エスケープ R3は非常に高い品質で2004年の登場以来、多くのエントリーユーザーに選ばれそのポジションを確立している安心のモデルです。
他のブランドの同クラスのクロスバイクより頭一つ出た存在で、サイクルショップ203は「とにかくクロスバイクが欲しい」といった方にこのモデルを自信をもって推奨しております。

 

クロスバイクを初めて購入される方はGIANT「escape r3」をひとつの基準にお考えください。

 

giant escape r3 2020

 

 

【メーカー】GIANT
【商品名】ESCAPE-R3
【本体価格】¥52,000 
【発売】2019年6月下旬予定

 

予約受付中

 

新しくなった2020モデルはオフセットチェーンステイ採用の新フレームで、車重はわずか10.7kg、
弓なりにベントしたシートステイが路面からの振動を吸収します。

グリップはエルゴグリップに、サドルはバッグやドロヨケをスマートに装着できる独自のUNICLIPシステム採用モデルに変更、タイヤも700x30cとやや太くなり快適性が向上しています。

カラーは全5色

giant escape r3 blacktone
ブラックトーン

 

 

giant escape r3 bluetone
ブルートーン

 

giant escape r3 white
ホワイト

 

giant escape r3 red
レッド

giant escape r3 emerald
マットエメラルド

 

オリジナルの「SPINFORCE LITE」ホイールセットは軽量で、前輪は24本のスポークが放射状に組まれ、後輪は耐久性を重視し28本のタンジェント組、重量は前後でわずか1970gです。変速機は2014年から補修のしやすさを考慮し、シマノ製に変更され操作性も向上し、その存在はもはや絶対化しています。

 


 

 

GIANT   escape-r3

¥52,000

 

【フレーム】アルミ
【カラー】全5色
【サイズ】430_465_500mm
【重量】10.7kg
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700x30c
【チューブ】仏式バルブ

※ 専用サイドスタンドは別売で2500円。

 

<サイズの目安>
430mm : 155cm~170cm、
465mm : 160cm~175cm、
500mm : 170cm~185cm、

 


 


■ これの違いってなんですか?

 

ハイドロフォーミングアルミフレーム

ジャイアントは30年間にわたりアルミ工学の最先端に立ち、フレーム製造のノウハウを蓄積し続けてきました。原子レベルで素材をコントロールするハイドロフォーミング成型は複雑な形状ながら一切無駄のない最適化された軽量かつ高剛性のバテット管をエントリークラス「エスケープ」を含む低価格モデルまで採用しています。

 

レベルの高い自社工場

生産は自社工場にて「トヨタ式生産方式」を導入、自転車の製造に総合的な品質管理と安定的な供給という革命をもたらしました。OEM生産でファブレス化するメーカーが多い中、圧倒的な開発力と検査基準から最先端のアルミフレームが製造されます。「自転車はパーツの寄せ集めでシマノの最新パーツがついていればメーカーはどこでも構わない」というロジックはジャイアントには通用しません。

 


■ あわせて買いたい

 

uniclip
▲ 専用シートバッグ  ¥3400

 

kickstand
▲専用サイドキックスタンド ¥2500

Share on Facebook
Pocket