サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: 名車紹介

【名車紹介】アルミ接着パイプ技法で常識を覆したALAN

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車部品メーカーシマノが篤志で運営している自転車博物館 サイクルセンターで開催されている特別展「イタリアン自転車展」を見に行ってきました。

本稿では、展示車の1台から時代を変えたALANのアルミ製ロードバイクを紹介したいと思います。
ALANは1972年にルドヴィーゴ・ファルコ―二という技師がイタリアで興したブランドで、フレーム素材は鉄が当たり前の時代に、画期的なアルミ製フレームの自転車を製造し常識を覆しました。

 

alan

 

ファルコ―二は「カンパニョーロ社の自転車部品はアルミでできているのに、なぜフレームは鉄なのだろう」という疑問から、狂人扱いされながらもアルミ製フレームの自転車の研究を開始。当時、カンパは軽量化のために部品素材を鉄からアルミへシフトしている時代でした。

 

alan italy

 

そして、試行錯誤の末、アルミ製ラグにアルミ製パイプを接着するという工法でフレームを生産しました。しかし、当時の接着剤は紫外線に弱く技術も開発段階にあり、長年乗るとパイプが抜けるといった事例が発生していました。ALANの接手は接着面に工夫がされていて高強度で、レーシングバイクから市販車まで販売されました。

 

alan roadbike

 

現在、鉄フレームではラグを使用した作成法はよく用いられますが、アルミ製はあまりラグを使用しません。ALANの成功をきっかけにアルミ製自転車は増加し、溶接技術が向上。丸型パイプが原則となるラグドフレームは、設計の際の自由度が高い溶接フレームに駆逐されてしまいます。

 

alan lug

 

展示されているロードバイクは1973年にシマノがヨーロッパから2台輸入した内の1台で、現在は同博物館の館長の長谷部雅幸氏が選手時代に実際に使用し、全日本選手権3位など好成績を収めアルミの可能性を実証したその現車です。ただ、残念なことにチネリのサドル以外は当時使用した機材とは違うものがついているそうです。

 

alan 1974

 

シルバー色のアルミラグ部は一切飾り気はなく、トップチューブのパイプ径が25mm、ダウンチューブとシートチューブ径は28mmの鉄のようにスリムなアルミパイプは、ゴールド色にアルマイト加工されています。もともとはOEM生産用商材でドイツの某メーカーのステッカーが貼ってあったそうです。
同時に輸入されたもう一台はシルバーの地肌色で、分析研究用に解体されたようです。(分解の詳細は「ニューサイクリング」1975年1月号Vo122に掲載されています)

 

alan aluminum

フレームには3種類の最適化されたアルミ合金が使用されていて、注目を浴びたいがために製作したのではなく、アルミ車の可能性を研究して本格的に製作されたものだとわかります。

 

 

alan 1973

 

その後、ALANの自転車はシクロクロス競技において独壇場といえる活躍をみせ、カーボンチューブを使用した新技術で他社をリードし、アルミやカーボンといえばALANの自転車という状態になったそうでう。今ではどこのメーカーでもやるようになりましたが、当時は時代の先をいった先進的なメーカーであったといえます。

 

 

alan japan

 

 


 

■ 日本のアルミ自転車  三菱重工「十字号」

ALANがアルミ製自転車を開発する30年ほど前に日本ではすでにアルミ製自転車を国産化していました。

mitsubishi jyuujigo

戦後、軍事産業から民需へ転換するために自転車製造へ参入したメーカーが数社ありました。三菱重工は戦闘機づくりの技術を応用しリベット打ちしたジュラルミンで自転車を製造していました。

 

CATEGORY

【名車紹介】加藤一氏のエルス「LONGCHAMP」をみてきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

神奈川県茅ケ崎市にて開催の「自転車の世紀展」に行ってきました。
展示自転車の中の1台、1969製作 ルネ・エルス「ロンシャン」を本稿では紹介します。

chigasaki bijyutsukan

ルネ・エルス(1908~76)はフランスの名工で「パリの宝石」と称されるほど美しく贅沢な自転車を精力的に製作し、昭和中期以降の日本の自転車文化にも影響を与えた故人です。エルスは日本人向けにも数百台の自転車を作成しましたが、その中でも沼勉氏がオーダーした「RANDONNESE(ランドヌーズ)」と加藤一氏の「LONGCHAMP(ロンシャン)」は研究素材とされ格別なあつかいをされている名車です。

加藤氏は元競輪選手で、引退後はフランスに移住し画家として活動され、沼氏の紹介でエルスの工房を訪れ、オールメッキのこの現車をオーダーしたそうです。時期としては沼氏の「ランドヌーズ」のオーダーの2年後の69年のことで、加藤氏は沼氏のオーダー時にも立ち会っていたそうです。

 

lyli herse

エルスの自転車は1954年に日本の自転車研究の第一人者である鳥山新一氏が初めて国内に持ち込み、以来、東叡社やニューサイクリング誌を選好する当時の趣味人によって日本のツーリング車の理想像とされてきました。60年代後期は比較的舶来部品も容易に入手できるようになり、日本からの難しい注文も増加していた時期のようです。

 

herse longchamp

「ロンシャン」は簡易のマッドガードが付いたロードバイクで、ホリゾンタル型の美しいシルエットをしています。ダニエル・ルブールの線画カタログでは、コロンバス製のフレームとなっていますが…

 

rene herseフレームパイプはレイノルズ社製のマンガンモリブデン合金、加藤氏の注文でロゴは白い塗料で手書きされています。そして、ボトル台座の位置がダウンチューブではなくシートチューブになっています。

 

 

reneherse stem

ジュラルミン鍛造の角材から削り出された完全ハンドメイドのエルス自作のステム。突き出し部が空洞でブレーキワイヤーのストッパーが設けられています。

reneherse stem

 

 

 

 

reneherse longchamp   bluemels
左/ ブレーキワイヤーは穴あけ加工されたフレーム内に取りまわされている
右/ リアのテールに反射板の付いたブルーメルの簡易フルフェンダー

 

 

colombus

 

駆動系などのパーツは「MILANO-SAN-REMO」のレーシーな仕様にカスタマイズされています。

campagnolo 1969      huret reneherse
右 /Fメカはカンパのレコード、フロントギアはトリプル
左 /リアメカはカンパのヌーボレコード 6スピードの高速仕様

 

– –

herse milan-sanremo
▲ 参考 -レイノルズフレームにカンパドライブの「MILAN-SAN-REMO」

– –

 

 

1969 saddle

サドルはユニカのブラックの革貼り

 

longchamp 1969

ブレーキはシートステイに設けられた台座を使用、ブレーキアーチ内側とタイヤの間にドロヨケを通されています。

 

reneherse 1969

| Longchamp ロンシャン (1969年製)

<SPEC>
フレーム: レイノルズ531 クロモリ シルバーメッキ
変速:カンパニョーロ 3×6速
ブレーキ:ワインマン センタープル
タイヤ:クレメン ロード用
サドル:ユニカ
ステム:エルス
ドロヨケ:ブルーメル
ペダル:カンパニョーロ

 

 


 

 

chigasakimuse

この「自転車の世紀展」では東叡社のツーリング車 1968製「パリ・ブレスト・パリ」とあわせてわかりやすく展示してありました。

herse paris-brest toei paris-brest
左/エルス「PARIS-BREST」
右/東叡社「パリ・ブレスト・パリ」

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月