サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

2020年10月の記事一覧

乗って楽しいミニベロロード 8選【2021年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

小径車輪なのにロードバイクのようにドロップハンドルが装備されたミニベロを最近「ミニベロロード」と呼び、人気がでてきています。20インチの451(20×1-1/8)規格の車輪径が主戦場となっていて、各メーカーから色々なタイプが発売されていて、楽しいカテゴリーになっています。

エレベーターにそのまま入れることができ、ちょっとした移動からサイクリングまで、日常の生活の友になる実用性の高い個性的な「ミニベロロード」を8台ご紹介いたします。

 

 

 

| ドロップハンドルの小径車「ミニベロロード」8選

 

① fuji   helion r
fuji herion r

【メーカー】fuji
【商品名】helion r
【本体価格】¥89,000
【フレーム】クロモリ
【重量】10.5kg
【サイズ】S,M,L
【カラー】レッド、ガンメタル
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
自転車の理想形、クロモリ製ホリゾンタル型フレームを採用したお手本のようなミニベロロード。シマノClaris 2×8速は、最低限のロード性能を備えたトランスミッション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② gios   felucagios feluca

【メーカー】gios
【商品名】feluca
【本体価格】¥83,000
【フレーム】クロモリ
【重量】10.7kg
【サイズ】S,M
【カラー】ブラック,ホワイト,ブルー
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
王道スタイルのクロモリホリゾンタルのミニベロロード。GIOSは同車以外にも4種ミニベロロードをラインナップ。

 

 

 

 

③ giant  idiom 1giant idiom1

【メーカー】giant
【商品名】idiom 1
【本体価格】¥95,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.0kg
【対象身長】155-180cm
【カラー】カメレオンギャラクシー、ホワイト
【変速】18(2×9)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
同社のロードバイクにも採用されている上級グレードのアルミフレームを採用。ミニベロながらロード並みの高速走行が体感できるハイグレードモデル。

 

 

 

④ tern  surgetern surge-green
【メーカー】tern
【商品名】surge
【本体価格】¥92,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.0kg
【サイズ】S,M
【カラー】グリーン、マットブラック、シルバー
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
エアロシェイプされたアルミフレームが都会的な印象のミニベロロード。フレームに穴がありワイヤーが内装されよりシンプルになっている。デカールがリフレクターになっていて夜間は発光します。

 

 

 

⑤ bruno minivelo20 road drop
bruno minivelo

【メーカー】bruno
【商品名】minivelo20 road drop
【本体価格】¥109,800
【フレーム】クロモリ
【重量】10.2kg
【サイズ】510mm
【カラー】グリーン
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1.5[406]
【ブレーキ】カンチ

<製品の特長>
上ハンドルポジションでも乗りやすいワイドドロップハンドルを採用したクロモリツーリングバイク。BROOKSサドルやシフトレバーがWレバー式など個性がでている。

 

 

 

⑥ raleigh   RSC Carltonraleigh rsc_red

【メーカー】raleigh
【商品名】RSC Carlton
【本体価格】¥167,000
【フレーム】クロモリ
【重量】9.7kg
【サイズ】S,M
【カラー】キャニオンレッド,スチールグレー
【変速】22(2×11)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】ロードタイプ

<製品の特長>
レイノルズ社製フレームパイプにカーボンフォーク採用。シマノ最新メカ2×11速ドライブの最高峰のミニベロロード。

 

 

araya CXMaraya cxm
【メーカー】araya
【商品名】CXM
【本体価格】¥108,000
【フレーム】クロモリ
【重量】11.9kg
【サイズ】480mm
【カラー】カーキ
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】OS 20×1.6[451]
【ブレーキ】ディスク

<製品の特長>
新規格OS(オーバーサイズ)20インチのタイヤを装備したグラベル仕様のミニベロロード

 

 

louis garneau    easel advanced1
louisgarneau easel-advanced1【メーカー】louis garneau
【商品名】easel advanced 1
【本体価格】¥85,000
【フレーム】クロモリ
【重量】10.7kg
【サイズ】S,M,L
【カラー】ゴールド,ホワイト
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】20×1-1/8[451]
【ブレーキ】カンチ

<製品の特長>
ドロヨケ付きのクロモリ製ミニベロロード

 


 

※ 2021モデルはコロナの影響で欠品・完売・製造中止が多くなっています。納期等は店頭にてご確認をお願いします。

CATEGORY

千里ニュータウン散走 「トイレットペーパー騒動」現場

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

今年はコロナの影響で街中からマスクがなくなり、消毒薬やうがい薬まで品薄となりました。ただパニックは一時的で増産体制が整い安定的に供給されるようになってきました。とはいっても、不確かな情報から、うがい薬やトイレットペーパーが買い占めにより完売状態になるなど漠然とした不安が残っています。

– –

約半世紀前の1973年10月末、大阪・豊中市の千里中央の大丸ピーコックにも、トイレットペーパーを求めて長蛇の列ができました。第4次中東戦争による情勢不安から石油製品の供給が制限されるといういわゆる「オイルショック」の渦中のこの出来事はメディアを通じて全国に報道され、各地で買い占め騒ぎが起こったそううです。

 

peacock

私は北摂出身で子供の頃からこのピーコックで何度か買い物をしたことがありますが、ごくごく一般的なショッピングセンターで昭和史に刻まれるような大きな出来事が起こったようにはとても思えないろころです。

数年前、NHK「アナザーストーリー」で当時のことを再取材し、デマがなぜ起きたのかを検証していたので、その放送をもとに周辺をポタリングしてきました。

 

大丸ピーコックのある千里中央は、1960年代に開発された大型団地「千里ニュータウン」の中心です。大阪の北部の豊中・吹田市にまたがる広大な敷地で、サイクルショップ203のある大阪市内からだと自転車で1時間半くらいかかります。

danchi cycling

ニュータウンは1970年の大阪万博開催が決まり、高まる住宅需要をまかなうため、丘陵地帯を切り開き開発されました。したがって、傾斜が強い坂が多く、サイクリングには変速付きの自転車がおススメです。

senri cycle

千里ニュータウンのような公団住宅は高度経済成長期に各地に造られましたが、老朽化や住民の高齢化など問題が顕在化してきています。しかし、千里は建て替えなど新陳代謝が活性化して、人口が増加しているようです。

 

senri nt

NHK「アナザーストーリー」の取材班は、ピーコックで起こったトイレットペーパー騒動の発端は千里北町の市場での主婦たちの世間話に由来しているとしていました。

senri newtown

 

「オイルショックの影響で冬には灯油がなくなる。そういえば、トイレットペーパーもなくなる」

1973年10月末、市場の八百屋にてひとりの主婦がトイレットペーパーがなくなると発言。団地のトイレは最新式で水洗化されていて、不安感からこの噂話は口伝え団地中に広がりをみせたそうです。

oilshock senri

oilshock

10月24日この出来事を朝日新聞が記事にすると、この記事を翌朝放送の人気ラジオでパーソナリティが大きく扱い、26日朝には東町の「笹川薬局」はトイレットペーパーを求めて開店前から客が押し寄せ、開店するやいなや完売状態に。

sasakawa drug

周辺からトイレットペーパーがなくなり他府県まで買い求めに行く人が出てくる状況下で、大丸ピーコックは、特売用で700パックを仕入れていて、それを31日のチラシに掲載。

すると、開店前には陸橋いっぱいに200人が行列を成し、狂乱状態であっという間に完売したそうです。

11月2日、その模様を毎日新聞はじめ全国紙が取り上げ瞬く間に、混乱は全国に広がりを見せたそうです。

oilsock peacock

senri cycling

コロナの影響で自転車の需要が高まり、本年夏から冬にかけて断続的に自転車や自転車部品も品薄状態となっています。そして、先行きの見えない不安感から、自転車業界内には不穏な噂も流れています。

今、ある自転車はもともとストックされていたパーツで組み立てたモノで、ギアやタイヤの製造が全く追いついていないため、このままだと春先には完成車(自転車)の供給が止まるのではないか

単なる噂だといいのですが、一部のメーカーでは生産の遅延や中止が発表されるなど怪しい兆候が出だしてきて、噂の現実味が増してきています。

いまのところまだ、1-3ヶ月待てば希望の商品が手に入るといった状況ですが、コロナ次第では今後は自転車の修理ができなくなるなど最悪のシナリオも考えられます。

CATEGORY

コロナの影響で「大阪城トライアスロン2020」規模縮小

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大阪城公園で開催された「大阪城トライアスロン2020」を観戦してきました。

osakajyo triathron

「大阪城トライアスロン」は2017年に初めて開催され、今回で4回目となります。毎回、五輪メダル候補や有名人が参加し、国内屈指の注目度の大会となっていましたが、コロナの影響で当初本年5月の開催予定を延期、ようやく規模を縮小し10月11日に開催が決定しました。ところが、台風の影響で前日まで雨が降り中止も検討される状況で、当日朝にようやく開催が決まりました。

 

dave

台風はギリギリのところで進路を変え、当日朝には雨も上がっていました。
風もほとんど影響がなく気温も27℃と快適です。

この大会の最大の魅力は大坂城の外濠を泳ぐスイムで、選手を間近で見ることができます。
お城の堀を泳ぐという奇抜な発想は、他の大会にはない魅力でしたが、台風の影響もありスイムが中止となり「ラン → バイク →ラン」に変更となりました。

 

triathron run

例年なら、濠の周りに多くの観衆が集まり観戦するのですが、今年はコロナの影響で立ち止まっての観戦や写真の撮影は禁止され、スタートもゴールもいつの間ににか終わっていて、イベント感はなく業務をこなすといったような淡々とした感じでした。

 

triathron bike

会場にいると選手や関係者以外に加え、黄色いTシャツを着た多くのボランティアの方が目につきます。
そしてその面々を見るとトライアスロンに関心のなさそうな大学生くらいの若い女の人が非常に楽しそうに活動されている光景が印象的でした。

「ボランティア活動というのは楽しいのか…」
おっさんゆえに、軽いカルチャーショックをうけました。

volunteer osaka

話は変わりますが、大阪は「市」を廃止し「特別区」に再編する「大阪都構想」に揺れています。
住民投票は明日12日告示され、11月1日投票となります。
都構想を推進する吉村知事は、この大阪城公園の収益化を大きな実績としています。

確かにゴロツキが居を据えて近づきにくかった一帯は商業施設が立ち、大きく風景が変わり利用しやすくなりました。スタバでコーヒーを飲みながら、トライアスロンを観戦できる大会なんてあまりないと思います。

osaka park

中学生のころ、この公園で、屋台の100円のフランクフルトを友人と2本注文すると
「1600円や!」とぼったくられたのを記憶しています。
どうやら、「フランクフルト100」という店名で、どこのも書いていないけど「フランクフルトは1本800円だ」と大きな声で教えていただき、半泣きでMr.BIGのライブを見た悪夢がよみがえります。

20年以上前の話です。

 

osaka cafe

幸か不幸か、コロナの影響で中国人団体客がいなくなって混雑することなく、ゆっくりサイクリングのできる公園となっています。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月