GIANTから人気のクロスバイク「ESCAPE R3」のドロップハンドル版「ESCAPE R DROP」が発売されます。

giant escape r drop

カタログによると「ドロップバークロスバイク」というロードバイクとはまた違った新しいジャンルの自転車のようで、クロスバイクの定番車「ESCAPE」の乗りやすさをそのままにドロップハンドル仕様にした街乗り車です。よくあるロードバイクにあこがれたエスケープ乗りの誤った「素人カスタム」をメーカー自ら、堂々とラインアップするという暴挙に業界内では賛否両論です。

 

【メーカー】giant
【商品名】escape r drop
【本体価格】¥66,000
【発売】2019年9月下旬

 

予約受付中

 

 

これは売れるw  賛否両論の問題児が爆誕!

クロスバイクという呼称は日本独特のもので、10年以上前にGIANTの日本法人が先導し、広く普及しました。初期の製品は、ロードバイクのハンドルをストレートハンドル仕様にしたもので、フラットバーロードとかメッセンジャーバイクと呼ばれました。それが進化し、乗りやすくなったものが、いわゆるクロスバイクです。

新製品「ESCAPE R DROP」は、そのクロスバイクをドロップハンドル化したものです。

10年のクロスバイク独自の進化があるため、ドロップハンドルにしてもロードバイクには戻らず、よくわからない類型車になってしまうため、やってはイケナイ間違いカスタムの代表例でしたが、ついにメーカー公式で登場です。

 

giant escape r drop 2020
ブラックトーン

 

 

giant escape  drop 2020
ブルートーン

 

 


 

 

ginat   esscape r drop

 

¥66,000

 

【フレーム】アルミ
【カラー】ブラックトーン、ブルートーン
【サイズ】430_465_500mm
【重量】10.9kg
【変速】16(2×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700×30c
【チューブ】仏式バルブ

 

 

 

<サイズの目安>
350mm:140cm~160cm、
400mm:155cm~170cm、
440mm:160cm~175cm、

 

Share on Facebook
Pocket