サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TAG: 輪行袋

日本の自転車パーツメーカーの合同展示会「Japan Makers Tech Summit 2017」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

日本の自転車パーツメーカー8社の合同展示会「Japan Makers Tech Summit」に行ってきました。

japan maker 2017

今回初めて開催されるこのイベントは、大阪市内某所にて一般には非公開で催される展示会で、個人経営の自転車販売店(IBD)や卸業者に向けて、各メーカーが新製品の説明や講習会をしたり、意見交換をしたりする場です。

会場は中型の会議室が2部屋あり、ひと部屋はプロジェクターを使用した講義をタイムテーブルに従い順番におこない、もう一部屋は各社が商品を展示した簡素なブースを出展しています。200人ほどの来場者があり、少しお話をした方は四国からわざわざ来場されていました。

Japan Makers Tech Summit 2017

 

参加企業は
・アズマ産業
・オージーケーカブト
・キャットアイ
・スギノエンジニアリング
・パールイズミ
・パナレーサー
・ホーザン
・三ヶ島製作所

輪界ではおなじみの老舗企業8社で、いずれも国内に工場をかまえ高品質な自転車部品を製造しています。斜陽化を懸念されている日本の製造業ですが、海外メーカーにも負けない日本の自転車パーツメーカーの姿がありました。

 

 

<参加各企業>

 

ostrich
会社名:アズマ産業
ブランド:Ostrich
本社所在:東京・足立区
主な商材:自転車鞄・輪行袋

【沿革】東京都墨田区に創業。
自動車カバー及び自動車の敷物等、自動車用品の製造販売を行う。
1973年「オーストリッチ」のブランド名でサイクル用品の製造に専念。
81年に工場の拡張を図るため足立区本社工場を移転。

ostrich bag

 

 


 

 

ogk hekmet

会社名:オージーケーカブト
ブランド:OGK kabuto
本社所在:東大阪市
主な商材:ヘルメット・グローブ・サングラス

【沿革】1948年「大阪グリップ化工株式会社」創立。82年に大阪グリップ化工株式会社用品事業部から独立
サイクル用ヘルメットの本格的な製造販売開始。ベビーシート製造のオージーケー技研は関連会社。

ogk kabuto

 

 

 


 

cateye
会社名:キャットアイ
ブランド:CATEYE
本社所在:大阪・東住吉区
主な商材:自転車灯・サイクルコンピュータ・反射板

【沿革】1954年大阪・東住吉区に津山金属製作所設立。89年社名をキャットアイに変更。従業員200人以上、自転車用反射板のシェア世界首位。

cateye

 

 


 

 

sugino

会社名:スギノエンジニアリング
ブランド:Sugino
本社所在:奈良市
主な商材:クランク・ギア・ボトムブラケット

【沿革】大阪・東成区にて杉野鉄工所創業。島野工業や前田鉄工所など在阪部品メーカー「JASCAグループ」の一員としてギアの製造、その後「サンツアー」ブランドの一角を担う。世界選手権10連覇の自転車選手・中野浩一さんも使用した。

sugino zen

 

 


 

pearlizumi

会社名:パールイズミ
ブランド:PEARL iZUMi
本社所在:東京・墨田区
主な商材:自転車用ウエア・シューズ・グローブ

【沿革】1950年長野県にて清水釿治商店創業。64年にサイクルウェアの企画・製造販売を開始。日本のナショナルチームはじめ、多くの選手に使用されている。

 

pearlizumi cycle

 

 


 

panaracer

会社名:パナレーサー
ブランド:Panaracer
本社所在:兵庫・丹波市
主な商材:タイヤ・チューブ・ポンプ
・1952年松下電器グループの「ナショナルタイヤ」創業。2015年パナソニックグループから離脱し、社名が「パナレーサー」となる。

panaracer tire

 


 

hozan

会社名:ホーザン
ブランド:HAZAN
本社所在:大阪市浪速区
主な商材:自転車用ケミカル・工具

・1946年大阪市に自転車工具メーカー「寶山工具商会」創業。ピンセットやニッパーなど汎用工具の製造や米 ParkTool社の自転車工具の輸入もおこなう。本社は「なんばHachi」の西隣。

hozan tool

 


 

mikashima

会社名:三ヶ島製作所
ブランド:MKS
本社所在:埼玉・所沢市
主な商材:ペダル・トークリップ

・1943年航空部品の製造を開始、46年自転車ペダルの製造に転換。49年に三ヶ島製作所設立。国内で唯一競輪認定「NJS」を受け、すべての競輪選手が使用している。

mks pedal

CATEGORY

昭和の古いカタログ ナショナル自転車 ツーリング車「ユニパック」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

古本市で1970年代の古い自転車のカタログが売っていいたので購入してみました。
愛好家の放出品なのかナショナル自転車(現 パナソニックサイクルテック)のスポーツ車「UNIPAC(ユニパック)」のカタログやチラシ等がまとまった形で保管されていて状態もよく興味深い内容だったので紹介させていただきます。

|ナショナル自転車 スポーツ車 「ユニパック」とは-
かつて日本で製造されていたスポーツ自転車。ナショナル自転車製造。輪行での小旅行などを目的としたクロモリ製ツーリング自転車。専用の輪行バッグと自転車がセットで販売された。

<パンフレット類>

▼ ユニパック B-501U(M)
B-501U(B)M

▼ ユニパック B-501U(B)F
B-501U(B)F

▼ ニューユニパック B-5U1NL
B-5U1NL

 

▼ ユニパック・デモンタブル B-10UID(T)
B-10UID

B-10U1D(T)

B-10U1D(T)

デモンタブルは分割型フレームで汽車・船・飛行機を利用し輪行を楽しむというサイクリングの新しい方法を提案。

<チラシ>

national unipac

組み立てに12分…
結構時間かかるんですね

national unipac

発売時には全日空とのコラボでエアーサイクリングという新たな輪行方を提案

新発売unipac

 

まだマウンテンバイクが発明されていない時代の古き良き日本のサイクリング用自転車です。

national unipac

 

<POP>
national unipac
▲ 当時の自転車にぶら下げる販促物

 

<取り扱い説明書>
national unipac
▲ ユニパックの取り扱い説明書
仕様や使用方法などが細かく記載されている。

national unipac
▲分割式フレームのニューユニパック<デ・モンタブル>の取り扱い説明書(全13ページ)

 


※ 現在サイクルショップ203はパナソニックサイクルの自転車の取り扱いはありません。現車もなく詳細は分かりませんので電話やメールでのお問い合わせはご遠慮下さい。資料は2016年5月末まで店頭にてどなたでもご覧いただけます。スタッフにご用命ください。

CATEGORY

TIOGAのベストセラー輪行袋「コクーン」シリーズのまとめ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

前輪を外すだけで手をよごさず簡単に輪行が楽しめる人気のTIOGA「COCOON(コクーン)」シリーズ。
年末年始の小旅行や初日の出パスハンティングなど公共交通機関や車載に活躍しそうです。

様々なシーンや自転車の種類にあわせて選べるTIOGAの「コクーン」シリーズをまとめてみました。

tioga cocoon
コクーン
【本体価格】4,000円
【カラー】ブラック/シルバー
【重量】270~280g
【サイズ】159x87cm
【特徴】コクーンのベーシックタイプ。コンパクトな収納ポーチが付属しています。

 

 

 

tioga superlitecocoon
スーパーライト コクーン
【本体価格】5,400円
【カラー】ライトグレイネイビー/ブラックライトグレー/ネイビーキャメルグレー
【重量】245g
【サイズ】159x87cm
【特徴】撥水加工されたナイロンを使用した軽量タイプ。2層に分かれた収納
ポーチが付属。

 

 

 

tioga cocoon plus
コクーン プラス
【本体価格】4,800円
【カラー】ブラック/ネイビー/ダークグレー
【重量】270g
【サイズ】159x87cm
【特徴】ベーシックなコクーンにサドルケース付いた今年リリースされたばかりのコクーンプラス

 

 

tioga flexcocoon
フレックス コクーン
【本体価格】5,200円
【カラー】ブラック
【重量】380g
【サイズ】159x87cm
【特徴】サドルが当たる部分に伸縮素材を使用し全体を覆うことができるモデル。サイドファスナーがあり収納状態のままワイヤー錠をかかけれる。収納ポーチ付き。

 

 

tioga cocoontioga cocoon
コクーン ボトルタイプ
【本体価格】4,200円
【カラー】ブラック/シルバー
【重量】270~280g
【サイズ】159x87cm
【特徴】ベーシックなコクーンをボトルケージにセットできる収納ボトルが付属したモデル。収納ポーチも付属しています。

 

—   以下 特殊なコクーン  ——————

 

tioga minivelococoon
ミニベロコクーン
【本体価格】4,000円
【カラー】ダークグレーレッド/ブラック/ネイビーダークグレー
【重量】245~255g
【サイズ】148x87cm
【特徴】ミニベロ専用。

 

 

tioga 29ercocoon
29er コクーン
【本体価格】5,100円
【カラー】ブラック
【重量】475g
【サイズ】170x98cm
【特徴】29インチ車輪マウンテンバイク専用。

 

 

tioga bmx cocoon
BMX コクーン
【本体価格】4,000円
【カラー】ブラック
【重量】295g
【サイズ】146x83cm
【特徴】この商品に限りBMXを車輪を外さずそのままできる。

———–

そのほかペダル入れやフォークホルダーなどTIOGAは輪行パーツも充実しています。

CATEGORY

輪行に便利なタイオガ「ペダルプロテクター」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

夏です!
輪行の季節です!

自転車を電車などの公共交通機関を使用して下車先で走ることを輪行(りんこう)といいます。

最近はしまなみ海道や琵琶湖などでも非常に多いと聞いています。

ほとんどの電鉄会社では自転車を車内に持ち込む際は小さく分解し、輪行袋という自転車専用袋に収納しなければいけません。

ペダルや前輪を自分ではずして、電鉄会社の指定のサイズ内にします。

コクーンなど輪行袋を多くラインナップしているTIOGAから自転車のペダル用の袋「ペダルプロテクター」がリリースされました。

輪行の際にペダルを保護してくれる柔らかいクロロプレンゴム製の巾着袋です。

TIOGA PEDAL

ペダルなどの突起は電車内では袋で覆わなければなりません。また、ペダルをつけたまま繰り返し輪行袋を使用していると輪行袋が破けやすくなります。気をつけてください。

 

CATEGORY

【リリース情報】TIOGA サドルケース付き 輪行バッグ「コクーン プラス」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車をかついで公共交通機関を使用して旅行をすることを輪行といいます。
輪行は通常、自転車の突起箇所を覆うような輪行バッグという専用の自転車袋を使用しておこないます。

TIOGACOCOON(コクーン)はこの輪行バッグのベストセラーです。
低価格でしっかりして、気がきいている輪行バッグです。

ラインナップも多く存在しますが、2015年6月にサドルカバーがセットになったCOCOON PLUS(コクーンプラス)という商品が発売になります。

タイプはボトルケージにセットできる便利なタイプとコンパクトなポーチタイプと2種類。

付属のカバーでサドルを傷つけずに輪行することができます。

ゴールデンウイーク前にリリース予定でしたが少し遅れていて、6月下旬になるそうです。
本体価格はボトルタイプが5,000円、ポーチタイプが4,800円。カラーはブラック,ネイビー,グレーの3色。

 

 

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月