サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

クリスマスにまだ間に合う、かわいいキッズバイク 【2020年モデル版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

① SCHWINN  LIL STINGRAY DELUXE (三輪車)
schwinn lilstingray
【メーカー】schwinn
【商品名】lil’ stingray super deluxe tricycle
【本体価格】¥31,000
【フレーム】スチール
【重量】8.8kg
【対象】幼児
【カラー】レッド
【タイヤ】12インチ


<製品の特長>
アメリカンブランドならではゴージャスな三輪車。
注意:公道使用できません

 

 

tokyobike paddletokyobike paddle
【メーカー】tokyobike
【商品名】paddle
【本体価格】¥18,500
【フレーム】スチール
【重量】3.8kg
【対象】身長80~115cm
【カラー】全8色
【タイヤ】12インチ


<製品の特長>
かわいい空気入りタイヤのキックバイク。
注意:公道使用できません

 

 

LOUIS GARNEAU K16 pluslouis garneau k16
【メーカー】louis garneau
【商品名】k16 plus
【本体価格】¥33,000
【フレーム】アルミ
【重量】9.9kg
【対象】身長95~115cm
【カラー】全7色
【タイヤ】16インチ

<製品の特長>
前カゴ,チェーンカバー,ドロヨケ付属の補助輪付き幼児車

 

 

tokyobike littletokyobike little
【メーカー】tokyobike
【商品名】little
【本体価格】¥29,000
【フレーム】スチール
【重量】10kg
【対象】身長95~115cm
【カラー】全8色
【タイヤ】16インチ


<製品の特長>
シンプルな補助輪付き幼児車

 

SCHWINN  LIL STARDUST schwinn lilstardust【メーカー】schwinn
【商品名】lil’ stardust
【本体価格】¥36,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.4.kg
【対象】身長95~120cm
【カラー】全2色
【タイヤ】16インチ


<製品の特長>
子供の身体に適したフレーム設計「スマートスタートコンセプト」を採用した女の子向け補助輪付きの幼児車。

 

 

 

 

LOUIS GARNEAU   K18 litelouisgarnea k18

【メーカー】louis garneau
【商品名】k18 lite
【本体価格】¥30,000
【フレーム】アルミ
【重量】8.4kg
【対象】身長105~120cm
【カラー】全3色
【タイヤ】18インチ

<製品の特長>
キックバイクからの乗り換えに最適な18インチの軽量キッズバイク

 

 

 

 

FUJI ACE 20fuji ace 【メーカー】fuji
【商品名】ace
【本体価格】¥49,000
【フレーム】アルミ
【重量】8.4kg
【対象】身長118~135cm
【カラー】全2色
【タイヤ】20インチ

<製品の特長>
7速装備のオンロード用子供車

 

 

 

 

⑧ GIOS   GENOVAgios genova
【メーカー】gios
【商品名】genova 24
【本体価格】¥39,800
【フレーム】アルミ
【重量】12.5kg
【対象】身長120~130cm
【カラー】全4色
【タイヤ】24インチ

<製品の特長>
マウンテンバイクルックの子供用自転車(通称:ジュ二マン)。20,22インチ版もラインナップあり。

 

 

GIANT  ESCAPE JR 24giant escape jr24
【メーカー】giant
【商品名】escape jr 24
【本体価格】¥35,000
【フレーム】アルミ
【重量】11.3kg
【対象】身長135~150cm
【カラー】全2色
【タイヤ】24インチ

<製品の特長>
GIANTのベストセラー「ESCAPE」シリーズの子供版クロスバイク

 


 

※子供車の展示は一切ありません。すべて、お取り寄せでの対応とさせていただいております。
取り寄せの手配は通常3~5日ほどですが、クリスマス前は物流事情が悪くなるため、納品が大きく遅れる可能性があります。あらかじめ、ご了承をお願いいたします。遅納によるキャンセルは、一切お受けできません。

CATEGORY

自転車 ベストNEWS・ワーストNEWS 2019

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2019年も早いもので、残すところあとひと月となりました。

東京五輪を来年に控え、自転車競技のコースの発表や代表の選考も始まり、徐々にムードも盛り上がってきています。今年も様々な自転車関連のニュースがありましたので、少し早いですが1年を振り返ってみたいと思います。


■ サイクルショップ203 店主が選ぶ自転車ニュース 2019

・BEST NEWS 2019

[第1位]国を挙げたサイクルツーリズムへの取り組み

国交省がしまなみ海道等3つの「ナショナルサイクルルート」を発表

国土交通省の自転車活用推進本部は11月7日、自転車活用推進法に基づくサイクルツーリズムの推進策の一環として進めていた「ナショナルサイクルルート」に、「つくば霞ヶ浦りんりんロード」(茨城県)、「ビワイチ」(滋賀県)、「しまなみ海道サイクリングロード」(広島県、愛媛県)の3ルートを認定したことを発表した。本部長である赤羽一嘉(かずよし)・国交相は認定された3ルートについて「国としてPRをサポートする」と意欲を示した。(サイクリスト 11月7日)

biwaichi

 

 

[第2位]米 ウーバー社 フードデリバリー「Uber Eats」サービス拡大

Uber Eatsが4年で流通総額8700億円、課題山積でも急成長

Uber Eatsは2015年、カナダのトロントでサービスをスタートした。わずか4年で流通総額は80億ドル(約8700億円)、稼働レストラン数は22万店を超えるという(いずれも2018年実績)、世界最大のフードデリバリーサービスに成長した。

日本では2016年9月にサービスを開始。東京2区の150店舗からはじまったが、1年後には1000店舗、2年後には3500店舗、3年を待たずに1万店舗を超えるまでに成長している。

さらに、今年10月には消費増税があったが、食品のテイクアウトやデリバリーは軽減税率の対象となり、税率は8%に据え置き。デリバリーの需要はさらに高まるという予測もある。Uber Eatsにとっては本来であれば追い風となるタイミングだ。(DIAMOND online 10月18日)

 

 

[第3位]札幌 自転車盗犯人逮捕 ダイヤル錠を開錠し「ジモティー」で売却

高級自転車盗み「ジモティー」で売却か…「ダイヤル錠」下1ケタのみ変更は危険

海外ブランドの高級自転車を狙って盗みを繰り返し、中古品などの情報を扱うインターネット掲示板「ジモティー」で売却していたとして、北海道警札幌西署は近く、札幌市中央区の男を窃盗などの疑いで札幌区検に書類送検する方針を固めた。同署は、男が「ダイヤル式」のチェーンロックをかけていた自転車を中心に狙っていたとみている。

男は、ダイヤル式のカギがかけられた自転車のほか、無施錠の自転車を中心に盗んでいた。道警によると、ダイヤル式のカギは、数桁の数字を組み合わせないと解錠が出来ない仕組みだが、利用者の中には、カギの開け閉めの手間を省くため、下1桁の数字だけをずらして施錠する人が多いという。

男はこうした事情に目をつけて、ダイヤル式のチェーンロックがついた高級自転車を物色。解錠した自転車を自宅に持ち帰り、「ジモティー」に「必要な方いますか」などと出品して購入者を募り、売却していた。(読売新聞 11月28日)

 


 

 

・ ワースト NEWS 2019

 

 

[第1位]シェアサイクルバブル崩壊

注目の新分野として多くの企業が参入するシェアリングサービス。だが、連日のように各社が新サービスを発表する裏で、撤退も相次いでいる。自転車シェアはその典型だ。
街中に設置された自転車を好きな場所で借り、好きな場所で返せる仕組みで、中国から世界へ広がり、2017年の段階ではDMMも参入を検討していた。

が、18年に入り、業界のけん引役的な存在である中国の「摩拝単車」を買収した中国ネット出前サービスの美団点評が、海外の自転車シェア事業を大幅に縮小。美団の18年12月期の業績は2兆円近い最終赤字に沈んだ。競合の「ofo(オッフォ)」も、中国事業の経営不振を理由に日本から半年で撤退した。利用者が増えるほど自転車を町中に配置するための手間やコストが増え、採算が合わなかったという。

ofoは日本で大津市や和歌山市などと自転車シェアを展開していたが、いずれも現在はサービスを停止。DMMも既に参入を断念している。(日経ビジネス 6月21日)

ofo osaka

 

 

[第2位]なんばCITY 壮年自転車サークル「ファントム」暴走事件

南海電鉄難波駅(大阪市中央区)に直結する商業ビルで、自転車で集団暴走する様子を写したとみられる動画がツイッターに投稿されていたことが13日、わかった。数台の自転車が通行人の間を前輪を上げながら走行。南海は施設内の防犯カメラで暴走行為を確認しており、大阪府警事実確認を進めている。

南海によると、暴走があったのは同社が運営する商業施設「なんばCITY」の本館1階。12日午後11時ごろ、数台の自転車が施設北側から進入し、約2分間にわたって暴走する様子が防犯カメラで確認された。施設内での自転車の走行は認められていない。

当時、施設の店舗は閉店していたが、直結する難波駅では電車は運行中。通行人もいたが、けが人や施設の破損はなかった。「非常に危険で悪質な行為。強い憤りを覚える」としている。

同じ施設では今年7月にも同様の集団暴走が少なくとも2回あったという (産経新聞11月13日)

 

[第3位]シニアドライバー問題  池袋「上級国民」あて逃げ事件

東京・池袋の事故現場では19日午後、ごみ収集車が横転し、車の部品や真っ二つに割れた自転車などが散乱していた。「100キロぐらい出ていた」「ドカンと衝撃音がした」。目撃した通行人らは驚いた様子で当時の状況を語った。
ごみ収集車はフロントガラスが大破し、ヘッドライトがつぶれていた。周囲には通行人のものとみられるバッグやペットボトルがあり、約10メートル先には前方部分が大きく破損した乗用車も。消防隊員は慌ただしく救命活動に当たった。
横断歩道を渡ろうとしていた浜松市の男性会社員(50)によると、乗用車は赤信号を無視して猛スピードで突っ込んできた。強い風圧を感じて顔を上げると、目の前で高齢男性がはねられ、うつぶせに倒れた。「100キロぐらい出ていたのでは。自分も巻き込まれたかもしれず、鳥肌が立った」と振り返った。
乗用車はそのまま走り去り、交差点でごみ収集車に衝突するなどして停止した。(時事ドットコムニュース 4月19日)

 

 

 

 


 

ベスト NEWS第3位の読売新聞の記事は、自転車盗の逮捕という事件より「ダイヤル錠の下1桁だけをずらす」という手口を紹介し読者に注意喚起を促し、「ジモティー」というサイト名を臆せず公表していて、非常によい記事に思いました。普通なら自転車盗は多すぎて、報道すらされません。実名報道により「ジモティー」の運営も犯罪の温床とならないように何らかの対策が必要とされることでしょう。

ワーストNEWS第1位の「ofo」の撤退の報道は知れば知るほど面白い。中国発の新興ビジネスとして注目を浴び、その絶頂にはGIANT買収までも示唆した同社が、なぜ自壊したのか。そこには配車サービス中国大手「滴滴(DiDi)」そして、孫正義率いるソフトバンクの投資資金をめぐる人間模様がうかがえる。あまり突っ込んだ取材をしているメディアがないようで残念ですが、特に経営学や投資の勉強をしている人には、すごく為になる事象だと思います。熱心に取材をされている方が数名いらっしゃるみたいなので、是非、真相を追求していただきたいと思っています。

 

年末は12月29日が最終営業日となります。
特に年末年始は物流の混雑が予想されますので、ご注文の際はあらかじめ余裕をもってご注文お願いします。

CATEGORY

大阪万博の跡地利用に、屋内型バンク「夢洲競輪場」設立を考える①

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

これから複数回にわたり不定期で表題にもある私案の「夢洲競輪場(仮)」について考えを連ねていきたいと思います。

大阪此花区の夢洲(ゆめしま)に最先端の屋内型の競輪バンクの設立を願うという、まさしく「夢」のような内容です。今のところ、このような動きは全くなく、現実性はほとんどないといってもいいのですが、競輪事業の現状考察や自転車都市大阪の存在意義を含め、長期的な活動の旗印として、本投稿を示します。

 

track keirin

 

大阪府・市は、現在カジノを含む統合型リゾート施設(以下IR)の誘致を目指しています。大阪・関西万博がおこなわれる此花区にある人工島の夢洲を軸としたベイエリアに、国内外から人・モノ・投資を呼び込み大阪の持続的成長へとつなげようというコンセプトの「大阪IR基本構想」は府民・市民だけでなく、日本国民の関心事となっています。

 

IRとは、国際会議場や展示場などのMICE施設、ホテル、ショッピングモール、カジノなどが集まった複合施設で、日本においては2013年から国会で議論され、18年に実施法が可決されました。政府は全国で最大3か所を選定する基本方針を打ち出しており、すでに数都市が名乗りを上げていますが、その中で大阪は最有力とされ、首尾よくいけば、万博が開催される25年までにIR施設が完成するスケジュールとなっています。

 

– –

大阪とIR関連のこの20年の歩み

2001年 USJ開園
2001年 大阪市、五輪落選
2005年 シンガポール カジノ合法化
2007年 橋下徹大阪府知事就任
2008円 北京五輪
2010年 大阪維新の会結党
2011年 シンガポール マリーナベイサンズ開業
2011年 橋下徹大阪市長就任 松井一郎大阪府知事就任
2012年 LCC関空就航
2013年 グランフロント大阪開業
2013年 衆議院にIR推進法案提出
2014年 あべのハルカス開業
2015年 吉村洋文大阪市長就任
2016年 衆議院にてIR推進法案が可決
2017年 大阪市、万博に立候補
2018年 参議院にてIR実施法案が可決・成立
2018年 大阪市、万博開催地に選出
2019年 松井一郎市長就任 吉村洋文知事長就任
2019年 G20大阪サミット開催 ← 今、ココ

2020年 東京五輪
2022年頃 IR候補地の決定
2023年 北梅田駅開業
2024年頃 カジノ開業(大阪)
2025年 大阪・関西万博

– –

 

候補地の夢洲は広大です。総面積はなんばパークスが50個はゆうに入る390haで、その4割となる160haを、25年の万博会場、60haをIR敷地(カジノ施設はその3%)として構想されているようです。カジノの規模は現在の世界最大のマカオの1.5倍となる超巨大な施設が予定されていて、世界中から多くの観光客が期待されています。

 

 

| 夢洲に競輪場をつくれば、日本の輪業は活性化する

 

私の考えは、この多くの人が集まる舞洲に、屋内型250m木板張りトラック「ベロドローム」(Vélodrome)の建設を求め、IR運営事業者に施設の建設・運営管理などを付託し、今までの競輪ファンに加え、富裕層や外国人などにも日本が誇る他にはない真剣勝負の興奮を経験していただき、繰り返し来阪していただける独自のIRの創出するというものです。

 

keirin 2018

 

夢洲のIR事業は、私案が通るほど軽々しいものではないと思いますが、市の所有する財産であるゆえ、一事業者や一部の政治家が恣に開発するより、喧々囂々、侃々諤々の議論をした上で市府民(さらには日本国民)全体が納得し、将来を考えることが重要ではないかと考えます。
理想としては、現在の競輪がドミノ倒しのように屋内型に変わり、
空手が、K1として一時期、大成したように、エンターテインメントとして、
日本だけでなく世界から注目される事業になり、
国内輪業の活性、
そして、それに留まらず、(他国のIRに向けて)コンテンツの輸出などに波及し、日本経済復興の起爆剤になればいいなとなどと、夢を描いていますが、詳しくは後述させていただきます。

冒頭にもあるように「舞洲競輪場」設立を考えるは、ブログという特性を生かし、不定期で、長期にわたり加筆していく予定です。

次回は、私がなぜこのような考えに至ったか、というその契機をお話しします。

 

CATEGORY

各メーカーのローエンドのクロスバイク一覧【2020モデル】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

普段、接客をしていると「この店で、一番安い自転車はいくらですか?」というお問合せをいただくことがあります。

サイクルショップ203では、販売車の51.4%がクロスバイクとなり、車両の平均販売もそれに合わせて64,662円(税込)となっています。(少しデータが古くなりますが)日本の自転車の平均値が10588円(※)のようですので、非常に高額に感じてしまうのかもしれません。

 

高い理由としては、
1.スポーツ自転車である
2.メーカー品である
という点です。

サイクルショップ203には、いわゆるママチャリはおいていません。
またノーブランドのものは取り扱いがなく、下記の各メーカー最安値クロスバイク(大人用)を中心に販売しています。

 

 

 

 

各メーカーのローエンドのクロスバイク一覧【2020モデル】

 

GIANT ESCAPE R3giant escape
【メーカー】giant
【商品名】escape r3
【本体価格】¥52,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.7kg
【サイズ】XS,S,M
【カラー】全5色
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700×30c

<製品の特長>
ベストセラーのクロスバイク。定番中の定番「R3」は2020モデルからオフセットシートステイの新しいアルミフレームに変更。タイヤも28cから30cもボリュームアップしより快適に。

 

 

 

② GIOS MISTRAL
gios mistral
【メーカー】gios
【商品名】mistral
【本体価格】¥51,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.8kg
【サイズ】XS,S,M,L
【カラー】全4色
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700×28c

<製品の特長>
GIANT「ESCAPE R3」の対抗馬。クラス最安値ながらシマノ製のホイール,ブレーキ,駆動系のパーツを採用。フレーム重視派のエスケープ、パーツ重視派のミストラルと調べれば調べるほど二択化する傾向にある。メーカー在庫が常になく2か月待ちが常態化。

 

 

 

LOUIS GARNEAU SETTER8.0louisgarneau setter
【メーカー】louis garenau
【商品名】setter 8.0
【本体価格】¥54,000
【フレーム】アルミ
【重量】12.1kg
【サイズ】XS,S,M,L
【カラー】全9色
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700×32c

<製品の特長>
豊富なカラーとおしゃれなデザインで地域シェア2年連続No1のルイガノ。アイボリー色の700x32cタイヤは他のライバル車より少し太めで、女性でもストレスなく走れる安定感。

 

 

④FELT VERZA spped50

felt verza
【メーカー】felt
【商品名】verza speed 50
【本体価格】¥55,800
【フレーム】アルミ
【重量】12.8kg
【サイズ】XS,S,M,L
【カラー】全4色
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700×30c

<製品の特長>
ローエンドモデルながらワイヤーがフレーム内装化され、デカールもデザインが入っている。ロードバイクのテクノロジーを取り入れた湾曲したトップチューブやチェーンステーが高次元の快適性とスピード感を両立。

 

 

 

 

FUJI RAIZfuji raiz
【メーカー】fuji
【商品名】raiz
【本体価格】¥59,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.8kg
【サイズ】XS,S,M,L,XL
【カラー】全5色
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】700×32c

<製品の特長>
サイクルショップ203で2019年最多販売台数のフジ。豊富なシティモデルのラインナップと小柄な方から乗れるサイズ展開で、ファッションイノベーター層を中心にインスタ映え。

 

 

 

RITEWAY SHEPHERD CITYriteway shepherd-city
【メーカー】riteway
【商品名】shepherd city
【本体価格】¥57,800
【フレーム】アルミ
【重量】10.9kg
【サイズ】S,M,L
【カラー】全4色
【変速】24(3×8)速
【ブレーキ】Vブレーキ
【タイヤ】24″,26″,700c

<製品の特長>
日本人の身体データを基にモデリングという手法を用いて設計されたフレームに、量産車世界初となるサイズ別ホイールサイズを採用した新発想のクロスバイク。「お尻が痛い」「姿勢がきつい」などのユーザーの声をもとに理想を求めた独自路線のフィティング。

 

 

 

 

TERN  clutchtern CLUTCH
【メーカー】tern
【商品名】clutch
【本体価格】¥53,000
【フレーム】アルミ
【重量】10.2kg
【サイズ】4サイズ
【カラー】全7色
【変速】8速
【ブレーキ】キャリパー
【タイヤ】XS,S,M :650c /L:700c

<製品の特長>
折りたたみ自転車メーカーTernが日本市場向けに発売しているクロスバイク。前変速がなくスタイリッシュで都会的なシルエット。キャリパーブレーキを採用している。

 

 

 

tokyobike 26tokyobike 26
【メーカー】tokyobike
【商品名】26
【本体価格】¥76,000
【フレーム】クロモリ
【重量】11.4kg
【サイズ】3サイズ
【カラー】全6色
【変速】8速
【ブレーキ】キャリパー
【タイヤ】26×1.15

<製品の特長>
サイクルショップ203の車種別ランキング第3位。クロモリ製のフレームをセミマット塗装、シンプルで乗りやすいロングセラー。

 

 

 

 

 

– –

 

 

 

 

 

取り扱いとしては51000円のGIOS「MISTRAL」がクロスバイクの最安値にあたり、それを含む5-6万円台の自転車が販売車の半分以上を占めています。

|サイクルショップ203の販売車の価格帯

5万円以下 8.3%
5-6万円台 51.9%
7-8万円台 29.8%
9万円以上 11.5%

(※5万以下は、ほぼ子供車です。子供車の展示はなく、すべて取り寄せ対応となっています)

 

 


 

※ 各国の自転車の平均価格 (1ユーロ=152円)
日本 10,588円
ドイツ 58,700円(386ユーロ)
フランス 39,800円(262ユーロ)
オランダ 104,500円(688ユーロ)

「成功する自転車まちづくり」2008年 古倉宗治著より

 

CATEGORY

ヴィンテージ自転車&部品の蚤の市「シクロジャンブル2019・秋」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

国内最大級のビンテージ自転車やパーツのスワップミート「シクロジャンブル」に行ってきました。

bridgiston cycle

シクロジャンブルは大阪北部・豊中市の服部緑地公園で年2回春と秋に開催される中古自転車と部品のフリーマーケットで、今回で通算42回目の開催となる西日本最大の自転車蚤の市です。

toyonaka cycle

最寄り駅は北大阪急行「緑地公園駅」で、地下鉄御堂筋線を利用すると大阪中心部や新大阪駅からも交通アクセスがよく多くの自転車マニアが遠方からも集まります。

cyclingpark

会場は緑地公園駅から公園内を歩くこと15分の「古民家集落広場」という多目的広場で行われます。
開催時間は朝9時からとなっているようですが、なるべく早めに行った方が掘り出しモノを見つけれるかもしれません。

cyclegear

出店は誰でも可能で自転車パーツコレクターから自転車関係業者など約40ブース、自転車パーツが多く、貴重なビンテージパーツから不用品まで様々な自転車関連の品々が売買されています。

moulton

自転車史に燦然と輝くモールトン社の美品がズラり、と。
嗚呼、なんてカッコいいんだ!
値札はついていないけど、売り物なのでしょうか。

見ているだけで、楽しくなります。

車体の出品は多くはありませんが、ロードバイク・マウンテンバイク・ランドナー・BMX・ミニベロ・クロスバイク・実用車などジャンルや新旧を問わず扱われています。

自転車や部品などの購入をお考えなら、手さげ袋、小銭、メジャー、ノギスなどは持参した方がいいかもしれません。

tandemcycle

二人乗りのタンデム自転車もありました。
大阪では2016年にタンデム車の走行が可能になり、全国的も解禁の動きが広がっています。

 

私は、本を2冊購入。
・「イラストによるスポーツ車と部品の変遷」ダニエル・ルブール著
・「Bikecoogy」という1977年のカタログ(?)

ダニエルの本は図書館で借りたことがあり、内容は知っていますが、絶版になっているようなので資料として一応、購入。2500円。値切り交渉もあっさり断られました。

まあ、定価6800円と書いてあるので、まあいいか。

cycle book

「Bikecoogy」はどうやら米カリフォルニアの自転車店の通販カタログのようです。
英語ですが、写真やイラストが多く勉強になります。

bob jackson

shimano duraace  77

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月