サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

TIOGA 快適性と軽量を両立したサドル「Under Cover Stratum」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

TIOGAから2層構造のベース採用で快適な乗り心地を実現するサドル「Under Cover Stratum」が発売されました。

tioga undercover  tioga undercoverstratum

 

ペダリング時のポジションをしっかりサポートしながら路面からの衝撃を吸収する高強度グラスファイバーの網目状のサドルベースに最小限の薄さのフォームパッドを採用した190g軽量サドルです。

 

tioga saddle

 

 

大きさは285x140mmと従来品の「Spyder Stratum」同じくらいの大きさにもかかわらず、同じ重量でパッド付いて乗り心地が大幅に向上しています。

 

tioga spyder
▲ 従来品のSpyder Stratum

 

 

tioga undercoversaddle

サドルレールはクロモリ中空とフルカーボンのレールの2種類。
カーボン製は150gとさらに40gも軽量になります。

カラーはブラックとホワイトの2色
本体価格はクロモリレールが13000円、カーボンレールが19000円となります。

– – –

 

またUnder Cover Stratumの女性版「undercover Hers」も現在開発中で、来春に商品化できるそうです。特別にサンプルを見せていただきました。
tioga undercverhers
▲ 開発中のTIOGA「undercover Hers」

 

CATEGORY

新しくなったshimano Claris 「R2000」搭載の自転車まとめ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2017年はシマノのロード用コンポネントClarisが一新され、各メーカーの2018年モデルに次々に投入されています。

shimano claris r2000

ロード用ベーシックコンポネントのSORAのもうワンランク下のグレードClarisが登場したのが2013年のことです。あれから5年目にして初めてのフルモデルチェンジとなり「2400」シリーズから「R2000」と改められます。

価格が安く基本性能が高いため、ロードバイクだけでなくフィットネスバイクやミニベロなど幅広い用途に使用される8速(リア)コンポネントです。

これから発売される「R2000」をまとめてみました。
R2000シリーズをフル装備している自転車はほとんどありませんが、快適でストレスフリーなライディングをサポートしてくれます。

 

– – –

■shimanoのロードコンポーネントのグレード
[高] DURA ACE > ULTEGRA > 105 > Tiagra > SORA > Claris [低]

– – –

 

 

| シマノ 新型 Claris 搭載の車種 2018

 

giant contend2
【メーカー】giant
【商品名】contend 2
【本体価格】¥80,000
【重量】9.9kg
【カラー】ブルー/ホワイト/ブラック
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークのロードバイク

 

 

 

miyata freedom r
【メーカー】miyata
【商品名】freedom r
【本体価格】¥69,800
【カラー】ブラック/ブルー/ホワイト
【特徴】クロモリ製ロードバイク(画像は旧型Clarisを使用しています)

 

 

 

 

fuji ballad r
【メーカー】fuji
【商品名】ballad r
【本体価格】¥92,000
【重量】10.8kg
【カラー】グリーン/ダークナイト/シャンパンゴールド
【特徴】クラシカルなクロモリ製ロードバイク

 

tern rip sand silver
【メーカー】tern
【商品名】rip
【本体価格】¥78,000
【重量】10.2kg
【カラー】マットサンドシルバー/マットブラック
【特徴】エアロ型アルミフレームのクロスバイク

 

 

raleigh-rfc
【メーカー】raleigh
【商品名】RFC radford classic
【本体価格】¥83,000
【重量】11.5kg
【カラー】ブルー/ホワイト/クラブグリーン
【特徴】クラシカルなクロモリ製クロスバイク

 

 

 

 

fuji roubaix aura
【メーカー】fuji
【商品名】roubaix aura
【本体価格】¥92,000
【重量】9.2kg
【カラー】マットブラック/ミッドナイトブルー
【特徴】アルミフレーム+カーボンフォークのクロスバイク

 

 

 

 

fuji herion r
【メーカー】fuji
【商品名】herion r
【本体価格】¥89,000
【重量】10.2kg
【カラー】シルバー/シャンパンゴールド/ブラック
【特徴】クロモリ製ミニベロ

 

 

 

tern surge
【メーカー】tern
【商品名】surge
【本体価格】¥89,000
【重量】10kg
【カラー】マットレッド/マットブラック
【特徴】エアロ型アルミフレームのミニベロ

 


 

このページは新しい車種が発表され次第更新されます。(最終更新日 2017.09.28)

CATEGORY

シマノ Eバイク用コンポネント「STEPS」発表

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

(前回の続き)

シマノがE-bike用コンポネント「STEPS」を発表しました。

shimano steps

欧州ではすでに大きなマーケットとなりつつあるE-BIKE。
シマノは欧州ではすでに参入していて、今回発表された新システムは日本市場向けの製品となります。

shimano du-e8080

日本のマーケットにおいて電動アシスト車は、ブリヂストン、ヤマハ、パナソニックの3社が寡占状態で、主に子育て世代(ママ)をターゲットとして開発競争が進んでいます。

シマノ「STEPS」が既存の3社と大きく異なる点は、既存の3社はフレームから開発し「ブリヂストンの電動アシスト自転車」となるのに対して、シマノは駆動パーツメーカーですので「XXX社(シマノSTEPS搭載)自転車」となります。

shimano e-bike

したがって、「自転車店にシマノのSTEPSをください」と言っても販売されている訳ではありません。
また、普通の自転車に後からSTEPSを取り付けることもできません。

自転車メーカー各社がユニットを採用した新車種を開発し、発売されるのを待つ必要があるため、普及するのはまだ随分先になります。

shimano sc-e6010

STEPSは
・サイクルコンピュータ
・スイッチユニット
・ドライブユニット
・スピードセンサー
・ブレーキ
・クランクセット
・チェーン
・バッテリー
で構成され専用のバッテリーチャージャーで充電して使用します。
今のところ、パーツ単体での販売はありません。

 

shimano electoricbike

shimano steps 2018   shimano bt-e8010

バッテリーは簡単に車体から外せ、1000サイクル充電が可能です。
アシストは強力で、100km以上連続使用ができるそうです。

shimnao rt-em900

ブレーキはディスクブレーキ仕様のみとなってます。

miyata ebike

同日に発表されたSTEPS搭載に新車種のMIYATA「CRUISE」は¥269,000で、2018年2月発売予定のようです。

CATEGORY

シマノフェスティバル2017-2018 新製品紹介

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

世界最大の自転車パーツメーカーがシマノの製品が一同に集う販売店向け展示会で毎年9月に全国で開催されます。新製品の発表やプレゼンなどシマノに関する情報が一挙に公開され、この日を境に自転車のトレンドが大きく変わる指針となる重要なイベントです。

shimano festival

2017-2018はロードバイクコンポネントのULTEGRA(アルテグラ)とClaris(クラリス)
マウンテンバイクコンポネントのDEORE(デオーレ)とALTUS(アルタス)がフルモデルチェンジ。

そして、日本市場向けEバイクシステム「STEPS」(ステップス)が、この日初公開となりました。

 

– – – –

■shimanoのロードコンポーネントのグレード
[高] DURA ACE > ULTEGRA > 105 > Tiagra > SORA > Claris>Tourney [低]

 

■shimanoのオン&オフロードコンポーネントのグレード
[高] XTR > XT > SLX(LX) > DEORE > ALIVIO > ACERA ALTUS [低]

 

– – – – –

 ■ 新製品のプレゼンテーション

まずは、日本の自転車業界の現状と展望に言及し、そしてつい先日まで開催されていた欧州最大の自転車見本市「ユーロバイク」の報告。日本の自転車販売は人口減少などの影響でジリ貧状態になっているが、欧州の自転車トレンドを日本にも導入することで市場活性化がはかれるというプレゼンテーション。

shimano festival 2017

基本的には既存商品のアップデートを重ねることで品質の向上を目指している駆動系パーツメーカーです。
今シーズンは新ULTEGRA「R8000」を発表。
トップグレードの「DURA-ACE」のテクノロジーを継承したプロレベルでも十分に使用できる高いパフォーマンスを実現したレーシンググレードメカです。
またシクロクロスではトップグレードとなります。

ultegra

クランクセット:FC-R8000
ギア:CS-R8000
フロントメカ:FD-R8000
リアメカ:RD-R8000
STI:ST-R8000
チェーン:CN-HG701
ブレーキ:BR-R8000

 

ultegra

shimano ultegra

 

 

 

つづいて、ロード用8速(リア)グループのClaris 「R2000」シリーズ。
クロスバイクやフィットネスなどに使用される実質的には最下級グレードといっていいセットですが、それでも「世界のシマノ」がつくるパーツは高い品質となっています。

new cralis

クランクセット:FC-R2000
フロントメカ:FD-R2000
リアメカ:RD-R2000
STI:ST-R2000
ブレーキ:BR-R2000

 

shimano claris 2017

shimano 2017

shimano claris 2018

shimano brake

shimano claris

 

 

マウンテンバイク&トレッキングコンポネントDEOREは、MTBトレイル用「M6000」シリーズとトレッキングバイク用「T6000」シリーズを発表し、多様化するライディングスタイルに対応。

shimano deore

deore

shimano new deore

 

 

9速用ALTUS「M2000」シリーズはクロスバイクなどに非常に多く採用されるモデル安価なグループセットとなります。8速用ALTUSは廃版ではなく、並行して販売されていきます。

shimano altus

shimano new altus

shimano new altus

これらのモデルは日本で販売店向けに詳しく紹介されるのは初めてですが、すでに上市されていていたり、インターネットや雑誌などで情報はすでに公開されていたりするので驚きはありません。

 

シマノの新しい挑戦として今回初めての公開となるのが、Eバイク用駆動システム「STEPS」です。

shimao steps

(次回に続く)

CATEGORY

琵琶湖一周サイクリング「ビワイチ」 2日目

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

前回の続き)

1泊2日で、琵琶湖にサイクリングに行ってきました。

ootsu cycling

 

【2日目】
10:30  セトレマリーナ琵琶湖

朝7時に起床し、宿泊した琵琶湖大橋南岸のホテルにて朝食を取り、散歩して10時半に出発

setoremarina

shiga milk   biwako cycling

2日目は、大橋を渡り、湖の東側を北上し出発地点の長浜を目指します。
昨日に比べ観光地が少なく、距離が長めで北部は峠道となっているため少し速度を上げて走る予定です。

 

 11:00 琵琶湖大橋

biwakooohashi

琵琶湖大橋は自転車は無料で渡れます。
大橋を渡らずに、南湖も一周するのが本当の「ビワイチ」かもしれませんが、体力的にきついので今回はショートカットします…

 

12:00  白鬚神社

shirohige

絶景スポット白鬚神社に到着。
この辺りまで来ると、湖水が澄んでいます。

 

 

biwako cyclelane

 

 

14:00   メタセコイヤ並木

metasekoianamiki

湖畔道路から少し離れマキノ町のメタセコイヤ並木に寄り道。2.4kmに渡ってメタセコイヤという種の街路樹が植えられて、マキノ高原へのアプローチとして景観を形成しています。

今日は日差しがきつくて暑い…
バイパスの下りるところを間違えて、道に迷って時間を取ってしまった。

 

sekoia

 

湖畔の道路が土砂崩れで「通行止め」
泣く泣く来た道を戻って、大回りをして峠を越える羽目に….

touge

1km近くある長いトンネル。
走行するには、前照灯と尾灯が必要です。

 

15:30    びわこ北端

kohoku

マキノ峠を過ぎてから、湖北はコンビニはおろか自販機すら見あたらず、
ついに持っていた飲み水がつきてしまった。
美しい水のある景色とは対照的に暑さでのどが渇き、疲れもピークに

shiga wheather

16時なのに35℃もある…
さすがに立っているだけでもメチャ暑い。

小学生やママチャリでチャレンジしている大学生もいたけど大丈夫なのでしょうか?
(万が一、途中でリタイアしても琵琶湖をぐるりと電車が走っているので安心です)

 

 

17:30  長浜

nagahama cathlle

2日目は100km走行、疲れと暑さで後半ヘロヘロになり長浜に到着。
1日目の余裕の観光サイクリングと違って、2日目は体力のなさを痛感。
それでもケガや大きなトラブルもなく単独で無事完走できました。

jr west

 

 

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月