDDY MERCKXのカーボンバイク。

 

tange yasujiroTANGEのクロモリ製ロードバイク「YASUJIRO」

 

taipei argon18 ARGON18のロードバイク。

 

bobike bobikeのベビーシート。

 

wtb tireWTBのマウンテンバイク用タイヤ。

 

BROMPTON
▲ 一世風靡したBROMPTONの折り畳み。

 

taipei saddle▲ カラフルなSELLE ITALIAのサドル「net」。

 

taipei topeak
TOPEAKの新しいUSBライト「White Lite Mini

 

bridgestoneブリヂストンのクロモリ製ロードバイク。日本のメーカーも多く参加しています。

 

elite cycle
ELITEのローラー台に乗る女性。一日中乗っているのかな?

 

microsift microshiftの11速コンポーネント。

 

 

irc tire IRCのロードタイヤ。

 

taipecycle2017来年は3月22日から25日に開催のようです。

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月