サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: 日本製

軽い・さびない・壊れにくい、クラシックな扇工業「ひびきベル」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

「軽い・さびない・壊れにくい」

1975年創業、東京・足立区の扇工業から樹脂不使用のオールメタルのクラシックな雰囲気の「ひびきベル」が発売されました。

 

classicbell

 

外たたき式の右手用ベルで、アームを人差し指で引き、反作用でドームの横を打ち鳴らす、なつかしさを感じるワン式ベルです。ドームの外径は45mmで、音はきわめて高音で澄んだ音色になります。

 

classicbell

片ネジ止めでφ25.4~28.6mmのハンドルバー径に取り付けができ、引手が360°回転し鳴らしやすい位置に調整が可能です。

右側に変速レバーがついている自転車には使用できないものもありますが、そういう自転車でもハンドルポスト式ステムならステム棒に縦に取り付けができます。

oigibell

 

ベルワンはシルバー,ゴールド,ブロンズの3色、
ゴールドとブロンズは真鍮製となります。

真鍮はすぐに変色し光沢がなくなりますが、エイジングが楽しみながら、自転車を買い替えても乗せ替えて愛着をもち長く、育てていくイメージでご使用ください。

本体価格はシルバー(アルミ製)が¥750、
ゴールドが¥900、ブロンズが¥1,100となります。

 

ベルは戸建住宅でいうと表札に相当する自転車の顔となるアクセサリーです。
100円均一のベルは卒業し、少々高くてもいいものを使用しましょう。

付けていないというのは道路交通法で違反ですので、言語道断です。

CATEGORY

世界初、消音機能付き。周囲に存在を知らせる熊よけ鈴、東京ベル「森の鈴」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

1949年創業、東京・荒川区の自転車ベルメーカー東京ベル製作所からサドルレールやカバンなどに取り付け自転車の存在を知らせる「森の鈴」がリリースされました。

tokyobell tokyobell  morinosuzu

tokyobell  bearbelltokyobell  bearbell morinosuzu

自転車に取り付けて走行すると自然に揺れて澄んだ音色で周囲に存在を知らせることができる歩行者に優しいベルです。真鍮製のワンはシルバー,ゴールド,パールブルー,ピンクゴールドの4色、外径は35mmとコンパクトです。取り付けはカラビナ式で簡単に着脱が可能です。

 

tokyobell

普通の鈴との違いはベルを下にひくことで消音することができる点です。音も高音で余韻の長い音色でさすが日本製です。幼児車,子供車,ロードバイクだけでなく渓流釣りやハイキングなどの熊よけや来客を知らせるドアのベルなど幅広い用途で使用できます。

本体価格は2200円、
2017年1月発売です。

CATEGORY

信頼のメイドインジャパン、オフロードからアーバンライドまでMKS「オールウェイズ」ペダル

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

MKS 三ヶ島ぺタルからオフロードからアーバンスタイルまで多目的に使用できる両面踏みアルミ合金ペダル「オールウェイズ(allways)」がリリースされました。

mks always
L110xW98xH30サイズで普段使いの自転車にアクセントして幅広い用途で使用していただけます。

ペダル中心部に向かってわずかに凹状になっているボディ形状に靴底を傷めにくい低いスパイクピンでスニーカーでも吸いつくような安定感を実現。さすがのメイド・イン・ジャパンです。

 

mikashima always

スピンドルは合計3個のシールドベアリングで従来のベアリング+プッシュタイプよりスムーズな回転と耐久性を実現しました。重量はペアで381gで本体価格は¥5,900、カラーはシルバーのみです。

リフレクター,トークリップ,ビンディングシューズは使用できません。

 


また、オリタタミ自転車やツーリングなどの輪行には工具なしで簡単に着脱できるMKSオリジナルの簡単脱着機構EzySuperiorシステム採用の「オールウェイズ Ezy Superior」が同時リリースされますのでこちらが最適です。

mks allwaysezys

重量は434g、本体価格は10500円です。

CATEGORY

サイクルモード2016の最新ガジェット&パーツ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

前回の続き>

▷ガジェット類

lezyne gps
▲ 最注目はレザインのスマートウォッチとしても使用できるサイクルコンピュータ「GPS」。日本語対応で本体価格12000円からとお求めやすいGPS付きのサイコンです。ケイデンスセンサーなど関連製品も発売予定です。

 

 

pioneeer
▲ パイオニアのパワーメーター。今回のサイクルモードは「デジタルギアゾーン」が設けられ、インターネット接続端末が多数展示されている。

 

 

 

polar
▲ ポラールのスマートウォッチ。手首で心拍を測定できるハートレートモニター付き。

 

cateye  cateye
▲ 高輝度なキャットアイの自転車ライト。同社はじめ日本企業が多数参加している。

 

cyclebell cyclebell oi
▲ このブログでも度々紹介しているknogの新しいベル 「Oi

 

 

cycle saddle cycle saddle
▲ BROOKSは150周年記念サドル(右画像)を展示

 

 

▷ ドライブトレイン系

 

 

cyclemode shimano
▲ シマノは大ブースでドライブトレインの新型「DURA-ACE」など多数アピール

 

 

sram
▲ 米 SRAMもロードバイクパーツを中心に展示

 

campagnolo
▲ イタリアの老舗ブランド カンパニョーロ

 

diacmpe  diacmpe
▲ ダイアコンペのアルマイトカラーのブレーキ

 

 


▷ タイヤ

panaracer regacross  panaracer gravelking
▲ パナレーサーのグラベル用タイヤ「REGACROSS」「GRAVELKING」

 

 

kunieda irc
▲ リオパラリンピック銅 国枝慎吾選手の足元を支えたIRCのタイヤ

 

kenda tire  vittoria
▲ 海外のタイヤメーカー
左/ケンダ    マウンテンバイク用オフロードタイヤ等展示
右/ビットリア   ロードバイクタイヤ中心のラインナップ

 

 

 

 

▷ウエア類

ogk
▲ エアロダイナミクスと快適性を両立したOGKの「aero-R1」ヘルメット

 

pealizumi▲ パールイズミのサイクルジャージ。

 

サイクルモードも今回で12回目を迎えマンネリを打破すべく、趣向を凝らした内容で自転車マニアならずとも楽しめるイベントとなっています。しかしながら規模は縮小傾向にあり、2012年には200ページ近くあったガイドブックも本年は100ページをきってしまっています。

かつては幕張メッセとインテックス大阪の2会場で盛大に行われていたイベントも幕張メッセだけとなり、参加を見送っているメーカー増えていて毎年新商品を楽しみに見に行っている私には少し物足りない感じもしました。

規模縮小の原因のひとつに台湾で開催されている台北サイクルショーへの流出です。
近年の台湾の自転車産業の発展は目覚ましいものがあり、パソコンでいうところのシリコンバレーのように新しい企業や高い技術が次々と創出され、成功を収めています。

台北には出展するが、幕張には出展しない。

欧米、台湾のメーカーだけでなく日本のメーカーですら台北重視の気配がうかがえます。
日本の自転車製造大手のブリヂストンサイクルがサイクルモードへの出展を見送り、台北で小間ブースを出展していたのはそれを象徴しているように感じました。

CATEGORY

国内最大級の自転車の祭典「サイクルモード2016」行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

国内最大級の自転車の祭典
千葉・幕張メッセで開催中のサイクルモードに行ってきました。

cyclemode2017

総展示台数1000台以上、毎年開催される自転車の祭典で2016年は千葉・幕張メッセ11月4日(金)から6日(日)まで開催されます。入場料は前売1200円、当日1600円です。

 

derosa

ロードバイクを中心に最新のスポーツサイクルが多数展示されています。

cyclemode2017 makuhari

このイベントの最大の特徴は見るだけでなく、試乗など最新の自転車を体感できる点です。

cyclemoderide

全長1.2kmの試乗コースが用意されていて最新のロードバイクやマウンテンバイクなどを乗り比べすることができます。人気車は行列ができます。

shimano 2017

車体だけでなく、最新の自転車パーツやアクセサリーも展示されています。

cycle girl
インドアバイクインストラクター平野由香里さんによるエアロバイクの体験レクチャー

 

cycledesign
東京 渋谷の「サイクルデザイン専門学校」の卒業制作も展示されています。

abus lock
ドイツのセキュリティブランド「ABUS」は他社の鍵を壊してみようという大胆な体験企画。「ABUS」のUロックを破壊できる強者(チャレンジャー)募集

hikitasatoshi
自転車ツーキニスト疋田智さんによる漫談(?)

katayama ukyo
片山右京さんの自転車チーム「Team UKYO」のロードバイク

e-bike    hiroshima crap
左/YAMAHAのE-BIKE(電動自転車)
右/広島カープと地元自転車メーカーのコラボ車

vintage raleigh
今年はビンテージのRALEIGHやルネエルスなど希少なアンティーク自転車の販売も

vintage cycle
マニア垂涎のカンパ「Cレコ」やサンツアー「シュパーブ」などオールドパーツの即売会も開催されていました。

cherubimハンドメイド(オーダーメイド)の日本製自転車コーナー。運が良ければビルダーさんに会えるかも。

最新ガジェット・パーツ類の各ブースの模様はこちら

 

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月