サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

聖地巡礼ポタリング「じゃりんこチエ」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

あけましておめでとうございます。

猛威を振るうコロナの影響で正月休みも遠出を控え、今更ながら大流行のアニメ「鬼滅の刃」の動画を自宅でみていました。アニメは子供かオタクの人が見るものと考えていましたが、そのような考えは改めなくてはならないほどアニメは社会に浸透し、国内のみならず多くの人が日本発のカルチャーである「アニソン」や「コスプレ」などを嗜好し、経済的・文化的に日本の財産となっています。

アニメの楽しみ方のひとつに、作品のゆかりの地を巡る「聖地巡礼」があります。
鎌倉にある踏切は、どこにでもある何の変哲もない踏切なのですが「スラムダンク」の聖地として台湾人観光客が押し寄せているそうです。

「大阪にもなんかないのかな」と思っていたら、YouTubeでちょうど「じゃりン子チエ」第一話が無料公開されていたので、延方さんに譲ってもらったFUJI「feather compo」で聖地サイクリングに行ってきました。

「じゃりン子チエ」は戦後の大阪を舞台にしたテレビアニメで、私が子供の頃は夕方に再放送されていて、よく見ていた作品です。大人になってから再び視ると、人間関係や闇社会などの描写がまた違った見え方をします。

舞台は大阪市の南部、通天閣付近となります。
第一話「決めたれ!チエちゃん」は、ならず者のテツが実家に金をせびりに行くというのっけからバイオレンスな内容となっています。

jr imazato  nishinari map

アニメの描写ではテツの実家は鉄道の高架の向こうに通天閣が見える木造家屋が密集する地域にあるように描かれています。高架の鉄道はおそらくJR環状線で、その南側となると「大阪市西成区山王1丁目」あたりということとなります。

 

jr shinimazato

西成区山王1丁目のあるこのブロックは
北に新世界、
南に飛田新地、
西にあいりん地区、
東にハルカスなどを含む阿倍野再開発地区とカオスな周辺立地となっています。

周辺と比べると何もないところなのですが、かつては上方の芸人が70人以上集まる「芸人横丁」が存在し、「やすよ・ともこ」の実祖母・海原小浜や「大阪三大アホ」の一人・平和ラッパなどが住み、笑いの絶えないにぎやかなところだったようです。

 

geininyokocho

さて、テツの実家はどこなのか、
細かい場所の捜索です。

アニメでは、テツが博打をする金欲しさに実父をだまし、帰路に立つシーンが描かれています。
向かう先には踏切があり電車が走っています。

この線路は1993年まで天下茶屋=天王寺間を運行していた南海の天王寺支線だと思われます。

tetsu   kakemoto tetsu

昔の運行映像がYouTubeにあったので、確認するとこの路線の踏切は「飛田本通駅」の西側に1ヶ所あっただけなので、その場所まで自転車で移動、住所でいうと「西成区太子2丁目」になります。

tobita

天王寺支線は廃線となり踏切もなくなっていますが、界隈の雰囲気は当時のままといってもいいのではないでしょうか。鎌倉の「スラムダンク」の踏切とは異なり、聖地巡礼をしているのはもちろん私一人ですが…

nankai

天王寺支線の跡地は「山王みどり公園」というプロムナードになっています。

公園には、地べたに腰を下ろし弁当を食べている人や昼酒を飲んでる老人がちらほらみられます。西成では日常的な光景ですが、箕面のええとこ出身の私にはかなり衝撃です。

あと、この公園は「洗濯もの禁止」の看板がフェンスに大きく掲げられているので、巡礼の際はくれぐれも洗濯物を干したりしないように注意してください。

 

チエの家はどこなのか

テツはもっぱら博打やヤクザをカツアゲして生計を立てていますが、本職はホルモン店「テッちゃん」の経営です。「テッちゃん」は住居兼店舗で、第一話の時点ではテツとその娘のチエが住んでいます。原作の設定では「大阪市頓馬区西萩」とされているようですが、これは架空の住所なので正確な場所はよくわかりません。

主人公・チエの自宅はどこにあるのでしょうか。

私が注目したのがこのシーンです。チエがテツの実家から自宅であるホルモン店に戻るシーンなのですが、コンクリートで三面張られた高架をくぐっています。

chie

周辺には高架になってる線路はJR環状線以外にもいくつかあるのですが、グルグル回ってもこのような場所はスーパー玉出 新今宮店の北東側にある通路だけでした。

super tamade

これだけではホルモン店の場所を特定することはできませんが、通天閣との位置関係がわかる次のシーンが大きなヒントとなります。

 

tsutenkaku  chie

少し離れた位置に通天閣を望み、このままパンダウンされチエの自宅のホルモン店が映し出されます。

テツの実家のシーンと異なり、JR環状線の高架がないことから、通天閣の南側ではないことが分かります。
通天閣の東は天王寺公園ですので、東側はありえません。通天閣の北側まで行ってしまうと電気街として有名な日本橋なのでアニメの雰囲気と合わなくなってしまいます。

そうなると、高架をくぐってすぐの戎本町辺りと考えるのが自然です。

chiechan

実際に行ってみると、周辺はマンションに建て替えられていて、戦後の雰囲気とは大きく変わっています。
しかし、そこから通天閣を眺めると、各階に2つずつ窓がある4階建ての白いビルが残っていて、作画と一致します。

営業されている飲食店は新世界やJR線の南側と比べると多くはありませんが、何件かホルモン店もみつけることができます。

horumnon

ホルモンというといかにも貧民臭ただよいますが、焼き鳥の牛肉版です。
大阪は肉といえば牛肉で、特に新世界周辺では牛串焼きや牛串を揚げた「串カツ」を提供する店が多くなります。

horumon

新世界周辺はサイクルショップ203がある堀江からも自転車で10分程度ですぐに行くことができ、昔ながらの大阪の雰囲気も残っている趣のある街です。今回は、第1話だけに限ったサイクリングですが、このアニメも60話以上あり、茶臼山や四天王寺などなじみの場所が登場しますので、機会あればまた行ってみたいと思います。

CATEGORY

私が選ぶ、自転車本 ベスト 3【2020年】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

本年の営業も残すところあと数日となりました。
12月29日(火)が最終営業日で、新年は1月3日(日)11:00から営業となります。

本年最後の投稿は今年に発売された個人的に面白かった書籍を紹介したいと思います。

 

|サイクルショップ203の店主が選ぶ、2020年自転車本 BEST 3 

 

第1位
flasher cycle

日本懐かし自転車大全 内藤常美著

【発行発売】 タツミムック
【本体価格】¥1,500 +税

【詳細】昭和に起こった空前のフラッシャー自転車ブームを中心に懐かしのデコチャリを大量の当時の資料や広告などと共に紹介。いったいこんな独特な自転車文化がなぜ当時花開いたのか、関西輪界の生き字引き新家工業の内藤常美氏がディープに迫る圧巻の書籍

【書評】自転車について書かれた書籍は多くあれど、フラッシャー自転車について詳しく書かれたものは皆無に近かった。おっさん世代なら誰でもあこがれた煌びやかなマシン、高度経済成長期に忽然と現れ、時代とともに消え去っていった独自カルチャーを新家工業の内藤さんが徹底解説しています。

 

deco chari  showa cycleing

 


 

第2位

sabi

自転車サビとり再生術

【発行発売】 枻出版
【本体価格】¥1,200 +税

【詳細】自転車のサビ落としやオーバーホールに特化したムック本。月刊誌「BICYCLE CLUB」を発行する枻(エイ)出版の編集。クロスバイクやママチャリなどサビてしまった自転車の再生というありそうでなかったテーマの専門的実用書。全ページカラーで分かりやすい写真入りとなっている。

【書評】本年は梅雨の長雨で例年以上に自転車が傷んでしまったという人が多かった。また、コロナの影響で、使っていなかった自転車を引っ張りだしてきて、通勤やサイクリング、自転車配達便の仕事などに再活用するという事例も当店で多く、世相を反映している。

sabitori  ei sabi

 

 

 

 


 

 

第3位
roadbike technology
ロードバイクの素材と構造の進化    高根英幸著
【発行】
 グランプリ出版
【本体価格】
¥2,000 +税

【詳細】カーボン・アルミなどロードバイクの素材や構造を自動車ジャーナリストが取材・分析するという異色の解説書。著者自身もロードバイクを愛用し、本業の理系の知識で、仕組みや製法が中学生でも理解できるように書かれている。

【詳細】競技で使用され高速走行が要求されるロードバイクは、自転車のなかでもとりわけ最先端の技術が採用され日々進化をしています。著者は「ロードバイクの走りはフレームに集約されている」とし、カーボンを中心にその種類や特性、製法などを詳細に解説しています。著者の本職は自動車ジャーナリストですが、本書の執筆にあたり10年におよぶ取材をされていて、自転車専門誌ライターの分析とはまた一味違った視点が新鮮に感じます。

roadbike frame  rodbike material

 

 

 


 

【PICK UP】

自転車本ではありませんが、ジャネット・サディック=カーンとセス・ソロモン著「ストリート・ファイト」は大都市の自転車空間創造するにあたり、大いに大阪が参考にできる事例が掲載されて面白かったので合わせて紹介させていただきます。

 

streetfight

ストリートファイト    ジャネット・サディック=カーンら著
【発行】
 学芸出版
【本体価格】
¥3,500 +税

【詳細】元ニューヨーク市交通局長ジャネット・サディック=カーン氏による2007~13年ブルームバーグ市政における街路空間の再分配の実録。かつて自動車が幅を利かせていた道路を自転車レーンや歩行空間化、安全で居心地のいいまちづくりを実践。

【書評】カーン氏は日本を「驚異的な交通を誇る国」とし、大阪や京都などの都市を活気あるストリートライフの参考になる都市であると称賛しています。そして、すでにある資産をいかすために「基礎的な自転車レーン網」の重要性を認識し、優先的な取り組みを提唱しています。同書は自転車の本という訳ではありませんが自転車活用において非常に有益な内容となっていると思います。

 

new york  newyork cycle

CATEGORY

油圧ディスクブレーキ採用のマウンテンバイク 5選【2021年版】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

雨の日にも安定した制動力を発揮するディスクブレーキ。かつては選手が使用するマウンテンバイクなど一部の競技車に採用されていましたが、最近ではロードバイクやシティスポーツ、ミニベロなどにも採用されるようになってきました。

ディスクブレーキは金属製のブレーキワイヤーを用いる「メカディスク」とオイルを使用する「油圧式ディスク」の2種類あります。
数年前まで、油圧式は10万円を超える高級バイクにのみ搭載されるマニア機材でしたが、シマノ「MT-200」などを採用したモデルが近ごろでは5~8万円という価格帯でも購入できるようになってきました。

最新の2021モデルでお手頃モデルを5台選んでみましたので、ご購入の参考にしてみて下さい。

 

 

 油圧ディスクブレーキ採用のマウンテンバイク 5選

 

araya mfd

【メーカー】araya
【商品名】MFD -muddy fox dirt
【本体価格】¥54,800+税
【フレーム】アルミ
【重量】13.8kg
【サイズ】S,L
【カラー】マットサテン
【変速】24(3×8)速
【タイヤ】27.5×1.95[仏式バルブ]
【ディスクブレーキ】TEKTRO HD-M285
【ディスクローター】160mm
発売中

 

 

gios delta
【メーカー】gios
【商品名】DELTA
【本体価格】¥59,000+税
【フレーム】アルミ
【重量】13.5kg
【サイズ】S,M,L
【カラー】シルバー,イエロー
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】27.5×2.2[仏式バルブ]
【ディスクブレーキ】SHIMANO MT-200
【ディスクローター】160mm
2021年3月発売予定

 

 

giant talon2
【メーカー】giant
【商品名】talon 2
【本体価格】¥60,000+税
【フレーム】アルミ
【重量】13.7kg
【サイズ】XS,S,M
【カラー】レッドクレイ,コンクリート
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】27.5×2.25[仏式バルブ]
【ディスクブレーキ】TEKTRO TKD143
【ディスクローター】F:180mm  /  R:160mm
2021年春頃発売予定

 

 

gt aggressor_expert
【メーカー】gt
【商品名】aggressor expert
【本体価格】¥60,800+税
【フレーム】アルミ
【重量】14.4kg
【サイズ】M,L
【カラー】シルバー
【変速】16(2×8)速
【タイヤ】27.5×2.25[米式バルブ]
【ディスクブレーキ】TEKTRO HD-M275
【ディスクローター】160mm
2021年2月発売予定

 

 

 

lousgarneu grind9
【メーカー】louis garneau
【商品名】glide 9.0
【本体価格】¥62,000+税
【フレーム】アルミ
【重量】14.5kg
【サイズ】XS,S,M,L
【カラー】ブラック、ホワイト、グリーン
【変速】24(3×8)速
【タイヤ】27.5×1.95
【ディスクブレーキ】SHIMANO MT-200
【ディスクローター】160mm
発売中

 

 

 


 

1996年からマウンテンバイクは正式に五輪種目になり、かつてはスポーツサイクルの主流で、日本でも類型車が人気した。ところが、08年にビアンキ製クロスバイクの欠陥が発生、走行中に「RST」社製フロントサスペンションが折れ使用者の男性が転倒しが半身不随になる事故が起きてしまいます。

この事故が10年にTBSのニュース番組「ブロードキャスター」にて大きく取り上げられると社会問題化、事故は裁判へと発展し、13年には輸入元の瑕疵を認め1億8900万円の支払いを命じる判決がだされました。

巨額な損害賠償金にしり込みした多くの自転車輸入元は、RSTのサスペンションが使用されている自転車の輸入を取りやめ、スポーツサイクルの国内トレンドはサスペンションのないクロスバイクやロードバイクへと主役交代となり今に至っています。

しかしながら海外に目を移すといまだにマウンテンバイクが主流の国もあり、前述の通り五輪種目にも採用されていることから、少ないながらも毎年一定数が輸入・販売され、自転車自体も進化を続けています。

 

今回紹介の5車種はいずれも

① アルミ製フレーム
② フロント サスペンション付属
③ リア8変速
④ 27.5インチタイヤ
⑤ 160mm径のローター使用の油圧ディスクブレーキ採用

という共通のスペックとなっています。
これは各メーカーの油圧ディスクブレーキ採用の最安値のマウンテンバイクということになります。

最近ではロードバイクでも油圧ディスクブレーキを採用しているモデルが各メーカーからラインナップされ、約1割の選手が実戦で採用する(※1)など目にする機会も増えています。

 


 

■ あわせて買いたい

FINISHLINEから新しくディスクブレーキのローターやパッドの汚れ、油分を取り除くクリーナー「ディスクブレーキクリーナー」が発売されました。

finishline discbrakecleane

スプレー式でローターやパッドを洗浄し、制動力を向上・回復させます。容量は215gで本体価格は¥1300(+税)です。

 


※1 サイクルショップ203調べ

 

 

CATEGORY

「京橋サイクルショップ」レジェンド 延片敏則氏訪問

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大阪の京橋駅の近くに「京橋サイクルショップ」という自転車店があります。
1980年に開業、今年でオープンから40年の老舗店に勉強させてもらいに行ってきました。

nobukata

オーナーの延片敏則さんは1941年生まれの79歳、自転車技士歴はなんと63年間というキャリアをもつとんでもないレジェンドです。

nobukata toshinori

京橋から徒歩数分、タワーマンションの北側に黄色い庇が目立つ自転車店「京橋サイクルショップ」があります。店に入ると普通の自転車だけでなく、電動自転車やスポーツ車がところ狭しと並んでいます。

 

kyoubashi cycle

「最近はパソコンがないと仕事にならん」

店にはスクーターの修理もできる若いスタッフもいますが、延方さんは修理だけでなくパソコン仕事も楽々とこなす現役の整備士です。

「先週は、奈良の大台ケ原にいってきた」

年齢的にはおじいさんと言ってもいいのですが、若々しく軽妙な語り口でいまもなお健脚、定休日の木曜と第3水曜日には輪行サイクリングを楽しんでいるそうです。

 

延方さんは1958年に大阪・上町にあった名店「髙橋サイクル」に入店。

takahashicycle

 

「少しでもミスすると、下駄でドツかれた思い出あるわ」

当時の「髙橋サイクル」は親方の髙橋勇さん、その親族の髙橋伸造さん、そして田川今朝七郎さんとうメンバーだったようですが、田川さんが平野区流町で「スポーツ車の店 田川」を開業するため退社、入れ替わる形で、延方さんがメンバーに加わったそうです。

教育係は勇さんの実母の髙橋タキさんが担当、若い延方さんにも大変きびしかったようです。

 

 

22年間「髙橋サイクル」で勤め、1980年に独立。
当初は「自身が60歳になる20年くらい自転車店をできたらいいな」と考えていたようですが、京橋ダイエーに近かったこともあって店は昭和・平成・令和と時代を超えて、40年。

競合店も次第になくなり、ダイエーもなくなって京橋が少し寂しくなっていると感じているそうです。

 

 

軒先に富士の古いランドナーがあったので眺めていると
「あなた、興味あるなら、いいよ。もってって」と思いもよらない言葉が!

fuji feather compo

常連のお客さんが乗っていたランドナーで高齢で脚が悪くなり店に置いて行ったものなのですが、延方さんにはフレームサイズが大きくて合わないようで、置きっぱなしになっていたそうです。

思いもよらないお土産を調べてみると1976年製「FEATHER COMPO」(フェザーコンポ)でした。
サイズもピッタリ!

この自転車の詳細はまた本ブログで

CATEGORY

熊野古道サイクリング【第6王子・津守王子】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

早いもので、今年も残すところあと1ヶ月となりました。
2020年は12月28日が年内の最終営業となります。

6月から熊野古道の「九十九王子」を巡るサイクリングをしてきました。熊野街道・紀伊路はここから和歌山の熊野三社まで続いているようですが、長いので今回の六番目の王子・津守王子にていったんペダルを止めることとします。

最初は和歌山まで行こうと思っていましたが、時間がかかりどうやら途中で自転車の通行ができない区間があるようなので、予定を中断し、またの機会としたいと思います。

前回は安倍晴明ゆかりの神社までの投稿でしたが、そこから南西に進路をとり津守王子に向かいます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

第1王子  窪津王子 (坐間神社)
第2王子  坂口王子 (南大江公園)
第3王子  郡戸王子 (高津宮)
第4王子  上野王子 (大江神社)
第5王子  阿倍王子 (阿倍王子神社) 
第6王子  津守王子 (住吉大社)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

津守王子は住吉区の墨江小学校という小学校があったようですが、住吉大社に移設されているようなので、住吉大社を目的地とします。

住吉大社は大阪で最も有名な神社です。
全国にある住吉神社の総本社で、もちろん住吉区に所在します。

 

阿倍野王子 ~ 玉出 所要時間15分

たこ焼き発祥の店「会津屋本店」にて休憩。
昭和初期に同店の初代店主が、明石焼きをヒントにラヂオ焼きの生地にスジ肉の代わりにタコを入れてメニューにしたのが、たこ焼きの始祖だそうです。

takoyakui osaka

ソースや青のりなどはつけずに素焼きでいただきます。素焼きは全国的に珍しいかもしれませんが、大阪ではたまにあります。また「ラヂオ焼き」ではありません(同じ??)が「すじコン(牛筋+こんにゃく??)」を提供している昔ながらのたこ焼き店もあります。「すじコン」はトッピングではなく、生地に内包して別でこしらえないといけないので、結構めんどくさいと船場のたこ焼き屋の兄ちゃんに聞いたことがあります。いずれにしても、大阪以外では味わえないものなのかもしれません。

 

raidioyaki

たこ焼きは店内でもたべることができます。味はとびきりうまいというより、昔ながらの素朴な味です。難波や梅田にも支店があって、個人的にはタコがおいしいので同店ではラヂオ焼きよりたこ焼きを好んで食べています。

 

chinchin

阿倍野から住吉大社には「チン電」こと阪堺電車の路面電車でも行けます。私は市内に住んで20年近くになりますが「チン電」にはいまだかつて乗ったことがありません。「岡崎屋質店」などの派手なラッピングでおなじみですが、最近では近未来的な車両も導入されているようです。路面電車は環境問題解決のアイコンとして再評価されていますが、実際のところ私の周りでも阪堺電車に乗ったことがある人は意外と少ない感じがあります。

 

玉出~住吉大社 所要時間10分

路面電車の線路にそって南進すると住吉大社に到着です。広い神社なので探さなくてもすぐ到達できます。

sumiyoshi

住吉大社は遣唐使船の出航の地らしく、船の安全を願う鮮やかな朱色の社殿が祀られています。
住吉大社を知らない方も「遣唐使」は歴史の教科書ででてきますので、知らない人はいないと思います。

kenzuishi

実際に行くと参道の木製の太鼓橋の角度に驚かされます。
写真では分かりづらいですが、目の前に壁があるような感じで、頂上付近でようやく社殿が見えるようになります。

sumiyoshi cycle

 

津守王子は境内の奥の奥に他の祠と並んでたたずんでいました。

tsumori

 

第7王子の境王子は正確な位置がわからないそうですが、大和川を越えた堺市にあったようです。
今は推定地の公園内に石碑のみがあるらしいので、また機会があれば行ってみようと思います。

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月