サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: 書籍

オススメのバイクパッキング書籍の紹介【2017年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2017年はまさにバイクパッキング元年といっていい年でした。自転車雑誌でも多く特集され、関連製品のリリースも相次ぎました。徐々に暖かくなってきて今年もバイクパッキンングの季節がまたやってきます。その前に昨年出版された書籍を3冊紹介したいと思います。色々な楽しみ方が紹介されていますので是非読んでみてください。

 

bikepackingbook

【書籍名】バイクパッキングBOOK ウルトラライトツーリングの装備&スタイル大全
【著者】北澤 肯   きたざわ・こう
【発行】2017年3月10日
【本体価格】¥1,800

<構成>
Ⅰ バイクパッキングとは何か?
Ⅱ バイクパッキングの道具
Ⅲ バイクパッキングの実践

 

<本著の特徴>
・日本で初めてのバイクパッキンングの書籍で、ルーツから楽しみ方まで分かりやすく書かれた必読書。
・著者はアウトドア好きな英会話学校講師で自転車用品等の輸入販売や自転車イベントなども主催している。
・工業テクノロジーの進化の影響による道具の変革「ウルトラライト化」(軽量化)が、バイクパッキングの進展に拍車をかけたとしている。
・「島バイクパッキング」や「Fish&Bike (バイクパッキング+釣り)」、海外トレイルなど様々な楽しみ方を紹介、読んでいておもしろい。

 

 

 

 

bikepacking roadbike
【書籍名】バイクパッキング入門 自転車ツーリングの新スタイル
【著者】田村 浩   たむら・ひろし
【発行】2017年10月6日
【本体価格】¥1,800

<構成>
Ⅰ バイクパッキングとは?
Ⅱ バイクパッキングのはじめかた
Ⅲ はじめよう!キャンプツーリング
Ⅳ より軽く、より遠くへ
Ⅴ 実践 バイクパッキング

 

<本著の特徴>
・著者は自転車旅経験豊富な元自転車雑誌の編集者でバイクパッキングを「ツーリングにおける革命」としてその魅力を伝えようとしている。
・ロードバイク(グラベルロード)でのバイクパッキングを主眼においている。
・大型サドルバッグ(シートバッグ)、フロントバッグ(ハンドルバーバッグ)、フレームバッグを「三種の神器」として各メーカーの製品の特徴を自転車雑誌の企画のようにわかりやすく比較している。

 

 

 

 

bicycleplus
【書籍名】BICYCLE PLUS vol.20 バイクパッキング大全
【発行所】枻出版
【発行】2017年7月10日
【本体価格】¥1,000

<構成>
Ⅰ バイクパッキング大全
Ⅱ 酷道418号で3県横断
Ⅲ ベストなツアーケージを探せ!
Ⅳ かしこく分けるジップロックパッキング術
Ⅴ TOEIスポルティーフでソロキャンプ
Ⅵ ベストタイヤ forツーリング
Ⅶ ブルーノが応援する世界旅

 

<本著の特徴>
・自転車関連の書籍を数多く発行するエイ出版のツーリング本vol.20
・A4サイズフルカラー 北澤さんはじめ達人がバイクパッキングの楽しさを詳述している
・バッグやキャンプ用品などの基本的なことからサイクリングレポートなど写真が多くわかりやすい
・筧五郎さんの「酷道418号~」はバイクパッキングの楽しさが凝縮した内容になっている

 

CATEGORY

ビンテージ自転車のスワップミート「シクロジャンブル2017・秋」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

国内最大級のヴィンテージ自転車やパーツのスワップミート「シクロジャンブル」に行ってきました。

cyclojumble

大阪北部・豊中市の服部緑地公園で年2回春と秋に開催される中古自転車と部品のフリーマーケットで2017年秋は11月23日(祝)に開催されました。

hattoriryokuchi

緑地公園駅から秋色の公園内を歩くこと15分ほどのところにある「古民家集落広場」という多目的広場にておこなわれています。昨夜は雨が降っていて開催が懸念されましたが、雨も上がり寒くもなく気持ちのいい朝となりました。

toyonaka cycle

午前10時から昼頃までという開催時間なのですが、掘り出しモノを見つけるため少し早めの9時前に到着、朝7時台から獲物を待っている猛者もいるそうです。

 

cyclojumble2017

開始時間前ですが、広場はすでにぎわっていました。

出店は誰でも可能で自転車パーツコレクターから自転車関係業者など30ブース以上、小銭で購入できるジャンクパーツからマニア垂涎の逸品、珍品、自作品、不用品、なつかしの自転車などまさしくジャンブル(ごちゃまぜ)です。

自転車や自転車部品などの購入をお考えなら、手さげ袋、小銭、メジャー、ノギスなど必要なものは持参しましょう。

 

vintagecycle

ウールジャージや現在の規格には全く合わなくなってしまった変速機やハブなどの自転車部品等々、値札がついていない商品も多く、交渉次第ではインターネット通販や中古店で買うより安く買えるかもしれません。

 

fuji vintage

激レア!FUJIのデモンタブル車(分割式折畳車)。「日本に1台 4万円」の札がかかっていました。買手はついたのでしょうか。出品者の方に許可をえて撮影をしていると、いつの間にか人だかりができて撮影会状態になっていました。1970年前後に生産されたものだと思われます。

 

brakewire bicycle

尼崎市から出店の(有)亀田製作所さんのブレーキ&シフトワイヤー。必要な長さをその場で切断販売してくれます。

 

 

bicycleclub

今回の戦利品は「Bicycle Club」の創刊号(1985.4月号)とフランスの1972年のフランスの二輪雑誌「LE CYCLE」。バイクラは500円、ル・シクルはバインダー付で12ヶ月分揃っていましたが湿気で状態が悪いため3000円にしてくれました。

CATEGORY

話題の書 グラント・ピーターセン著「ジャスト・ライド」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車業界で今、1冊の本が注目をされています。
グラント・ピーターセン著「ジャスト・ライド ~ラディカルで実践的な自転車入門」

 

justride

 

昨年2016年11月に発売されたこの本は、米国人で自転車メーカーのRivendell創業者の男性グラント・ピーターセンの「JUST RIDE」の翻訳書で、長年自転車業界で仕事をしている著者が自身の経験則から、業界の常識や米国自転車文化をシニカルに批判し、自転車を素直に乗ること自体を楽しむことを主張しています。

 

自転車レーサーは「ホイールの神々」だ・・・・・などという考え方は差別的だし、イカレてる

 

著者の矛先は自転車の製造業者や小売店、スポンサーや愛好家など全方向におよび、特に現在の自転車レースのあり方に大きな疑問を抱いています。共感できる部分も多いのですが、文体に品はなく、まるでマイケル・ムーア監督のドキュメンタリーを見ているようです。

 

ピーターセンの主張は8つ

①ライディング
②装備
③安全性
④健康とフィットネス
⑤アクセサリー
⑥維持
⑦専門知識
⑧自転車哲学

 

幼少期から自然に自転車に乗る日本と異なり、クルマ社会の米国においては自転車は常にオルタナティブな存在で、移動や買い物用として使用する大人は少なく、競技スポーツやレジャーのひとつとして特別な日に使用するという感覚のユーザーが多い現状があります。

著者のようなもっぱら自転車に乗っている大人はそれこそ変わり者で、「ジャスト・ライド」(只、自転車乗れ)といった主張は、日本人にはいまいちピーンときませんが、米国人にとっては非常にラディカルな発想のようです。

よろしければ、一読下さい。
Rivendellの自転車やタイヤはまさかの日本製です。

revendell

revendell rambouillet
▲ Rivendell 「Rambouillet」¥ 285,000 (受注生産)

 

 

revendell tire
▲ Rivendell ケブラータイヤ「Ruffy Tuffy」 700x28c  ¥ 4,800

 

CATEGORY

国内最大級のビンテージサイクルのフリマ「シクロジャンブル」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ヴィンテージ自転車やパーツのスワップミート「シクロジャンブル」に行ってきました。

cycle freemarket

大阪・豊中市の服部緑地公園で年2回春と秋に開催される中古自転車と部品のフリーマーケットで2016年秋は12月18日に開催されました。

toyonaka park

毎回、緑地公園駅徒歩15分ほどの民家集落南広場にて開催されていて、地下鉄御堂筋線や新大阪駅からも交通アクセスがよく多くの自転車マニアが遠方からも集まります。

hattoriryokuchi

午前10時から昼過ぎくらいまでの開催時間ですが、開始30分前にはかなり多くの人が集まっていて「売約済」の札がかかっている自転車もあったのでなるべく早めに行く方が掘り出しモノに出会えるかもしれません。

hattori kominka

出店は誰でも可能で自転車パーツコレクターから自転車関係業者など30ブース以上、小銭で購入できるジャンクパーツからマニア垂涎の逸品、珍品、自作品、不用品、なつかしの自転車などまさしくジャンブル(ごちゃまぜ)です。

vintagecyclemeeting

例年は秋に開催されるのですが2017年秋は市民マラソンと日程がかぶり年の瀬12月の開催となりましたが、幸いにも当日は晴れていて暖かい一日でした。ちなみに、雨天の際は中止となります。

cyclojumble

もともと公園での営利行為が禁止されているため20年程前に「交換会」という名目で始まり、現在では主催者が正式に許可をとり管理されたイベントとして開催されているようです。

hedemblem

ウールジャージや現在の規格には全く合わなくなってしまった変速機やハブなどの自転車部品等々、値札がついていない商品も多いようですが、基本的にインターネット通販で購入するより割安です。ヘッドバッヂの詰め放題という他ではまず見ることができないマニアックな光景もみられました。

toriyamashinichi

今回の一番の戦利品は鳥山新一「サイクリング事典〔改訂版〕」(1972,初版)という自転車の書籍。インターネットや古書店では5000~10000円を超える値段が付くこともある書籍ですが300円で購入できました。

shikurojyanburu

次回は2017年春に開催されると思いますが、公式のホームページなどが存在しないようで開催日はフェイスブックにて告知されている緩いイベントです。交流会といった側面もあり話をしたり、雰囲気を楽しむだけでも楽しいので自転車に興味のない方も是非行ってみてください。

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月