サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

アジア最大の自転車見本市「台北サイクルショー2017」 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

昨年に続き、アジア最大の国際自転車ショー〝台北サイクルショー”こと「TAIPEI CYCLE 2017」に行ってきました。台北サイクルショーは、ユーロバイク(8/30-9/2)とインターバイク(9/20-22)と並び、世界三大自転車ショーといわれています。

taipeicycle2017

2017年は3月22日(水)から3月25日(土)までの4日間、
会場は昨年と同じ、台北中心部から少し離れた「南港展覧会」というインテックス大阪のような大きな会場で開催されました。メインは4階、パーツメーカーは1階といったように分かれていて、会場周りや他のフロアでも多くの来場者がいて商談などがおこなわれていました。

blue cycle

近年の台湾の自転車産業の発展は目覚ましいものがあり、パソコンでいうところのシリコンバレーのような状況になっていて、中国や日本企業はもちろん、欧米からも多く企業が出展しています。

30th taipei cycle

格安航空(LCC)の就航で、台湾はより身近な存在となり、私も挨拶がてら初日の22日に日帰りで、各メーカーをまわってきました。

fuji 2017

シマノやジャイアント、フジなどの世界的なメーカーももちろん出展しているのですが、大半は名前も聞いたことのない小規模メーカーで「第二のジャイアント」を目指し新製品を投入してきます。

topeak taipei

会場でひときわ大きな人だかりができていたのは、大手パーツメーカーTOPEAK。このブログでも少し前に紹介したバイクパッキング用の新製品のローダーシリーズを中心に大きな注目を集めていました。(また後日、詳しく紹介させていただきます)

taiwan girl

TIOGAはグラベルロード向けタイヤや新型スパーダーサドルを展示。
米国で人気のパーツメーカーですが、実は日本のメーカーです。
写真の女性は台湾人で、少し日本語を話すことができました。

felt 2017

FELTはロードバイクを展示。
会場内には電動自転車の展示も少し展示してある以外は、ほとんどはスポーツ自転車となっています。
「自転車=ママチャリ」というのは、日本独特の概念かもしれません。

dahon 2017

ming cycle

axman 2017

TAIPEI CYCLE 2018」はなんと7ヶ月後?!
10/31から11/3のようです。

taipei cycle 2018

3月末は日本では繁忙期になっていて時期的に出展や来場が難しいとの声を多く、欧米メーカーもインターバイクやユーロバイクにあわせて新商品を発表していてテクノロジーの進化が早い昨今は台北ショーに来る頃には型遅れになってしまってるという事態もありうるということなので、11月への移行というのはいい決断ではないでしょうか。また、現在は年1回の台北ショーを年2回にする案もあると聞きました。まだどうなるかは、よくわかりませんが台湾の自転車熱の勢いが止まらないのは確かなようです。

CATEGORY

自由な自転車男女に変化と刺激を、サイクルイベント「CYCLE LETTERS」に行ってきました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自由な自転車男女のためのサイクルイベント「サイクルレターズ」に行ってきました。

cycle letters

 

2015年にはじまり、今回で4回目となるこのイベントは、最新の自転車アイテムの紹介やトークイベント、ワークショップなどを交えて新しい自転車生活を提案していく手作り感のあるイベントで、中之島の「ライフクリエーションスペースOVE」で開催されました。入場は無料です。

ove

 

それほど広い会場ではないので会場は出展者だけでもごちゃごちゃしていました。

cycleletters 2017

 

自転車競技や自転車マニア向けではなく、普段着感覚でスポーツサイクルを楽しもうといった志向のイベントで、コーヒーや活版印刷など特に自転車には関係のなさそうなブースも出展されていました。

cycleletter spring

 

最新パーツも実際に手に取ってみることができます。

adept cycle

 

 

ADEPTのバイクパッキング向けフロントバッグ。初めて出展される商品ではないでしょうか。

adept cycleeletters

 

 

ハブダイナモライト標準装備のARAYAの新車種「SWALLOW PROMENADE」は5月発売予定

araya cycleletters

 

自転車ブームで最近このような小規模な自転車イベントが各地で開催されています。
「サイクルレターズ」は大阪で春と秋に開催されていていますが、開催会場や日程がはっきりと決まっている訳ではありません。気になる方はイベントのウエブサイトをチェックしてください。

ove nakanoshima

CATEGORY

ポケットサイズのコンパクトなダイヤル式ケーブル錠ABUS「Combiflex」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ABUSからコンパクトで強い新型ケーブルロック「Combiflex」が発売になりました。

abus combiflex

ロールバック式の3桁のマイセットダイヤル錠で、1.6mmの細いワイヤーを最大1.6m伸ばして使用することができる簡易錠です。

 

abus combiflex  abus combiflex

重量が50gと軽量仕様の為、ポケットに入れてサッと使用することが可能です。
また、サドルやヘルメットなどの盗難防止の為のWロック用のセカンドキーとしても使用できますし、スノーボードやローラースケート、ベビーカーなどのセキュリティにも使用できそうなあると便利なロックです。

abus combiflex

本体価格は¥1,800
カラーはブラックのみです。

 

より高いセキュリティをお求めの方は
ワイヤーの太さ2.5mmで4桁ダイヤルの上位モデルは¥2,600となります。
abus combiflex2503

CATEGORY

ツーリング車の新潮流バイクパッキング対応 TOPEAK「Front Loader」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

キャリアを使用せず大型バッグでたくさんの荷物を積載する新しいツーリングスタイルバイクパッキングという自転車の楽しみ方が日本にも今春やってきそうです。

bikepacking

 

大型で高い機能性を持つ軽量防水バッグをハンドルバーやフレームトップチューブに金属製キャリアを使用せずに装着し、サイクリングから本格的な自転車旅などをおこなうスタイルに流行の兆しが出てきています。

TOPEAKからバイクパッキング向けバッグの新シリーズ「ローダー」シリーズがリリースされ、いよいよ日本にもバイクパッキングが本格的に上陸です。

 


 

 

まずはハンドルバーに装着する「フロントローダー」バッグを紹介します。

topeak frontloader

8リットルのポリエチレン/ナイロン素材のロールクロージャ―式の防水バッグで、大きさはL150xW220xH150で円筒型をしています。

topeak  bikepacking

付属の外付けストラップを使用すれば追加の荷物を保持することができるようになっています。

重量は272g、
カラーはブラックのみとなります。
本体価格は¥7,700
2017年3月発売です。

2017年はバイクパッキング元年といっていいと思います。
トピーク「ローダー」シリーズは起爆剤といっていいアイテムですので、トレンドに敏感な方はバイクパッキングの第一人者を目指して全ラインアップを揃えてユーチューブなりSNSなりで自身のライフスタイルを拡散してみてはいかがでしょうか。日本のアウトドアメーカーや鞄メーカーも商機と考え、追随してくるとは思いますので追って紹介させていただきます。

CATEGORY

強固な二重構造の新型アーマードロック ABUS「MICROFLEX」と「TRESOR」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

90年の歴史を誇るヨーロッパNO.1ロックブランドABUS からアーマードロック新作「MICROFLEX」と「TRESOR」が発売されました。

abus armerlock

スチール製のケーブルを円筒スチールシェルで覆った二重構造を採用した強固なロックで、カッターなどの攻撃でもグニュっとつぶれてなかなか切れません。これは同等強度のチェーンよりも切断に時間が掛かることを意味します。さらにカラフルで耐久性の高い専用カバーでシェルを保護して、より高いセキュリティレベルを実現しています。

abus lock

長さは120cmと前後ホイールをカバーできるちょうどいい長さがあり、三重に巻いてコンパクトにできます。

abus tresor6615c
自由設定の四桁の「TRESOR 6615」は820gでブラック,ブルー,ホワイトの3色展開。

abus microflex6615k
鍵穴にシールドのあるキータイプの「MICROFLEX 6615」は710gで同じく3色展開で本体価格3680円です。サンプルもご用意していますので、よろしくお願いします。

 

 

さらに高いセキュリティをお求めの方はMICROFLEX 6615のワンランク上で同構造の「840」が同時リリースされています。

abus 840

太さが19mmでMICROFLEX 6615より4mm太くより頑丈で切断されにくくなっています。長さは110cmで本体価格は4600円です。こちらはブラック,レッド,ブルー,グレーの4色のラインナップとなっています。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月