サイクルショップ203の
ガジェット・小ネタBLOG

サイクルショップ203のガジェット・小ネタBLOG - サイクルショップ203のガジェット・小ネタBLOG - Page 79

豪 knog社「Blinder4」の次期モデル発表「Blinder MOB」公開!

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

2010年にUSBで充電できる画期的な自転車ライトがリリースされました。knogというオーストラリアのメーカーで「Blinder 4」というライトでした。

このライトは爆発的に売れ、その後同じような商品が多くのメーカーからリリースされ、自転車ライトは数年で電池式から充電式になっていきました。

「Blinder 4」は自転車ライトのスタンダードとなり、現在でもサイクルショップ203でも非常によく売れています。

 

2015年夏、

ついに「Blinder 4」の後継モデル「Blinder MOB」が公開されました。

knog blindermob

新商品「Blinder MOB」は今まで4灯だったLEDが16灯にグレードアップ。充電が切れても安全を確保できるようにリフレクターが内蔵されています。

knog blindermob

取り付けバンドもリプレイスタイプになっていて、大径のフレームやエアロ形状のシート棒にも装着できるようになりました。

knog blindermob本体価格は4600円と従来品より安く設定されています。

CATEGORY

北欧メーカーhamax お手頃価格のリアベビーシート 新シリーズ「Zenith」発売

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

北欧ならではエレガントなデザインと安全性で日本でも選ばれている「hamax(ハマックス)」から
リアベビーシートの新シリーズ「ZENITH」の登場です。

hamax zenith hamax zenith

片手で操作できるバックルとストラップで同乗者の乗せ上げも容易にできるようになりました。
車輪への脚の巻き込みを防ぐフットガードとグリップ付のアームレストで安全を確保。
可変式の足の置きと3点式ベルトは子供の成長に合わせて調整が可能です。

子供用だからといって手を抜かないhamaxのベビーシートはノルウェーだけでなく多くの欧州で使用されています。

自転車によって取り付けの出来ない車種もありますのでまずはご相談ください。
取り付け料は1620円、販売車は無料で取り付けいたします。

2010年のブリヂストン製「ローヤルチャイルドシート」のリコール事故以来
ベビーシートはOGK社とhamaxの2強になってきました。

 

CATEGORY

全てがMade in USA、tokyobike別注のMAKRのパニアバッグ

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

tokyobikeが米国フロリダ州のブランドMAKR(メーカー)とコラボレーションした日常的に使用できそうな自転車用パニアバッグがリリースされました。

makr

パニアバックというのは自転車用サイドバックのことでキャリアに装着するバッグです。
前カゴが標準装備のママチャリが主流の日本ではツーリング車用バッグと認識されている傾向がありますが、普段使いでもバックパックの代わりになり蒸れや肩への負担軽減など快適で便利です。

ただ従来のパニアバッグはスポーツスタイルのデザインが多く、スタイルが限られていました。
トーキョーバイクが提唱したシンプルで高品質で愛着がもてるスタイルを
米国フロリダ州の帆布や革製バッグメーカーのMAKRが全てMade in USAで製品化しました。

makr

キャリアがないとつけれませんがトーキョーバイク以外の自転車にも付けれます。
キャリアは3000円くらい(別売)です。ご相談ください。

makr

肩掛け用ストラップも付属していて、13インチのノートパソコンを収納できます。
カラーはDriftwood/Midnight/Tobacco/English Tanの4色。
本体価格は25,926円。

 

CATEGORY

あなたの自転車のシートポストの直径は?

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

自転車のサドルを取り付けるサドル下の棒をシートポスト(またはシートピラー)といいいます。
円筒形のパイプの端にサドルを挟み込む「ヤグラ」と呼ばれるクランプが付属している部品ですが、パイプ径に統一規格がなく自転車によって異なるサイズのシートポストを使用します。

シートポストの外径は0.2mm単位で製造されていています。
例えば、27.0mmと27.2mmは0.2mm(1mmの5分の1!)しか違いませんが全く異なる規格になり互換性はありません。当然、目視では判断できません。

サイズはシートポストに刻印されていてすぐわかりますが
まれにポストごとサドルを盗難にあいサイズが分からなくなってしまうことがあります。
自転車のフレームの内径を測定すればサイズは分かりますが0.2mm違えば全く合わないので自転車店へ相談に行くのが懸命でしょう。

ママチャリやBMXは25.4mm、
クロスバイクは27.2mmが多い傾向がありますが、これも車種によってまちまちです。
メーカーや車輪径からシートポストを推測することもできません。

シートポストは2000円くらいからで、サイクルショップ203では数種類ストックしています。

tioga seatpost
盗難にあわないようにサドル錠をつけておくのもいいかもしれません。

saddlekeeper

——————
【参考】2015年モデルの主なクロスバイクのシートポスト

・ジャイアント ESCAPE-R3   →  27.2  シルバー
・ルイガノ LGS-CHASSE  → 27.2 ブラック
・ジオス MISTRAL → 27.2  シルバー
・フジ PALLETTE → 27.2 色はフレームカラーによる
・トーキョーバイク SPORT → 26.6 ブラック

CATEGORY

「Owleye」のUSBライトを実際に使用してみました

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

以前に紹介しました「owleye」の前照灯が入荷してきました。

参照:乾電池使用ゼロを目指すエコライトメーカー「Owleye」

owleye

プラスチック製の本体をシリコンラバーでハンドルバーに工具なしで簡単に取り付けが可能です。

owleye

実際に使用してみると日亜化学製の5灯のLEDが照射角度がせまく光線のように前方を照らします。
非常に明るく、光源は70ルーメンあります。

owleye

充電は付属のUSBケーブルで2時間、充電中は赤色のランプが光ります。

owleye

ブラケット込で42g。コンパクトで軽量です。

owleye

逆につけた方がスッキリするかも

CATEGORY

RECENT POST

CATEGORY

TAG CLOUD

ARCHIVES