サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

2021年02月の記事一覧

自転車パーツ売上ベスト10 【2020年】Amazon店

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2020年上期のパーツのAmazon通販のランキングです。
店頭売上ベスト10とは売れ筋が違いますので合わせて参考にしてみてください。

プライムでの出店なので送料もかからず、書籍や日用品類と同送できますので是非ご利用ください。

 

– –

 

 

 

第1位
topeak roady TT
【メーカー】topeak
【商品名】roadie TT mini
【本体価格】4,000円+税
【特徴】春先に発売され、すでに自転車ポンプ史上最高傑作との呼び声も高いロードバイク専用コンパクトポンプ。ツインターボ(TT)テクノロジーにより、圧縮された空気を楽々と入れることができる。

 

 

 

第2位
erogon ga3
【メーカー】Ergon
【商品名】GA3 grip
【本体価格】3,700円+税
【特徴】Ergonのマウンテンバイク用グリップ「GA3」は手のひらにフィットする特徴的な形状。豊富なカラー展開で人気が急上昇。

 

 

 

第3位
topeak roadie tt
【メーカー】topeak
【商品名】roadie TT
【本体価格】4,200円+税
【特徴】第1位のポンプのスタンダードサイズ版。

 

 

 

第4位
adept trussporterrack
【メーカー】ADEPT
【商品名】truss porter rack
【本体価格】4,700円+税
【特徴】フードデリバリーなどの自転車配達の急増でにわかに人気上昇したアルミ製の軽量フロントラック。700c車輪専用設計(20″用ステイは別売)。

 

 

第5位
maxxis Detonator
【メーカー】MAXXIS
【商品名】detonator
【本体価格】4,000円+税
【特徴】耐パンク性に優れたロングセラータイヤ

 

 

 

 

第6位
tioga fastr s
【メーカー】TIOGA
【商品名】FAST R X S-spec
【本体価格】3,600~4,200円+税
【特徴】ほぼすべてのトップBMXレーサーに使用されているタイヤブランド「TIOGA」。実は日本のメーカーです。

 

 

 

 

 

 

 

第7位
topeak roadie da
【メーカー】topeak
【商品名】roadie DA
【本体価格】2,200円+税
【特徴】押しても、引いてもエアが入るダブルアクション(DA)のロードバイク専用ポンプ。

 

 

 

 第8位
topeak toploader
【メーカー】topeak
【商品名】toploader
【本体価格】3,300円+税
【特徴】近頃、自転車バッグの主役がサドルバッグからトップチューブに取り付けるタイプになってきています。スマホ等を収納するのに向いているのかも。

 

 

 

第9位
Ergon ga2
【メーカー】Ergon
【商品名】GA2 grip
【本体価格】3,600円+税
【特徴】人間工学に基づいた形状のマウンテンバイク用グリップ。豊富なカラー展開で人気上昇。クロスバイクにもご使用いただけます。

 

 

第10位
topeak freeloader
【メーカー】topeak
【商品名】freeloader
【本体価格】3,600円+税
【特徴】ステム脇に取り付けて使用する多目的バッグ。ペットボトルやスマホ等を入れるのに便利。

 

 

 

 


 

アジアの規範「台湾製」の圧倒的支持

コロナ禍で利用者が増加している通信販売ですが、サプライチェーンが不安定になり自転車パーツの供給にも影響が出てきています。大幅な納期の遅れや生産中止が相次ぎ、各社は緊急措置として、仕様や価格の変更など異変がみられるようになってきました。

驚いたことに2020年のランキングベスト10はすべて台湾製でした。

オードリー・タンIT大臣の迅速な判断でコロナを最小限に抑えたことで注目された台湾は、世界最高水準の高品質な自転車パーツを安定して供給しています。最近では中国製の品質も向上していますが、Amzon.co.jpの中国製自転車パーツは玉石混交でレビューも信頼できないのも不人気の要因にあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ Amazon.co.jpでの自転車本体の販売はおこなっていません。販売はパーツのみとなり、店頭の自転車パーツと少しラインナップがことなります。

CATEGORY

UBER配達員におススメの三種の神器【中級者向け】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

緊急事態宣言が延長につき引き続き、感染拡大防止のため通常より営業時間を1時間縮小し、期間中、19時までの営業とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いいたします。

 

 

コロナの影響で、街中には多くのフードデリバリーの自転車を見かけるようになりました。

このまでの経緯を少し振り返ると、まず2016年UBER EATSが日本に上陸、18年4月にようやく大阪でもサービスが開始されると事業は急拡大、19年4月に店前で調査すると日曜昼には実に自転車のおよそ3%の自転車が配達鞄の通称「Uバッグ」(ウバッグ)を持っているまでになりました。

20年4月、吉村知事がコロナ対策としてフードデリバリーにポイント還元の仕組みを導入し推進すると、中国大手のDiDiが東京ではなく大阪でサービスを開始、7月にはMENU、12月にはFOOD PANDAなどが相次ぎ参入、同調査では11%まで使用率が上昇し、大阪はフードデリバリーの主戦場となります。

当初はタクシー配車事業の一事業部という見立てもありましたが、ウィズ・コロナ時代の成長産業として、また、営業自粛要請にあった飲食店の元従業員や雇止めにあったベトナム人実習生などの雇用の受け皿として注目されています。

food delivery 2021

 

独走するUBER EATS、DiDiが猛追

所属先の調査を行うと先行するUBER EATSがおよそ7割、それを猛追するDiDiという構図になっています。この調査は、一人一人に所属先を聞いた訳ではなく、稼働・非稼働を問わず所有バッグを目視でチェックしたもので、指定鞄を使用していなかったり、2社を掛け持ちしたりしているパートナーも多いので、正確な比率ではないかもしれません。

 

deliverybike2021

 

自転車に目を移すと、スポーツ自転車は全体の約半数で、そのほとんどはクロスバイクを使用しています。いわゆる「ガチ勢」とされる人は本当に一握りで、ほとんどが始めたばかりのパートナーであるという印象を受けます。経験の浅いパートナーによる配達ミスや交通違反はしばしばニュースになり、批判の種となっています。また、急増する配達員に仕事が回らず、マクドの前で仕事待ちをする「UBER地蔵」の出現など新たな課題も出てきています。

 

 

 

フードデリバリー業を加速させる厳選アイテム 3選

以前に配達にオススメのクロスバイク(フラットバーロード)を紹介しましたが、本稿ではすでに配達員を始めているパートナーの方への仕事を効率化する3アイテムを紹介したいと思います。

3アイテムは「バイク・バッグ・スマホ」の必須装備ではなく、中級者向けのアイテムとなります。情報サイトやYouTubeでも同じような企画はあるみたいですが、割と’’スマホのホルダー’’といったアバウトな内容が多かったので、具体的に商品を紹介したいと思います。

商品選定にあたっては、1日20件以上の配達をこなし本業としている「ガチ勢」の方の意見やインターネットの情報、そして2019年12月に登録し実際に配達も経験した元パートナーの私の感想を総合していますので、是非ご参考ください。

 

 

① TOPEAK スマホマウント「RIDECASE」
topeak ridecase
【メーカー】TOPEAK
【商品名】RIDECASE
【本体価格】¥6200+税
【詳細】ステムやハンドルバーに装着できる自転車用iPhoneマウント。
【推奨ポイント】乗車しながら地図やアプリを起動できるスマホマウント。低廉な製品を使用し高額なスマホを落下させて壊しては元も子ありません。いわんやポケットに入れているようでは仕事にならないため、まず初めに用意したい必須アイテムです。(iPhone12シリーズは2021年6月発売予定)

 

 

② knog 前照灯「pwr」
knog pwr
【メーカー】knog
【商品名】pwr commuter
【本体価格】¥5800+税
【詳細】USBチャージでモバイルバッテリーとしても使用できる前照灯
【推奨ポイント】夜間配達の必須アイテム前照灯。knog「pwr」はアウトドア製品として設計され450ルーメンの明るさと高い防水性を兼ね備えています。加えてモバイルバッテリーとしても使用でき、スマホマウントと合わせて使用することで、走行しながらスマホを充電することができる他に類をみない画期的なライトです。

 

 

 

③ 昭和インダストリー リアキャリア「FIX CATCH」
showa fixcatch
【メーカー】昭和インダストリー
【商品名】FIX CATCH
【本体価格】¥3000+税
【詳細】リアキャリアに取り付ける拡張荷台
【推奨ポイント】Uバッグ用に開発された訳ではなく、既製品「FIX CATCH」がたまたまバッグのサイズにピッタリだったとユーチューバーが喧伝し、一時はメーカー在庫がなくなり品薄状態になった荷台です。基本的にはママチャリ向け製品ですがクロスバイクやロードバイクにつけている配達員もいます。配達自転車の100台に3台くらい使用しています。
– –

 

 

 進化する、くいだおれの街

弊社の通販でADEPT「TRUSS PORTER RACK」が、コロナ以後、急激に売れるようになりました。この製品は大型のフロント用ラックで、スポーツサイクルをデリバリーバイクスタイルにしてくれる便利な荷台です。Uバッグが乗る大きさではありませんが、個人の飲食店などがデリバリー用に使用されているのではないかと思います。

このADEPTというメーカーは割と新しい国内のスポーツ自転車用パーツ&アクセサリーのメーカーなのですが、マーケティング調査や開発意欲が旺盛で、是非これから注目していただきたいブランドです。

 

adept trussporterrack
ADEPT「TRUSS PORTER RACK」を使用したデリバリーバイク

 

 

厳しい自然環境において、生物がほかの生物と共存し、両者が互いに影響を及ぼしながら進化していくことを生物学で「共進化」と言うようです。

このサイトのトップページにもあるようにサイクルショップ203は「ひと・都市・自転車」の共進化を標榜しています。競技レースやサイクルリングの楽しみを提案しているスポーツ自転車専門店が大勢を占める中、弊社が訴求しているのは「まちづくり」です。

コロナ禍、
ひとはライフスタイルを変え、
フードデリバリーの増加で街の景色が変化を見せています。

共進化を掲げるなら、フードデリバリーに特化したスポーツ自転車や関連アイテムを速やかに開発・提供すべきなのですが、コロナの影響は自転車のサプライチェーンまで及んでいて、新製品の開発はおろか、予定していた製品の供給もままならない状況に陥ってしまっています。この状況は少なくとも今秋くらいまでは続く見通しで、長期間に渡ってご迷惑をおかけしますが、ご理解をよろしくお願いいたします。

CATEGORY

自転車パーツ店舗売上ベスト10【2020年】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2020年のパーツの売り上げ点数ランキングトップ10です。

 

 

第1位
abus 5805combo
【メーカー】ABUS
【商品名】5805C
【本体価格】3980円+税
【特徴】ドイツブランドABUSの4桁のチェーン錠。長さ110cmで、ダイヤルは好みの番号に設定することができる。

 

 

第2位
knog blinder
【メーカー】knog
【商品名】blinder mini
【本体価格】3200円+税
【特徴】USB充電式のコンパクトなLEDライト。防水性も高く、工具なしで簡単に自転車に取り付けができる

 

 

 

第3位
abus 5805
【メーカー】ABUS
【商品名】5805K
【本体価格】3980円+税
【特徴】第1位の「5805C」のキータイプ。スペアキー付きで、盗難見舞金[2万円]対象モデル(要登録)

 

 

第4位
maxxis refuse
【メーカー】MAXXIS
【商品名】re-fuse
【本体価格】4000円+税
【特徴】耐パンク性の高いブレーカー入りのタイヤ。クロスバイクのパンク修理で来られた方に、選択肢のひとつとして提案していて、高評価をいただいております。

 

 

第5位
lezyne minidrive
【メーカー】LEZYNE
【商品名】mini drive400
【本体価格】3990円+税
【特徴】美しい仕上げのアルミボディに400ルーメンの高輝度の前照灯。ハイテクノロジーな台湾製の自転車部品を象徴する充電式ライト。

 

 

 

第6位
maxxis  detonator
【メーカー】MAXXIS
【商品名】Detonator
【本体価格】3~4000円+税
【特徴】GIANTのクロスバイク「ESCAPE」等に採用されていたオーソドックスなタイヤ。消耗で片輪のみの交換に来られた方は、前後が同じタイヤになるようにご希望される傾向が強くみられます。

 

 

第7位
lezyne classicdrive
【メーカー】LEZYNE
【商品名】classic drive 500
【本体価格】4980円+税
【特徴】円筒型のクラシックなフォルムながら500ルーメンの高輝度ハイテクノロジーな充電式の前照灯。クロモリ製自転車にも似合う雰囲気。

 

 

第8位
knog 2021
【メーカー】knog
【商品名】Oi
【本体価格】2300円+税
【特徴】クラウドファウンディングKICKSTARTERで資金を調達し開発された、革新的な自転車用ベル。

 

 

第9位
abus 1500
【メーカー】ABUS
【商品名】1500
【本体価格】2390円+税
【特徴】ABUSの110cmのチェーン錠で最もリーズナブルなタイプ。

 

 

 

第10位
abus 4804k
【メーカー】ABUS
【商品名】4804K
【本体価格】2980円+税
【特徴】第3位「5805K」より少し細い4mmのチェーン錠。510gで束ねると小さくなり使いやすい。

 

 

※キックスタンド,チューブ,シマノのブレーキシュー・ワイヤー・チェーンを除いたランキングとなっています。

 


 

 

ABUS・MAXXISのベーシックなアイテムが人気 

ABUSのカギ、MAXXISのタイヤが上位を占めています。
当店の販売自転車はほぼすべて自転車にカギが付属していないため、自転車が売れると自動的にほぼ1点カギが売れます。なかでも人気はドイツのABUSのチェーン錠です。スペアキーや盗難見舞金など国内のサポート体制も整っている信頼のブランドです。
タイヤはパンクなどの補修で使用するため、販売点数が多い商材です。耐パンク性の高い製品が選好されています。

自転車パーツの店頭販売は、画期的なアイテムや新製品より、ベーシックで高性能な商品の方が上位になる傾向があるような気がします。ベーシックなロングセラー商品の創出こそが、メーカーの信頼を高める最善の方法なのかもしれません。

 

 

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月