サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

サイクルショップ203のガジェット・小ネタBLOG - サイクルショップ203のガジェット・小ネタBLOG - Page 3

鬼伝説、生駒山地 暗峠「鬼取集落」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大阪と奈良の境にある生駒山は歴史ある山で、二都を往来する山道が古くから利用されています。代表的なルートは東大阪市枚岡と額田の間あたりから生駒に抜ける国道308号線「暗峠」(くらがりとうげ)で1000年以上前からあり、最近ではヒルクライムの聖地として、全国から挑戦者を集め、ロードバイク愛好家に間ではひそかに有名スポットになりつつあります。最大斜度40%以上という日本屈指の急勾配の峠坂は、路面は一応はコンクリートやアスファルトで舗装されていますが、状態が悪く全国屈指の「酷道」と評されています。

 


ヒルクライマーの聖地「暗峠」

 

本ブログでは生駒山について何度か取り上げ、とりわけ大阪側の管理が悪く、道路の舗装状況だけでなく廃墟や立入禁止が目立ち、せっかくの歴史ある山が台無しとなってしまている現状を投稿しています。再整備して、もっと上手にPRをすれば高尾山や嵐山のように多くの観光客を呼び込むことができると思うのですが、どうにかならないものなのか、関心をもっていただくために、この山にまつわる伝承をひとつ紹介したいと思います。

 

日本に仏教が伝来してから100年ほどたった7世紀半ば、役小角は山岳信仰と仏教の融合「修験道」を大成します。円小角は円行者(えんの ぎょうじゃ)ともいわれ、箕面の滝や熊野の山に伏して、各地に伝承を残しています。小角はよく二体の鬼を従え石仏や絵巻に描かれていますが、この鬼は夫婦で「前鬼・後鬼」といい、もともとは暗峠に棲む人食い鬼でした。鬼は峠で小角を喰おうしたところ改心させられ修行に同行したそうです。

 


役行者ゆかりの教弘寺の石仏   1578(天正6)年作成とされている

 

現在も暗峠の奈良県側には「鬼取」という地名が残っていて、周辺にはゆかりの地が点在しています。生駒山の奈良県側は山腹まで人が居住していて、伝説が残っている鬼取山にも段々畑が広がり、林業や採石業が現在でも盛んです。暗峠の鬼取という字名は霊山らしくおどろおどろしい感じがしますが、実際に行くと牧歌的な集落で、一生かかっても建てれないような立派な御宅が峠道に並び、生駒の新興住宅地を見下ろしています。

 

 


▲前鬼・後鬼が棲んでいたとされる鬼取山

 

公共交通機関やコンビニはありませんが、集落には割と新しい宿泊施設やレストランがあり、都会の喧騒から放たれたゆっくりした時間が流れています。時代に取り残された過疎地の田舎暮らしではなく、最近のサイクリングやアウトドアなどの流行も取り入れ、サスティナブルで理想的な郷となっています。

 


環境に配慮された鬼取集落のレストラン

 

鬼取集落からそのまま道なりに北に行くと、宝山寺という大きな敷地の寺院があり、ケーブルカーで生駒の市街地まで降りることができます。宝山寺は水商売にご利益があるとされる山寺で、参道には精進落としの遊郭が並んでいます。さすがに令和のこの時代ですので、かなり寂れていますが、一部の料理旅館は現役で営業しているようです。観光客は数少ないながらも、廃業した料理旅館の建物の雰囲気を残し、カフェや服屋などに改装して大正~昭和頃のノスタルジックな街並みをなんとか維持しています。

 


ノスタルジックな宝山寺の参道   写真を撮っても怖い人がでてこない(?)唯一の遊郭

 

生駒ケーブルは大正時代にできた日本で最初のケーブルカーで子供や鉄オタにも人気です。実は私はこのケーブカーが好きで生駒市から取材を受け、市の広報紙に掲載されたことがあります。私はそれほど鉄オタという訳ではないのですが、大阪側の旧生駒トンネルも鉄オタならずとも、観光資源として貴重な財産だと思いますが、閉鎖後は立入禁止となってしまっています。例えば、鬼・遊郭・大正時代・列車、と絡めて、人気漫画「鬼滅の刃」のオタクやコスプレイヤー向けのイベントとか開催してはどうでしょうか。

 


経産省「近代化産業遺産」に認定された旧生駒トンネル 大阪側は柵によって立入禁止となっている

 

 

役行者に同行した前鬼・後鬼は、修行により人間となり、奈良の山中に移り住み、現在でもその子孫が宿坊を営んでいるそうです。奈良県吉野郡下北山村「前鬼集落」は、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に認定、大峰山の麓で伝説を語り継いでいるようです。

CATEGORY

1万人収容アリーナは、なぜ京都市ではなく人口6万人の向日市なのか

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大阪にはシマノ・ブリヂストンサイクル・ジャイアント・あさひといったいわゆる自転車業界とは別に、もうひとつ裏の自転車業界が存在します。それは怪盗団「アパッチ族」といった鉄くず収集業を源流とした北鮮系在日コリアン経営の中古自転車チェーンで、追随する新華僑によるチャイナシンジケート系中古自転車店と地下で激しい中古自転車の争奪戦が繰り広げられ、互いに大きな勢力になりつつあり、最大のチェーン店では34店舗を展開しています。

 

【参考】大阪市、撤去自転車売却「6万台」の闇 (2022年1月18日投稿)

 

これら中古自転車の主な供給元は、各自治体が撤去した引き取り手のない放置自転車で、本ブログではこれまでこの循環について、批判的な立場で実態の調査・考察してきました。物価上昇や貧困化で高まる中古自転車需要に応えるため、業者は大阪のみならず遠方にまで入札に向かい、集められた自転車を「山」という単位で取引しています。業者の有力な遠征先は、大学生が多く4年程度使用された良質な中古自転車が多い京都です。関係者に話を聞くと、大阪の山は「中古の中古」で、割に合わないといいます。全国で唯一中心部に国立大・総合大学が一校もない大阪と、大学進学率1位の京都はあらゆる面で相互依存関係にあるといえます。

 


北朝鮮に輸出される中古自転車 [京都・舞鶴港] 読売新聞 2003年6月14日

 

大阪市民としては学びの機会が多い京都は恵まれた環境のように思えますが、それはそれで大変なようで少子化などの影響で、京都市は年間で1万人以上の人口が減少し2年連続全国ワースト1位となり、財政状況が夕張市に次ぐ悪さで予算不足となり破綻の危機が迫っていると報道されています。

京都府は京都市内の振興策として左京区「北山エリア」の再整備を立案、老朽化した植物園や府立大学を建て替え、文化・学術・芸術・スポーツに触れられる空間の創出と地域の活性化を目指し、大型屋内施設の建設を計画しました。計画では耐震基準を満たさない学生数2000人の府立大の体育館を建替え、府民も一般利用できる1万人収容の大型スポーツアリーナを建設、文化イベントや学生スポーツの拠点として新たな交流エリア実現を目指すといったプランでした。国際的なイベントやコンベンションを実施するにあたり、スポーツ庁は全国に大型アリーナを20ヶ所ほど新設する計画で、大型施設のない京都府は候補地となり市内の活性化として一体となった構想計画です。

 

 


▲建替え検討されている築54年「京都府立大体育館」

 

 

ところがこの計画に対して、日本共産党京都府会議員団など5つの団体が署名活動など反対運動を展開、住民説明会では、レストランや売店の設置や敷地内の木を伐採を巡り議論は紛糾、オンライン書名サイト「change.org」では、「京都府立植物園が危ない!生きた植物の博物館の存続にあなたのお力をお貸しください!」と反対署名6.5万以上集めています。

 

 

 

一方で、京都府バレーボール協会など府内の6つのスポーツ団体は、京都市内ではなく京都府南部の人口6万人の向日市の向日町競輪場の敷地内にアリーナを建設するよう府知事に要望書を提出、「周辺環境との調和やアクセス面で、より望ましい」と説明しています。屋内競技団体の請願に対して、西脇隆俊知事は猛烈な反対が展開されている北山エリアに比べ向日市は周辺住民も整備のメリットを感じているとして「スピード感をもって検討を進める」と応じました。

 

 

京都には現存の府営の向日町競輪場とは別に、北山エリアの北東側の宝ヶ池公園内に市営の「宝ヶ池競輪場」があり、市の財政に寄与してきました。しかしながら、同エリアは歴史的に日本共産党の影響力が強く、同党が支援する高山義三市長(当時)が廃止を決定、市の財政状況のみるみる赤貧化し、現在にいたっています。

向日町競輪場も廃止こそ免れているものの全国でも最も悲惨な管理状況にあり、存廃を含めた議論が行われていました。アリーナ建設は抜本的な改革が必要な同施設にとって渡りに船の妙案で、誘致によりこれまで全く見向きもされなかった老朽施設の改善計画が急進する可能性が期待できます。

 

【参考】「京都向日町競輪」の存廃問題  (2023年4月13日投稿)

 

向日町競輪場は2025年に開催される「第24回全国障害者スポーツ大会」の委託会場になっています。この大会は持ち回り制でお隣の滋賀県の主催ですが、同県は2011年に競輪場を廃止し全国で唯一競輪場を保有していない都道府県で、滋賀のパラアスリートにとっては複雑な心境なのではないでしょうか。(個人的にはあまりパラスポーツは興味ありまませんが)いずれにしても、エレベーターや洋式トイレなど大規模な改修が必須といえます。

 


老朽化による廃止が検討されている「向日町競輪場」

 

門川大作市長の退任により、京都では現在、次の市長に向けた各党の候補者選びが本格化しています。先月の奈良県の投稿でも述べましたが、老朽施設を生かすも殺すも行政次第で、京都市民はこれまでのやり方が限界であり、市営競輪復活による財政健全化を最優先すべきではないでしょうか。

CATEGORY

自転車パーツ店舗売上ベスト10【2023年】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2023年のパーツの売り上げ点数ランキングトップ10です。

 

 

第1位
abus 5805combo
【メーカー】ABUS
【商品名】5805C
【税込価格】5940円
【特徴】ドイツブランドABUSの4桁のチェーン錠。長さ110cmで、ダイヤルは好みの番号に設定することができる。

 

 

第2位
abus 5805
【メーカー】ABUS
【商品名】5805K
【税込価格】5940円
【特徴】第1位の「5805C」のキータイプ。スペアキー付きで、盗難見舞金対象モデル(要登録)

 

 

 

第3位

【メーカー】MAXXIS
【商品名】PURSUER
【税込価格】4400円
【特徴】MAXXISのロードバイクのトレーニングタイヤ。比較的お求めやすい価格が人気。

 

 

第4位

【メーカー】Panaracer
【商品名】GRAVELKING
【税込価格】6050円
【特徴】国産のグラベルタイヤ。耐パンク性が高くクロスバイクの補修に人気。

 

 

第5位
maxxis refuse
【メーカー】MAXXIS
【商品名】re-fuse
【税込価格】6600円
【特徴】耐パンク性の高いブレーカー入りのタイヤ。

 

 

 

第6位
abus 1500
【メーカー】ABUS
【商品名】1500
【税込価格】2992円
【特徴】ABUSの110cmのチェーン錠で最もリーズナブルなタイプ。

 

 

第7位
finishline dry
【メーカー】FINISH LINE
【商品名】DRY (120ml)
【税込価格】1870円
【特徴】定番中の定番のチェーンオイル。

 

 

 

第8位
knog frog
【メーカー】knog
【商品名】frog V3
【税込価格】3960円
【特徴】knogのシリコンボディのUSB充電式ライト

 

 

 

第9位
maxxis detonator
【メーカー】MAXXIS
【商品名】Detonator
【税込価格】5280円
【特徴】GIANTのクロスバイク「ESCAPE」等に採用されていたタイヤ

 

 

第10位
knog 2021
【メーカー】knog
【商品名】Oi
【税込価格】2970円
【特徴】クラウドファウンディングKICKSTARTERで資金を調達し開発された、革新的な自転車用ベル。

 

 

※キックスタンド,チューブ,シマノのブレーキシュー・ワイヤー・チェーンを除いたランキングとなっています。


 

自転車パーツが高い!在庫過多で四苦八苦の自転車業界

特にヒット商品もなく、補修パーツやロングセラーが上位の今年のランキングです。商品値上げや供給が安定せず品不足となった一昨年と状況が変わり、在庫過多となり、通販サイト大手がサービス停止を発表するなど自転車パーツが売上不振が顕著となりました。また円安により、一物一価のインターナショナルブランドの製品に割高感があり、新商品がほとんど見向きもされない寂しい一年でした。

コロナで止まった時計が再び動き出すにはまだ少し時間がかかるように思います。

CATEGORY

文明開化、大阪自転車はじめ「川口居留地」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

日本に初めて自転車が上陸したのは幕末とされています。文献によると1862年に福井藩の藩主 松平春嶽(まつだいら しゅんがく)が「ビラスビイデ独行車」に乗ったとあることから、これが自転車(velocipede)のことではないかとされています。1858年の日米修好通商条約により神戸・長崎・横浜・新潟・箱館が開港、条約により大阪は外国人居留地となり、大阪湾に面する現在の西区川口にが外国人宣教師や商人が居留するようになりました。

 


大阪開港の地 西区「川口」

 

川口居留地は中之島のある大川河口にあり、現在は倉庫街となっています。神戸や長崎などは旧居留地を観光資源として景観を保護して、まちおこしをしていますが、川口居留地には当時の建物は一切なく、観光客の姿も全く見当たりません。しかし、この居留地は現在の大阪の近代化や文明開化に大きな役割を果たしており、調べていくと大阪における自転車を始め様々なルーツがそこにあり、空襲により戦後は急速に輝きを失い、現在に至っていることが分かりました。現在、川口居留地はどうなっているのか、クリスマス直前の晴れた日にポタリングしてきました。

 


▲川口の倉庫街  物流拠点として大型車両の激しい往来がある

 

川口はサイクルショップ203と同じ大阪市西区ですが、203がほぼ南端で川口は北西の先端となり、自転車では20分ほどとなります。大川の川尻で舟運が盛んだったころから物流の拠点で「大阪開港の地」の石標があり、現在でも住友倉庫やヤマト運輸などの流通業者の事務所が多く所在しています。対岸には中央卸売市場があり、軽バンや大型トラックの往来が多く、その関係から電撃的な交渉で知られる労働組合組織「全日本建設運輸連帯労働組合関西支部」(関西生コン)の活動拠点となっていて、堀江とは全く違った雰囲気となっています。

 


川口居留地跡 当時の建物はないが1868-99年までは外国人居留地となっていた

 

居留地時代の建物は全くありませんが、一部では雰囲気を残す洋風建築があり赤レンガの川口基督教会の大聖堂はシンボルとして登録有形文化財となっています。開港当時は多くの宣教師が来日、ミッションスクールにて英語教育の始め、大阪信愛学院・桃山学院・大阪女学院・立教学院(東京都)・梅花学園・平安女学院(京都府)・プール学院などの創設地となっています。しかしながら、多くあったミッション校も現在ではすべて移転し、キャンパスはひとつも残っていません。

英語教育以外にも宣教師が大阪にもたらしたものは多く、パン・バター・精肉・ホテル・クリーニング・オルガン・時計、そして自転車の発祥地とされています。

 


宣教師が西洋から大阪に伝えた自転車 大阪くらしの今昔館展示より

 

川口で宣教師が自転車の販売を始めたのは1894(明治27)年頃とされ、2,3軒の販売店があったそうですが、1899年には外国人居留地制度が廃止となりました。現在、大阪は自転車のまちとして知られていますが、明治期には条例で「遊戯のために自転車に乗ること」を禁止していて、やや普及が遅れていました。先行する東京を見習って、堺で自転車の部品製造を始めたもこの頃となります。

 

都道府県別自転車保有台数 1913(大正2)年
東京都  4.1万台

愛知県    4.1万
兵庫県    3.1万
岡山県    2.6万
大阪府    2.3万

 

 


▲1920年竣工の壮大な川口基督教会

 

居留地が廃止後もしばらく洋館が立ち並び、付近の江之子島に大阪府庁や市庁舎ができたことから、大阪の文明開化の象徴となり、市内における自転車の売買の拠点となりました。私が数年前に発掘した1932~42年(昭和7~17年)の川口輪業会の「物品買譲請明細帳」には当時の売買記録が詳細に記されています。当時は自転車は高級品で主用途は運搬など業務用で売買先は米穀店や運送業、洗濯店、銀行などとなっています。日華事変(日中戦争)の影響でインフレが凄まじく、1935年1台1円程だったのが、7年後の42年には1台10円以上となっています。

 


▲川口輪業会「物品買譲請明細帳」(昭和7~17年) サイクルショップ203所蔵

 

明細帳の末尾には天満警察署から1943年2月27日より3年間保存が命じられ、そこには「髙橋タツ」のサインが記されています。髙橋タツは上町にあった有力店「髙橋サイクル」の経営者で、髙橋勇の実母となります。髙橋サイクルは大阪空襲で被災するまで中之島にあり、髙橋家はこの頃から大阪の輪業会に大きな影響を持っていたことが推測されます。この明細帳は読んでいると興味深い内容で詳細に調べてみる価値があるのかもしれません。

 


物品買譲請明細帳には川口の自転車の売買記録が記されている

 

衰退する日本経済のなかで観光はまだまだ伸びしろのある産業です。大阪にも外国人を中心に多くの観光客がおとずれますが、さらなる成長と観光公害を踏まえた分散を考慮してこの辺りも観光地化してもいいように思いますが、クリスマスを前に教会の扉は固く閉ざされていました。

CATEGORY

なぜ?! 名刹に人の姿がゼロ、東洋のミューズ「秋篠寺」

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

古都奈良は710年に遷都され、東に大仏でお馴染み「東大寺」、西に「西大寺」が建立されました。西大寺も東大寺に引けを取らないほど壮大な伽藍を誇ったそうですが、台風や火災で平安時代には衰退し、現在では西大寺といえば寺よりも近鉄の乗り換え駅「大和西大寺駅」が先に思い浮かび、「安倍晋三銃撃事件」の現場として一躍有名になりました。平城京跡西側には、西大寺だけでなく世界遺産「唐招提寺」「薬師寺」など寺社が多く所在しています。今回は名刹「秋篠寺」に行ってきました。

 

 

大和西大寺は特急停車駅で大阪から約30分、自然豊かで快適な環境のベッドタウンとして開発が進んでいます。駅前にはルイヴィトン・ユニクロ・スターバックスなどが入居する商業施設「ならファミリー」があり、休日には周辺道路が渋滞するほど混雑します。秋篠寺は駅の1km北西側にあります。駅には観光用のレンタルサイクルもありますが、徒歩なら20分くらいかかります。

 


高感度な店舗が入居する西大寺の商業施設「ならファミリー」

 

秋も深まった12月上旬、温暖化の影響もあってかパーカー1枚でも過ごせそうな行楽日和、木の葉も萌えるように色づくシーズンで、京都の東山や嵐山では観光客によるオーバーツーリズム(観光公害)が深刻化しているといいます。秋篠寺は境内の絨毯のような苔庭が有名で、あまり紅葉のイメージはありませんでしたが、差し色のようにコントラストで、詫び寂びを感じます。東洋美の到達点といった感じですが、意外なことに私以外に観光客の姿はなく、贅沢にも貸し切り状態でした。

 

 


苔庭に紅葉が映える秋篠寺

 

本堂に安置される伎芸天は「東洋のミューズ」と謳われ、本尊などを含め国の重要文化財に指定されています。ミューズとは、ミュージックとか博物館または瞑想といった言語の祖語で、音楽などを司るギリシャの芸術神に由来する言葉のようです。「アーネスト・フェノロサが薬師寺東塔を凍れる音楽と表現した」と中学2年のとき類塾で教えられた記憶があり、ずっと「音楽」ってなんやねん、と引っかかっていましたが、秋篠寺の「MUSE」→「MUSIC」→「東塔は音楽」ということで、うまく説明できませんが自分の中ではなんかスッキリしました。

 


東洋のミューズ「伎芸天」が安置される国宝の秋篠寺本堂

 

本堂内は撮影禁止で仏像の画像がなくて申し訳ありませんが、本堂内で一人、瞑想をして帰りました。秋篠寺周辺は、お屋敷が建ち並び、東側には奈良競輪場があります。

奈良競輪場は1950年開設の県営の333m走路の施設です。老朽化が激しく、ビニールシートがかけられていたり規制線が張られていて立入ができないエリアが結構あります。車いす用エレベーターや外国語案内も一切ないどころか、ほとんどの建物が耐震強度を満たしておらず閉鎖されていて、悲惨な状態であるということを2021年に本ブログにて投稿しました。

コロナ期間を経てもスタジアムの状況はあまり変わっていませんでしたが、前回に来た時よりも観客が増えていたように思います。

 


▲県内唯一の現存する公営競技場「奈良競輪場」

 

競輪場と駅の間は農地が広がりのどかな雰囲気となっていて、農作業中のシニア男性にこの辺りのお話を伺うことができました。

 

「昔はここに競馬場があって、今は秋篠川の遊水地で開発調整地域になってるんよ。競馬場は不採算でなくなったけど、子供の頃に行ったことあるよ」

 

競輪が始まると併設されていた秋篠競馬場(地方競馬)の人気が低下、1954年に廃止となりました。このような事例は珍しいことではなく、長居(大阪市)・春木(岸和田市)・鳴尾(現在の西宮)も同様に、併設された後に競馬が廃止されています。春木競馬場では周辺住民とのトラブルの影響もあったようですが、秋篠競馬はそのようなことはなく、単に不採算が原因で、跡地は一部はダム建設で廃村となった村人の移住先に活用、ほとんどは農地となり、現在に至っているようです。

 


奈良競輪場の隣にはかつて秋篠競馬場があった

 

 

「上の人らがなんにも考えとらん、奈良は悪政の縮図よ。モツ煮込み屋はあるけど、レストランをつくるとか、もっと若い女性や子供とかが、楽しめるように工夫しないとアカンよ」

 

男性は奈良競輪場や秋篠寺について、行政がしっかりとマネージメントしイメージを変えることが地域の振興につながると指摘、場内にある飲食店の改善などできることはまだまだあるのではないかと言います。一応、倒壊寸前のボロボロだったバラックの飲食店は建て替えられマシになっていましたが、新テナントは入っておらず場末感は残ったままでした。私がふと岡山県「玉野競輪場」に行ったことを思い出して、施設をリニューアルして地元野菜を使用したレストランや観光ホテルを併設して注目されていることを話すと、男性は「それはいい!それはいいわ!ああ、そりゃいい」と笑顔で繰り返されていました。

 

【参考①】玉野競輪の食堂「FORQ」
【参考②】競輪場に泊まれる玉野競輪「HOTEL10」

 


老朽化が激しい奈良競輪場内の建替前の施設 2021年3月撮影

 

競輪場はギャンブル依存症や地域の治安低下などを懸念し、迷惑施設と考える人も多いのですが、奈良競輪場を含めこれまでいくつかの公営競技場を訪れた印象では、このような歴史的遺産の生かすも殺すも行政次第のように思います。奈良は京都に負けない歴史的建造物の宝庫です。奈良県は今春に知事が変わり、のっけから自転車道路網政策の白紙撤回を表明するなど不安な一面をみせていますが、老朽化した県営施設をどのように運営していくのか手腕が問われるように思います。同じく県営(府営)の京都向日町競輪場では、なにやら新しい動きがありそうです。(つづく)

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES